子供に勉強のやる気を出してもらう!たった1つの言葉とは!?

「ねぇ、パパ?
なんで勉強ってしないといけないの?」

 

僕が息子から言われた言葉です。
うちの息子は勉強が嫌いでした。

つまらないし、
大変だし、
わからないことだらけ

以前は勉強嫌いでそんな状態でした。

スポンサードリンク


ただ、僕がある言葉をかけると、
前よりやる気を出してくれたし、
勉強やるのは嫌だ!

なんてことは、ほとんど言わなくなりました。

 

そうなると、勉強して頭もよくなるし、
頭よくなると頭の回転も速くなる。

頭の回転が速くなると、
勉強だけじゃなくて、
普段の生活からも色々なことを
考えていくようになります。

しかもそうなると、自分で物事を考えて
自分の中で問題を解決できるようになるので
自立した人間になれますから。

 

それだけでも人の見る目が変わるし
なにより、今後の人生がすごくよくなります。

親としては、子供がそうなってくれると
非常にうれしいです。

やっぱり、子供には楽しい人生を
歩んでもらいたいですからね。

 

そこで今回は、勉強のやる気がでない子供が
やる気を出すために、僕が何を伝えていったのか
そういったことを話していきます。

スポンサードリンク

親が子供にすべきこと

勉強やる気出させる

これは、僕が土曜日にセミナーに行くことを
子供に伝えたと時の話です。

子供と、こんな会話をしました。

―――ここから――――――

「明日(土曜日)パパ仕事行ってくるね」

息子
「えーなんで、嫌だー。」


「パパはお金を稼ぐために勉強しにいくんだ。
勉強して、お金を稼いで、
また勉強して、もっとお金稼ぐんだ。

こうやっていくから、今生活できているんだよ。」

息子
「そっかーわかった。
仕事は嫌だけど、お金稼ぐんだったら、仕方ないか。

じゃあ、いっぱい稼いでね!約束だよ。」


「うん、約束するよ。
あと、パパが勉強してるのはお金のただけじゃないんだ。

いま、◯◯(息子の名前)は、
小学校でわからないこと沢山勉強してるでしょ?

パパもそれに負けないように、沢山勉強してるんだよ。」

息子
「へへー(ニヤッとして)俺もパパには負けないよ!」
―――ここまで――――――

こんな会話をしたんですね。

この時、僕は子供の発言に驚きました。

「ふーん、パパも勉強しているんだね」
くらいで終わると思ってましたら、子供の方から

「俺も負けないよ」

って言ってきたんです。

もちろん、この会話をしたからって
この先、ずっと勉強のやる気が出てるわけでもないです。

 

でも、子供からしてみれば、この時、
大人も勉強をしなきゃいけない。
お金を稼ぐためにも勉強は必要
パパも頑張ってるから自分も頑張る。

ていうことを、ほんの少しでも
わかってもらえたかと思うんです。

 

これを伝えておくだけでも
子供の勉強をすることの意味が
生まれますから全然違ってきます。

スポンサードリンク


で、思い返してみると
僕が子供の頃、親とこういった会話って
全然していなかったなーって思いました。

 

親は、勉強してる素振りは全然見せなかった。

というか、会社で働いて、お金を稼いでいるだけでも
十分勉強をしていると思うんです。

勉強って言うと、本を読んだりとか
参考書読んだり、資格を取ったりとか
そういったことを想像しがちですが、
会社で働いているだけでも十分勉強です。

 

なので、

「親の自分がやってるんだよ!
頑張っているんだよ!」

って事を、背中で見せるだけでも
子供にとっては全然違うと息子に気づかされました。

 

というか、親がなんもせずに、
子供にだけ勉強やれって言ったところで、
やる気になんてなりゃしないよね。

と今では思います(笑)

 

親として背中を見れるのマジ大事。

そう思います。

勉強が大事なら、親から姿勢を見せるべき
そう学ぶことができたので、
僕はこれからも、どんどん勉強している姿を
子供に見せていきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕は10年勤めた会社を退社しました。
副業で月50万円稼げたからです。

今でも毎月何十万円というお金がほぼ働かずとも入り続けています。

「おいおい、そんなのありえないでしょ。」

と思われるかもしれませんが、これは、嘘偽りのない事実です。

僕は生まれて33年間、自分に自信が持てず、
いつも人の顔色ばかり伺ってました。

自分には価値がない、自分は成功なんてできない。
そう思っていました。


でも、副業を始め、ビジネスをやるようになってからは、
お金は入るは、自信は出てくるは、会社は辞めれるはで
人生がガラッと変わりました。


結果、毎日家族と一緒に過ごせるので、
本当に幸せな日々を送っています。


こんな体験をして、

「どんな人でも、成功することなんてできるんだな」
というのがよくわかりました。

自分に自信がなく、他人の顔色ばかり伺う僕が
どのようにして副業で月50万円稼ぐ道を歩んだのか
そんなことを下記の記事で紹介しています。

→副業で月50万円稼いだゆーいちのプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


>>下記画像をクリックして副業月収50万物語の続きを読む<<




>>漫画の続きが気になる方はこちらをクリック<<