こどもの日の兜!いったい誰が買うのが正しいの?

こどもの日といえば兜ですよね。

我が家でも、兜を毎年飾っています。

 

ただ、その兜っていったい誰が買うものなのでしょうか?

 

親が買うの?
母方の親?
父方の親?

 

地方や風習で違いが合って、さらにそれが元で、
両親同士の仲が悪くなったりしても困りますよね。

 

そんな事を防ぐためにも、こどもの日の兜は
誰が買うべきなのか、調べてみました。

スポンサードリンク


 

こどもの日の兜は誰が買う?

こどもの日の兜について、色々と調べてみると、一般的な考えとしては、

 

母方の実家から贈るそうです。

 

 

ただ、地方の風習によっては父方の親が買う場合や、
お互いの両親が折半して購入する場合があるなど、
色々なパターンがあるようです。

 

 

ただ、個人的に思うのは、子供の成長を願い、祝うのだから、
親が買っても、どちらの祖父母が買ってもいいですよね?

 

それでケンカするくらいなら、

こどもの成長を祝う気が無いんですか?

とも感じてしまいます。

 

 

なので、親が買ってもいいし、祖父母が買っても問題ありません。

 

 

ただ、どうしても気になるようでしたら、
それぞれの両親に聞いてみるのもいいです。

 

 

父方の両親には父親が聞いて、
母方の両親には母親が聞きます。

 

そこで、意見が合っているのなら、その意見を聞き入れるといいでしょう。

 

ただ、もし意見が違ったとしても、
嫁いだ方の意見を尊重して上げてもいいし、
いっその事、子供の親が買っても問題ありません。

 

やり方は色々あります。

 

 

ですが、両家の両親との付き合いは、今後も続いていくので、

あまり揉めるような事は、避けたほうが良さそうですね。

 

 

親に聞くときも

 

 

『こどもの日の兜って、誰がが買うと決まりみたいのあるの?』

 

 

という感じで聞いてみてください。

そのまま教えてくれるのなら、それでいいし、

 

 

『なんで?』と聞かれた場合は

『いやぁ、後々もめると困るから・・・』

 

 

なんて感じで伝えれば教えてくれるでしょう。

 

別の特に決まりがないようなら、
自分たちで購入すればいいですしね。

 

 

ただ、そうなった場合、兜を購入する上で

注意しなければならないことがあります。

 

それが、どのような兜を買うかです。

 

では次に、兜を買う時に注意すべき基準について、見て行きましょう。

 

スポンサードリンク


 

兜を買うときの3つの注意点

いざ兜を買うと言っても、今は様々な兜があります。

 

その上で注意すべきポイントは以下の3点です。
  • サイズ
  • デザイン
  • 値段
 

それぞれ見て行きましょう。

 

サイズ

まずは、家にあったサイズの兜を買うことです。

 

大きくても大丈夫なのか?
それとも、小さくないと置けないのか?

 

 

まずは、家のどこに置くのかを決め、

そして、そのとき置くスペースのサイズを

シッカリと測っておくことを、おすすめします。

 

 

というのも購入した後に、やっぱり置けなかった・・・

 

 

なんて事になっては、色々と大変ですからね。

 

まずは、置くべき場所のサイズをしっかり測り、
それに合ったサイズの兜を買うようにしてください。

 

デザイン

次に意識することは、デザインです。

 

好みのデザインや、合わないデザイン、
家の風柄と、調和がとれないデザインもあるでしょう。

 

一ヶ月程家に飾っておくものなので、ホコリも溜まっていきます。

それを防ぐ、ケース入りの兜飾りなどもあります。

 

 

ケース入りであれば、ホコリや汚れを心配する必要も無いし、
片付ける時も楽です。

 

 

そのあたりも踏まえて、自分の家には、

どのようなデザインがよいのか考えつつ、兜を選んでいってください。

 

値段

最期に気にするのは、値段です。

 

もちろん、値段は気にしない人はいないと思いますが(笑)

無理に値段の高いものを買っても、後々苦労しますからね。

 

兜は一般的な大きさで、大体4~10万円くらいします。

 

決して安い買い物ではないので、慎重に選んで購入してくださいね。

 

ちなみに楽天ショップで鎧兜の高い順に並べてみると、驚愕の結果が!!
 

いやーこんな価格の鎧兜まであるんですね!

一体誰が買うのでしょうか(笑)

 

スポンサードリンク


 

まとめ

こどもの日の鎧兜は一般的には、母方の実家が買うようです。

 

ただ、時代と共にその風習も変化していて、
今はお互いの状況、そして両親の地域によっても変わってきます。

 

 

一番いいのは、揉めずに解決すること。

せっかくのこどもの日なのに親がケンカしては、元も子もありません。

 

自分の家はどうするのが最善なのか?

 

そのあたりを考えつつ、決めて行ってくださいね。

 

最期まで読んでいただき、有難う御座いました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕は10年勤めた会社を退社しました。
副業で月50万円稼げたからです。

今でも毎月何十万円というお金がほぼ働かずとも入り続けています。

「おいおい、そんなのありえないでしょ。」

と思われるかもしれませんが、これは、嘘偽りのない事実です。

僕は生まれて33年間、自分に自信が持てず、
いつも人の顔色ばかり伺ってました。

自分には価値がない、自分は成功なんてできない。
そう思っていました。


でも、副業を始め、ビジネスをやるようになってからは、
お金は入るは、自信は出てくるは、会社は辞めれるはで
人生がガラッと変わりました。


結果、毎日家族と一緒に過ごせるので、
本当に幸せな日々を送っています。


こんな体験をして、

「どんな人でも、成功することなんてできるんだな」
というのがよくわかりました。

自分に自信がなく、他人の顔色ばかり伺う僕が
どのようにして副業で月50万円稼ぐ道を歩んだのか
そんなことを下記の記事で紹介しています。

→副業で月50万円稼いだゆーいちのプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


>>下記画像をクリックして副業月収50万物語の続きを読む<<




>>漫画の続きが気になる方はこちらをクリック<<