子供を叱ると自己嫌悪に陥る!僕が変われた子供との接し方!

こんにちは、ダンディーです。

 

今日は、子供を叱ると自己嫌悪に陥ってしまう・・・
というあなたに向けた、子供との接し方についてお伝えします。

 

僕も、子育てにはとても苦労しています。

 

  • 6歳の男の子
  • 3歳の女の子
  • 生まれたばかりの男の子
 

 

3人の子供がいますが、みんな言うことは聞かないし、

いっつも、子供と戦いをしています(笑)

 

 

そして、時にはイライラし、感情のままに叱ってしまうときもあります。

 
  • ご飯を食べない
  • 歯を磨かない
  • やることをやらない
 

毎日毎日そんなことを繰り返しているのですが

叱るとやはり、自己嫌悪に陥っていました。

 

そんな時に、僕がやり始めた1つの方法が

とてもよかったので、その内容を紹介します。

 

 

子供を叱ると自己嫌悪に陥るというならば

ぜひ読みすすめてみてください。

スポンサードリンク


 

生きてるだけで丸儲け

子供しかる自己嫌悪

僕は、子供と接する時に意識しはじめたのが

 

 

生きてるだけで丸儲け

 

 

ということです。

 

 

 

親が子供をしかる時は、

 
  • いい子に育ってほしい
  • 常識ある子に育ってほしい
  • 他人の気持ちをわかる子に育ってほしい
 

という、親の思いがあると思うんです。

 

 

でも、その叱ることって本当に必要なのでしょうか。

 

 

 

それを考えてみると、

子供が生きているだけで幸せということを、

忘れていた自分に気付くことができました。

 

 

 

 

子供が生きているのが当たり前と思っているからこそ、

僕なりの要求がでてしまい

 

 

『あれしなさい!』

『これしなさい!』

 

 

と言ってしまうのだと思います。

 

 

 

どんなに言うことを聞かなくても、

どんなにやることをやらなくても

 

 

子供は生きているだけで幸せなんです。

 

 

 

それがわかった僕は、

 

 

『もう少し、ゆる~く考えて子育てをしてもいいな』

 

 

と思うようになりました。

 

 

子育ては大変だし、イライラする事もあります。

それに、こんな子に育って欲しいという思いもあるでしょう。

 

 

 

でも、それより子供が生きている事に幸せを感じて

楽しく過ごしていく方が、幸せだなぁ~と思うことができました。

 

 

もし、子供が言うことを聞かなくてイライラする!

というならば、ぜひ一度、こういう風に考えてみてはどうでしょうか?

 

 

 

とは言え、何でもかんでも子供の言うとおりにすると

どうにもならないことも確かです。

 

では、それを伝えるためにはどうすれば良いのでしょうか?

 

スポンサードリンク


 

親が子供にできること

親子供

子供が生きているだけで幸せ!

と言えど、子供の言うことを何でもかんでも聞くわけにもいきません。

 

 

ご飯食べたくない、

寝たくない

 

など、様々な無茶を子供は言ってきます。

 

そんなときにどうすればいいのかというと

 

 

子供の話をシッカリ聞く

 

 

 

ことをすべきだと思います。

 

 

子供って、色んなことを思いつくし、

思い立ったらすぐに行動します。

 

 

『これやりなさい!』

 

 

と言っても、全力で否定してきます。

 

 

 

そんなときに、子供の話を聞いてあげることが、

子供のために必要なことだと思います。

 

 

 

『どうして食べたくないの?』

『どうして寝たくないの?』

 

 

やさしく子供に聞いてみてください。

 

 

 

子供の話を聞いてあげることで、

子供は親に受け入れてもらえた気分になり、

普段より言うことを聞いてくれるようになります。

 

 

その上で、落ち着いて判断してあげてください。

 

 

 

なぜなら、子供という人間性を形成していくのが、

親の役目だからです。

 

 
  • 悪いことは悪いこと
  • いけないことはいけないこと
  • 良いことは良いこと
 

と言うように、物事を教えていく必要があります。

 

 

でも、あなたの思いを受け入れてもらうために、

まずは、子供の思いを受け入れなければ

子供もあなたを受け入れてくれません。

 

 

そのために必要なのが、

子供の話を聞くということです。

 

 

 

感情的になってしまい、イライラしてしまうことは

よくあることです。

 

でも、そういうときこそ落ち着いて、

子供の話を聞くようにしてください。

 

 

もし、感情が抑えられないという場合は、

幽体離脱法という方法もおすすめしています。

 

こちらの記事に、その方法を載せていますので

参考にしてみてください。

→2歳のイヤイヤ期にイライラしない方法

 

スポンサードリンク


 

まとめ

いかがでしたか?

 

子供を叱って自己嫌悪におちいるというならば

生きてるだけで丸儲け

ということを意識して、ゆる~く子育てをしてみてください。

 

 

少しは気が楽になります。

 

その上で、必要な事を子供に伝えるためにも

子供の話をしっかり聞くようにすると、より良いですよ。

 

 

この記事が、少しでもあなたの子育てに

役立てると幸いです。

 

最後まで読んでいただき、有難う御座いました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕は10年勤めた会社を退社しました。
副業で月50万円稼げたからです。

今でも毎月何十万円というお金がほぼ働かずとも入り続けています。

「おいおい、そんなのありえないでしょ。」

と思われるかもしれませんが、これは、嘘偽りのない事実です。

僕は生まれて33年間、自分に自信が持てず、
いつも人の顔色ばかり伺ってました。

自分には価値がない、自分は成功なんてできない。
そう思っていました。


でも、副業を始め、ビジネスをやるようになってからは、
お金は入るは、自信は出てくるは、会社は辞めれるはで
人生がガラッと変わりました。


結果、毎日家族と一緒に過ごせるので、
本当に幸せな日々を送っています。


こんな体験をして、

「どんな人でも、成功することなんてできるんだな」
というのがよくわかりました。

自分に自信がなく、他人の顔色ばかり伺う僕が
どのようにして副業で月50万円稼ぐ道を歩んだのか
そんなことを下記の記事で紹介しています。

→副業で月50万円稼いだゆーいちのプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー