子供に勉強のやる気を出させる!たった1つの言葉とは!?

この記事は3分で読めます

子供が大きくなると、自分の進路を考えなくては行けません。
学校に行くのか、就職するのか?
それとも何もしないのか?

 

人生の選択は様々です。

 

 

親としては、勉強していい大学入っていい職場について、

安心して人生を送ってもらいたい、と思うでしょう。

 

ただ、そんな親の思いに反し、子供は全く勉強なんてしない
そんなこともありますよね。

 

そこで、勉強のやる気がでない子供がやる気を出すために、

親が伝えるべき言葉について、お伝えしていきます。

スポンサードリンク

親が子供にすべきこと

勉強やる気出させる

そもそも、子供自身が

なぜ勉強をしなければいけないか

について、理解していますか?

 

親としては、いい大学に入って欲しかったり
いい会社に入社して欲しかったりもするでしょう。

 

でも、子供が何になりたいのかもわからないのに

そんな事を伝えても、現実味はありません。

 

 

仕事をする、なんてのもわからないし、
将来どうするかなんて、わからないのです。

 

たいてい、仕事をするようになってから
(あぁ、もっと勉強しとけばよかったなぁ)

とは思うんですがね(笑)

 

 

ただ、それを伝えても、子供には理解できないのです。

 

 

あなた自身、将来親に介護が必要だから
介護の勉強をしとけ!

 

と言われても、現実味がありますか?

 

 

まぁ勉強しとけばいいだろうけど、
今じゃなくても・・・

 

そんな風に思いませんか?

 

 

それと同じで、将来の現実味がないから
勉強する必要性を感じないのです。

 

だから、子供が勉強へのやる気を出すには、
勉強の意味を持たせなければいけないのです。

 

スポンサードリンク

勉強する意味を持たせるには

勉強意味

 

では、勉強する意味は、どのように持たせればいいのでしょう。

 

その方法はたった1つで言葉で十分です。

 

ただ、この言葉は、
あなたの言葉に置き換えて、
伝えるようにしてください。

 

伝えるべき言葉については、以下に書いておきます。

 

======ここから=====================

大人になり、仕事をするようになると、学校で勉強をするより、

もっともっと、たくさんの勉強をしなければいけません。

 

成績が上がらないからやらない、
覚えないから、勉強はしない。

 

子供は、そんな風に思っているかもしれません。

 

 

でも、勉強ができるできないなんかは、関係ありません。

勉強すること自体が大事なのです。

 

 

どんな大学に行こうと、人生が決まるわけではない。
どんな会社に勤めようと、一生同じ会社で働くわけではない。

 

そうではなく、勉強すべき時に勉強ができるかどうか?
やるべき時に、やるべきことが出来るかどうか?

 

そんな時に、

嫌いな勉強にどう向き合うか?

どう乗り越えていくべきか?

 

これからの人生で、それが大事となり、

だから勉強そする必要があるのです。

 

 

スポーツでもそうです。

勝つには練習しなければいけません。

練習しなければならないのです。

 

練習はつまらなかったり、大変だったりもします。

でも、練習するからこそ、勝てるようになるのです。

 

 

もし、大事なことから逃げていたら、

今後、ずっと逃げるようになるかもしれません。

 

 

でも嫌いな勉強に立ち向かえるようになれば、
今後の人生で、どんなに辛いことが起こっても、
立ち向かえるようになるのです。

 

 

勉強で学ぶのは勉強ではありません。
人生の生き方を学ぶのです。
※勉強も大事ですが、勉強よりも大事なことです。

 

だから勉強する必要があるのです。

 

======ここまで==============================

 

 

これを、あなたの言葉で伝えてください。

ただ、これを伝える上で注意すべき点があります。

 

それは、勉強することを期待してはいけないということです。

 

 

これを聞いて、勉強するかしないかは本人次第。
期待して、強要させては、余計嫌いになるだけです。

 

 

そうではなく、本人の意思で始められるように伝えること。

これが大事なのです。

 

 

と、僕があなたに伝えることも、強要することではありません。

この話を聞いて、あなたがどう思うかも、あなた次第です。

 

でも、僕は今できる事を精一杯します。
あなたの子供が勉強できるよう、精一杯、伝えています。

 

結果、あなたの子供が勉強にするようになることを、祈っています。

何事も、決めるのは本人ですからね。

 

スポンサードリンク

まとめ

子供が勉強をし始めたときは、一緒にやるようにしてください。

 

嫌なこと、大変なことだからこそ、
親は言葉だけではなく、行動で子供に生き方を伝えるべきです。

 

勉強は人を成長させる方法の1つです。

 

ぜひ、あなたの子供が勉強し、そこで学んだことを、

世の中のために使ってくれますように・・・。

 

最期まで読んでいただき、有難うございました。

家族とともに  
お名前(ニックネーム可)
メールアドレス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 就労証明

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 11月24日

ブログ理念とダンディーのプロフィール

はじめましてダンディーです。

自分に自信を感じなかった僕が
如何にして充実した生活を手に入れたのか?

そして今後はどのような活動をしていくのか?

簡単にまとめましたのでこちらをお読み下さい

→ダンディーのプロフィール
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

僕の地域の方々はこんな人達