会社員の副業!バレないために注意すべき2つのルールとは?

今の時代、会社員の副業だけだと収入が厳しい家庭は、

かなり多いのではないでしょうか?

 

我が家も、そんな家の一つです(笑)

 

今は共働きですが、子供が増えてきたので、

そろそろ嫁が専業にならないと、家庭が辛いなぁ~っていうのもあり

僕は副業として、ネットビジネスを始めたわけです。

 

 

ただ、副業をするとどうしても気にならなければいけないのが、
会社との関係です。

 

副業禁止の会社も数多いのですが、とはいえ、
生活が苦しければ、背に腹は変えられません。

 

ではそういう場合、どのようにすれば、

会社にバレずに副業できるのでしょうか?

 

注意する点は二点です。

 

  1. 所得金額が20万円を超えた場合
  2. 会社にバレるのは住民税から
 

この2点について、それぞれ見ていきましょう。

スポンサードリンク


 

所得金額が20万を超えた場合

会社員が副業をして、まず注意すべき1つ目のポイントは

 

所得金額が20万を超えているか?

 

になります。

この所得金額とは、

 

 

【副業による収入】 - 【副業でかかった経費】 = 【20万を超えた場合】

 

 

となり、たとえば、収入が25万あったとしても、経費が10万あれば、

所得金額は15万となり、確定申告は不要なります。

 

 

この経費とは、ブログを運営しているのであれば、
  • レンタルサーバー代
  • ドメイン代
  • パソコン購入費用
  • 必要な本、教材費
 

この辺も、しっかりと経費になります。

 

その経費を差し引いて、20万を超える場合に
確定申告が必要となるのです。

 

 

また、何かあった時のために、経費にかかった領収書は
常に取っておいた方が良いでしょう。

 

 

副業用の銀行口座や、クレジットカードを持っておくのも
管理がしやすくておすすめです。

 

 

以前、万馬券を当てた人が
ハズレ馬券が必要経費かどうかでニュースになりましたね。

 

あのニュースが出てきたのには、こんな経緯があるのです。

 

 

もし、20万円を超えていない場合は、もうすることはありません。

 

 

でも20万円を超えていた場合、会社にバレないようにするには
もう一段階必要なことがあります。

 

 

それが住民税の徴収です。
次は住民税について、見ていきましょう。

 

スポンサードリンク


 

会社にバレるのは住民税から

副業が会社にバレるには、住民税が絡んでいます。

 

住民税からどのように会社にバレるかについてですが、

副業による所得金額が20万円を超えると、確定申告をしましたね。

 

 

その確定申告をした後、
会社による収入と、副業による所得金額を元に、
翌年度の住民税の計算がされます。

 

 

そして、その合算された金額から算出された住民税が
本業の会社に通知され、その結果、

住民税が会社の収入で収める金額より多くなってしまうことで、

会社にバレてしまうのです。

 

 

では、どのようにすれば会社にバレないようにできるのか?

 

それについては、副業分の住民税を個別で払うようにすればよいのです。

 

 

住民税の支払い方法には
  • 特別徴収
  • 普通徴収
 

の二つの支払い方法があります。

 

会社が住民税を払うのは、特別徴収にあたり、

本年度の6月から、翌年度の5月分までを12回分に分け、
それを給料から天引きされます。

 

一方、普通徴収は、会社の給与から天引きできない場合、
市役所や、金融機関で個別に支払うことです。

 

 

それで、副業による住民税が、会社にバレないようにするには
普通徴収で払えばよいのです。

 

 

では、どのようにすれば、普通徴収で払えるかと言うと、

所得税の確定申告を行った際の第二表、住民税に関する事項に

 
  • 給与から天引き
  • 自分で納付
 

という欄があります。

 

この【自分で納付】にチェックを入れて、確定申告をすればよいのです。

確定申告

 

そうすると、市町村から6月に税額通知書が送付されてきます。
この納付書から、市町村や金融機関で住民税を収めればよいのです。

 

 

こうすれば、会社による収入と、副業による収入の
住民税を分けることができ、会社にバレないで副業ができるのです。

 

スポンサードリンク


 

まとめ

会社員副業バレない

会社員が副業でバレないようにするには、2つの点に注意してください。

 

まずは、所得金額が20万円を超えているかどうか?

超えていなければ、問題ないです。

 

 

もし、超えているならば、確定申告をする必要があるのですが、
確定申告をする際に、住民税を普通徴収にすること。

 

こうすれば、会社にバレることはありません。

 

 

特に副業禁止の会社の場合には

よーく注意して、副業をするようにしてくださいね。

 

最後まで読んでいただき、有難うございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕は10年勤めた会社を退社しました。
副業で月50万円稼げたからです。

今でも毎月何十万円というお金がほぼ働かずとも入り続けています。

「おいおい、そんなのありえないでしょ。」

と思われるかもしれませんが、これは、嘘偽りのない事実です。

僕は生まれて33年間、自分に自信が持てず、
いつも人の顔色ばかり伺ってました。

自分には価値がない、自分は成功なんてできない。
そう思っていました。


でも、副業を始め、ビジネスをやるようになってからは、
お金は入るは、自信は出てくるは、会社は辞めれるはで
人生がガラッと変わりました。


結果、毎日家族と一緒に過ごせるので、
本当に幸せな日々を送っています。


こんな体験をして、

「どんな人でも、成功することなんてできるんだな」
というのがよくわかりました。

自分に自信がなく、他人の顔色ばかり伺う僕が
どのようにして副業で月50万円稼ぐ道を歩んだのか
そんなことを下記の記事で紹介しています。

→副業で月50万円稼いだゆーいちのプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー