子供を叱るのはいつから?ベストなタイミングと叱り方のコツ

子供って、いつの間にか大きくなるけど、

大きくなるにつれて、いたずらも増えてきますよね。

 

でも、子供がちっちゃい場合は言葉が通じないし、
いつから叱ればいいのかわからない!

 

そんな事もありますよ。

 

今回は、子供を叱るのは、いつからすればいいのか?
について見て行きましょう。

スポンサードリンク


 

子供を叱るのは今すぐにでも

子供叱るいつから

子供を叱るのに、いつからがいい!

という目安はとくにありません。

 

 

いけないことをすれば、叱ればいいし、
危ないことをするならば、注意すればいいいのです。

 

 

ただ、生まれたばかりだと何も出来ないので、
特に注意することはありませんが(笑)

 

 

なので、実質的に考えると、動き出すようになってから

という事になりますね。

 

 

動き出すようになってから、
色々な物と触れるようになると
机をバンバンしたり、
何か物を投げたりしだします。

 

 

そんな、いけないことをした時に、叱るようにしてください。

 

 

ただし、叱ると言っても、
やたらめったら叱るのではなくて、

 

『それはいけないことだよ!』

 

という事を、しっかり伝えてあげるのです。

 

 

子供には基準というものが、なんにもありません。

 

その基準を作るという意味で、
やってはいいことと、やってはいけないことの
境目を作ってあげるのです。

 

 

そして、叱るのにも伝え方があります。

 

 

ダメだよ!

 

とタダ叱るだけでは意味がありません。

 

 

叱るだけでは、子供にはまだ基準が何もないので

なぜ叱られるのかがわからないのです。

 

 

〇〇だからいけないんだよ!

 

 

の〇〇をシッカリ伝えるようにしてください。

 

そして、この〇〇にも注意が必要です。

 

 

例えば、テレビを叩いたとして、

『テレビを叩いてはいけないよ!』

と伝えるのは、親からしてみれば当然なことです。

 

でも、子供からしてみれば

『なんでテレビが壊れてはいけないのか?』

という事自体が分からないのです。

 

 

それについては、
『あなたが怪我をしちゃうから』
『物を大事にしないといけない』
『一生懸命働いて、やっと買えたもの』

 

など、子供が分かりやすい言葉で伝えると、よりいいいでしょう。

 

 

親が理解できても、子供が理解できない事なんて
たくさんありますからね。

 

 

できるだけ、子供が分かりやすいように
工夫をしてあげることが大事です。

 

 

ただし、言葉がわからない子供に
こんな事を言って意味あるのか?

という思われるかもしれませんね。

 

 

いえいえ、そんな事ないですよ。

 

子供を叱るのには、言葉だけじゃないんです。

 

次は言葉だけじゃない子供の叱り方について、見て行きましょう。

 

スポンサードリンク


 

子供を叱るのは言葉だけじゃない

伝える

あなたは、言葉がというものが何か
考えたことはありますか?

 

 

言葉は言葉だよ・・・

 

 

そう言われては身も蓋もないのですが(笑)

 

 

僕の考える言葉というのは

自分の思考と、相手の思考を繋げる方法の1つ

 

だと思っています。

 

 

自分が何を考えるのかを相手に伝えるために
出来る行動の1つなのです。

 

 

例えば、何かをとってほしいときや

何かをして欲しいときに、言葉で伝えますよね。

 

 

でも、言葉ってコミュニケーション方法の1つでしかないのです。

 

 

では他には、どんな方法があるのか?
例えば
  • 怒った顔をしたり、
  • バンバンする相手の手を止めたり、
  • 真面目な顔をして話したり
 

 

全体の雰囲気を通して、子供は理解をするのです。

俗にいう、肌で感じるということですね。

 

 

言葉だけではなく、体全部を使って叱ること
そうすれば、たとえ言葉が理解できなくとも、
子供はちゃんとわかります。

 

 

何かした時に親の顔を見て

 

 

(やべ!ママに怒られる・・・)

 

と思い、誤魔化しながら父親のところにいく
なんてこともよくあります(笑)

 

もちろんこれは、言葉が通じる時も必要なことです。

 

言葉だけでなく、体全体を使って叱ること。
これを心がけるといいですよ。

 

スポンサードリンク


 

まとめ

さて、今回は子供を叱るということについてお伝えしました。

 

 

ただ、子供を叱るときは、感情的にならないよう
そして、子供の存在自体を否定するような叱り方は
絶対にしないようにしてください。

 

 

子供の人格自体を否定すると、
子供は塞ぎこんでしまいます。

 

 

子供と言えど、一人の人間です。

 

あなたとは別の一人の人間なのです。

 

 

なので、人格ではなく、
これはやってはいけないことだよ!

と、行動を注意するようにしてください。

 

 

子育ては大変です。
僕も毎日苦労してます(笑)

 

お互い大変ですが、子供のためにも頑張りましょう!

最後まで読んでいただき、有難う御座いました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕は10年勤めた会社を退社しました。
副業で月50万円稼げたからです。

今でも毎月何十万円というお金がほぼ働かずとも入り続けています。

「おいおい、そんなのありえないでしょ。」

と思われるかもしれませんが、これは、嘘偽りのない事実です。

僕は生まれて33年間、自分に自信が持てず、
いつも人の顔色ばかり伺ってました。

自分には価値がない、自分は成功なんてできない。
そう思っていました。


でも、副業を始め、ビジネスをやるようになってからは、
お金は入るは、自信は出てくるは、会社は辞めれるはで
人生がガラッと変わりました。


結果、毎日家族と一緒に過ごせるので、
本当に幸せな日々を送っています。


こんな体験をして、

「どんな人でも、成功することなんてできるんだな」
というのがよくわかりました。

自分に自信がなく、他人の顔色ばかり伺う僕が
どのようにして副業で月50万円稼ぐ道を歩んだのか
そんなことを下記の記事で紹介しています。

→副業で月50万円稼いだゆーいちのプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー