就活に失敗した時の進路は?成功に逆転させるたった1つの思考法

就活に失敗した時の進路は・・・

 

大学に残るのか?

フリーターで過ごすのか?

それとも、ニートになるのか?

 

そん思いがよぎりますよね。

 

でも就職に失敗したからと言って、

そんなに悲観する必要はないのです。

 

それはなぜか?

 

今回は、就職の失敗を逆転させる、

たった1つの思考法をお伝えします。

スポンサードリンク


 

就職に失敗する事の意味は?

就職失敗進路

就職に失敗したからと言って、悲観する必要はありません。

 

なぜなら、就職なんて、

人生のほんの一部にすぎないからです。

 

 

最初に就職した職場に、一生勤めるとも限らない。

 

思った雰囲気と違ったり、待遇も想像と違うかもしれない。

 

いい職場と言われていても、自分にあっているかなんて
入社してみないと、わかりません。

 

 

でも、世間は就職に失敗すると人生が終わる・・・
とまで考えている人もいます。

 

でも、就職の失敗なんて、人生での数ある挑戦の1つに失敗しただけで、
もっと大きな挑戦なんて、数多くあります。

 

仕事で大きな挑戦はあるし、
人間関係、結婚、子供、マイホーム
大きな挑戦はもっともっとたくさんあります。

 

 

就職できなかったからって、生きていけないわけでは無いし、
今後の人生が、終わるわけではありません。

 

だから、そんなに悲観せずに、ゆるりと進路を考えてください。

 

それに、あなたが就職に失敗したこと自体にも、

もちろん意味があるのです。

 

就職失敗したという事が、どういう意味があるのかと言うと、

自分を育てる大事なタイミングなのです。

 

 

就職できなかったのはできなかったので、仕方ないです。

 

でも、就職できなかったのなら、出来なかったで、
本来仕事で忙しくなるはずでした。

 

でも、その忙しくなるはずだった大量の時間を、
あなたは、手に入れたということなのです。

 

 

その時間を有意義に使って、シッカリと自分を育ててください。

 

 

ただ、新卒を目指すのなら、大学に残る方がいいのでは?
と思うかもしれません。

 

でも、僕はそんなことは思いません。

なぜなら、それは就職に不利になるからです。

 

なぜ就職に不利になるのか?
どうすることが、就職に有利なのか?

 

それを次にお伝えします。

 

スポンサードリンク


 

自分の未熟さを認める事の大事さ

成長

就職に失敗して大学に残るということが、

どれだけお金に負担をかけるか分かりますか?

 

 

新卒という名目のためだけに、学費をかける理由がありますか?

 

 

もちろん、新卒という響きは有利かもしれません。

でも、大学を留年するということは
それ以上に不利になると思います。

 

 

あなたが面接官だった場合、
留年した大学生のことは、どう思いますか?

 

僕が面接官の場合、
  • 大学で勉強しなかったな
  • 新卒の名目欲しさに留年したな
としか考えられません。

 

つまりマイナス要素しか思いつかないのです。

 

では、就職に有利にもっていくには、どうすればよいのでしょうか?

 

 

大事な事は、自分の未熟さを認めて、自分を育てる事です。

 

あなたが、面接官だとして、就活に失敗した人が来たとき、

『一年間何をしていたのですか?』

と聞きますよね?
その時にこう言われたら、どのように感じますか?

 

『一年前に、僕がどこにも就職できなかったのは
僕に未熟な部分があったからです。

 

だからこの一年は、その未熟な部分を育てる大事な時期だと思い
自分の成長を目指し、できることをやって来ました。

 

そして、自分自信を育て、成長したからこそ、
今回の面接を受けさせていただきました。』

 

 

こんな感じで、

以前は自分が悪かったので、その悪かった部分を改善させるために
自分自身を成長させる一年間でした。

 

 

こんな感じの人が来たらどう思いますか?

 

僕なら、
『こいつやるな!』
と思っちゃいます。

 

もちろん、これは口だけではなく、
しっかり自分自身を見つめなおし、
できることをやるようにしてください。

 

 

その上で、何が足りなかったのか?
わかるかわからないかは、別です。

 

わからないのなら、それを正直に話し

 

『正直、何が足りなかったのかは分かりません。
でも、自分を成長させその足りない部分を知るためにも、
就職することが、大事だと思ったからです。』

 

 

という感じで、あくまで成長のために就職すること。

これを伝えるようにしてください。
自分を成長させようとしている人は、大抵応援されます。

 

 

もし、こう伝えても面接で落ちるようであれば、
そういう人材は欲しく無いということ。

 

ただ単に、合わないだけなのです。
だからこれで落とされても、

『あーこの会社は合わなかったんだな。』

という感じでいれば、問題ありません。

 

 

大事なのは、一年間をどう使ったか?
これをしっかり意識する事です。

 

スポンサードリンク


 

まとめ

就職なんて、人生の数ある挑戦のたった1つに過ぎません。

失敗したからと言って、悲観する必要はないのです。

 

 

それに、就職した方が、辛いことはたくさんあります。

 

なので、せっかく手に入れた時間を有意義に使い
あなたの成長を目指して下さい。

 

もし、何に時間を使えばいいのかがわからない場合は

ネットビジネスに時間を使うのが、オススメです。

 

ビジネスを勉強でき、さらに収入を得ることもできます。

がんばれば、就職することなく、独立することも可能ですからね。

 

就職だけでなく、人生においても応援される人になれるよう、

ぜひがんばって下さい。

 

最後まで読んでいただき、有難う御座いました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕は10年勤めた会社を退社しました。
副業で月50万円稼げたからです。

今でも毎月何十万円というお金がほぼ働かずとも入り続けています。

「おいおい、そんなのありえないでしょ。」

と思われるかもしれませんが、これは、嘘偽りのない事実です。

僕は生まれて33年間、自分に自信が持てず、
いつも人の顔色ばかり伺ってました。

自分には価値がない、自分は成功なんてできない。
そう思っていました。


でも、副業を始め、ビジネスをやるようになってからは、
お金は入るは、自信は出てくるは、会社は辞めれるはで
人生がガラッと変わりました。


結果、毎日家族と一緒に過ごせるので、
本当に幸せな日々を送っています。


こんな体験をして、

「どんな人でも、成功することなんてできるんだな」
というのがよくわかりました。

自分に自信がなく、他人の顔色ばかり伺う僕が
どのようにして副業で月50万円稼ぐ道を歩んだのか
そんなことを下記の記事で紹介しています。

→副業で月50万円稼いだゆーいちのプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー