意志が弱いのはなぜ?意志を強く保つたった1つの心構え!

こんにちはダンディーです。

 

今回は、自分の意思が弱く、何か物事を行う時に続かない・・・
と思った時に気付いた、意思を強く持つための心構え

について、書いていきます。

 

 

僕自身、色々な事に挑戦してきました。

 

特にダイエット!!

 

 

これはもう、何度やって何度挫折してきたことか(笑)

何日かは続くけど、継続力がない・・・

 

そんな事を、何度も何度も続けてきました。

 

 

そんな中、なぜこうも意思が弱いのか?
という事について考えて見ると、1つの共通点が浮かんできたのです。

 

今回は、その共通点について、お伝えします。

では、いきましょう。

スポンサードリンク


 

それって本当にやりたい事?

意志が弱いなぜ

僕はよくダイエットを始めます。

 

・・・。

 

この言い方自体、おかしい気がしますが、

 

まあそれは置いといて(笑)

 

 

とにかく、ダイエットを始めるわけですが、
大抵、2日、2日、もって2週間くらいでやめてしまうんですよ。

 

 

なぜこうも意思が弱く続かないのか?
と考えてみた結果、

 

 

それって本当にやりたい事なの?

 

 

という疑問が、思い浮かんできたのです。

 

 

僕がダイエットをやろうと思った理由って大抵が、

 

(太ってきたなぁ・・・)

 

 

と、自分で思ったときや、嫁に

 

『もうちょっと痩せたほうがいいのになぁ~』

 

という外的要因から、ダイエットを始めようと思うわけです。

 

 

それって、かっこよくなりたい!とか、痩せたい!

という感情から、物事を始めようしているのです。

 

 

でも、感情というのは、結構浮き沈みが激しいんですよ。

 

よく無いですか?

何かいい商品を見つけたとき、

 

『うぉぉぉ!コレ買いたい!!!』

 

 

と思って、買ったけど、いざ手に取ると

 

 

(・・・あの時はものすごく欲しかったんだけで、

いざ買ってみると、なんで買ったんだろう?)

 

 

って思うこと。

僕もよくあります(笑)

 

本買って読まなかったり、
ゲーム買ってやらなかったり、
ツール手に入れて動かさなかったり。

 

バスケの試合で負けて、チームで
『ここがダメだから、もっと頑張ろう』
なんて思っても、結局いつも通りの練習だったり・・・

 

 

実際は、そんなもんなんです。

 

 

一時の感情だけで動いたものって、
熱しやすいが、冷めやすいんですよ。

 

 

だから、意思が弱くて続かない!
と思う前に、本当にそれはやりたい事なのか?

ということを考える必要があるのです。

 

 

本当にやりたい事であれば、
意思なんか関係無しに、やるんですよ。

 

 

だから、まずは

本当にやりたい事なのかどうかを判断してください。

まずはそこからです。

 

その上で、必要と思うなら始めるべきだろうし、

必要でないなら、始めるべきではないと思うんです。

 

 

 

とりあえずやってみればいいんじゃない?

 

と思うかもしれませんが、それはあまりオススメしません。

 

なぜなら、変に中途半端に始めて途中でやめてしまうと、

今までと同じように

 

『僕ってなんて意思が弱いんだろう・・・』

 

 

と、セルフイメージを下げてしまうデメリットがあるからです。

 

 

まずは、本気になれるかどうか?

この視点で判断してくださいね。

 

 

 

ただ、そうすると、
やりたくないけど、やらなきゃいけないことがあるんだ!

 

なんて事もでてくると思います。

そういう場合は、どうすればいいのでしょうか?

 

スポンサードリンク


 

命をかける

命をかける

やらなきゃいけないことをやるのには、方法があります。

その中でも、特に効果的なのが

 

 

あなたを徹底的に追い込むことです。

 

 

例えば、痩せなければいけない時に
『3ヶ月後までに、10キロ痩せる』
と周りに宣言すること。

 

宣言することで、一歩追い込まれます。

 

さらに

『痩せなかったら、みんなに焼き肉ご馳走するわ!』

と言って、より追い込む。

 

 

こんな感じで、やらざるを得ない状況を作ることが
非常に効果的なのです。

 

ハンターハンターで言う制約と誓約ですね。

誓約と制約

 

宣言してやらなかったら、嘘つきになりますから。

 

それぐらいの覚悟で、取り組む必要があるのです。

 

 

要は、何かをする時に本気になれるかどうか?

これが重要なわけです。

 

 

本気に慣れないことを続けるのって、もの凄く難しいです。

 

本気になれることならば、無我夢中で続けるようになるし、
続けざるを得ない状況を作るのです。

 

 

よくモチベーションが続かない
なんて事をいいますが、モチベーションなんて気のせいです。

 

 

あなたの状況や周りの状況によって、
変化するし、そんな不安定な物に頼るのは、

さっさと辞めたほうがいいです。

 

 

それならば、どのようにしたら本気で取り組めるか?

 

 

これを考えて、実行してみてください。

 

それが、意思が弱いを治す、唯一の方法です。

 

最初の1ヶ月程度続けば習慣化し、
意思とは関係無しに続けられるようになります。

 

もちろん、本気度が無ければ
惰性で継続してしまうだけになってしまうので、
そこは注意が必要です。

 

 

でも、習慣化するだけでも、行動することが大分楽になるので、
ぜひともあなたを追い込んで、本気になってみてください。

 

スポンサードリンク


 

まとめ

いかがでしたか?

 

物事をする上で、意思が弱いというのは、
必要性を感じていないのです。

 

 

いや、もちろん

『あったらいいなー』
くらいの気持ちはあると思いますよ。

 

 

でも、そのレベルの事は大抵、不必要なことなんですよ。

 

不必要なことを続ける事ってできますか?

 

 

できませんよね?
僕なら出来ません。

 

 

なので、結局はあなたの本気度が試されるわけです。

 

その上で、どうしても本気になってやりたい!

 

というならば、あなた自身を追い込んで、
本気になれるよう、がんばってみてください。

 
最後まで読んでいただき、有難う御座いました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕は10年勤めた会社を退社しました。
副業で月50万円稼げたからです。

今でも毎月何十万円というお金がほぼ働かずとも入り続けています。

「おいおい、そんなのありえないでしょ。」

と思われるかもしれませんが、これは、嘘偽りのない事実です。

僕は生まれて33年間、自分に自信が持てず、
いつも人の顔色ばかり伺ってました。

自分には価値がない、自分は成功なんてできない。
そう思っていました。


でも、副業を始め、ビジネスをやるようになってからは、
お金は入るは、自信は出てくるは、会社は辞めれるはで
人生がガラッと変わりました。


結果、毎日家族と一緒に過ごせるので、
本当に幸せな日々を送っています。


こんな体験をして、

「どんな人でも、成功することなんてできるんだな」
というのがよくわかりました。

自分に自信がなく、他人の顔色ばかり伺う僕が
どのようにして副業で月50万円稼ぐ道を歩んだのか
そんなことを下記の記事で紹介しています。

→副業で月50万円稼いだゆーいちのプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー