もうイヤだぁぁ!3歳児のわがままに効果的な対処法は?

こんにちは、ダンディーです。

 

今回は、3歳児のわがままに効果的な対処法をお伝えします。

スポンサードリンク


 

うちの娘も3歳になり、わがまま炸裂しまくりです!

 

息子が3歳の時もわがままだったのですが、

それ以上にわがままなんです(;´Д`)

 

なんであんなにわがままなんでしょうね?

 

 

女の子だからなのか・・・

二人目だからなのかはわかりません!

 

 

とにかくわがままです(笑)

 

そして、子供が言うこと聞かないと、イライラしたり、

やりたい事ができなかったり大変ですよね。

 

そんな中、僕が実践して効果的なわがままの対処法があるので

その方法をお伝えします。

 

もちろん、これで全て解決するわけではありませんが

多少は軽減できると思うので、よろしければ実践してみてください。

 

では、いきましょう。

 

3歳児のわがままへ!2つの対処法

3歳わがまま対処法

僕がどんな風に子供のわがままに対処しているのか?

 

子供のわがままに効果的な二つの方法を、

普段の生活に交えてお伝えします。

 

その二つの対処法というのが

 
  • 子供の自立心をくすぶる
  • 子供のわがままを許容する
 

この二つです。

 

それぞれ見て行きましょう。

 

スポンサードリンク


 

子供の自立心をくすぶる

3歳の子供というのは、自立心が出てきます。

 

僕の3歳の娘も

 

『あたしがやるー』

『パパ、やるから見ててー』

『お姉ちゃんだからできるもん!』

 

などなど、

 

 

とにかく自立心が出てくるので、

その自立心を刺激して、わがままを抑えてあげましょう。

 

 

僕が具体的にどのようにしているのかを説明します。

 

今回は、子供が夕飯を食べなかった時の話です。

 

子供が、どのようにしてご飯を食べるようになったのか

その部分を意識して読み進めてみてください。

 

 

 

子供ってホントご飯食べるの遅いですよね。

でも、ご飯たべないからと言って、

 

 

『ご飯食べなさい!』

 

 

と言ったところで、全然ごはん食べないんですよ(笑)

むしろ、『イヤ!』と言われて余計にストレスが溜まるのが落ちです。

 

 

なので、ご飯をたべない時、娘にこういったのです。

 

 

『〇〇ちゃんはお姉ちゃんだからご飯たべれるよね?』

『それとも、まだ赤ちゃんだから食べれないかなぁ?』

 

こんな感じで、娘の自立心を刺激するのです。

 

そうすると、

 

 

『〇〇はお姉ちゃんだから食べれる!見てて』

 

 

ってな感じで、食べるようになります。

 

もちろん、毎回これで食べるわけではありませんが、

とにかく3歳の子供を大人の分類に分けるのです。

 

 
  • 大人→ご飯たべれる
  • 子供→ご飯たべれない
 

こんな感じに分け、子供はどっちに入るのか?

子供に選ばせるのです。

 

もし子供がご飯たべれないと言ったら、

諦めて手伝って一緒に食べるようにしましょう(笑)

 

 

 

3歳の子供と言えど、1人の人間です。

 

人に命令されるのは嫌だし、

誰かの言いなりになるのは嫌なのです。

 

 

ではどうすれば動くか?

 

 

それが、自分で決断させることです。

自分で決断したことは自分でします。

 

なので、子供の自立心をくすぶり、

自分で決断するように問いかけてあげればいいのです。

 

 

これはご飯以外の時にも使えます。

言うことを聞かない時は、ぜひ使ってみてください。

 

では次に行きましょう。

 

子供のわがままを許容する

子供は理不尽にわがままです。

 

言ったことは守らないし、

急にわがままになります。

 

そんな時にどうすればいいかと言うと、

子供のわがままを許容してあげるのです。

 

 

もちろん、一度決めたことは守らないのは、親としてどうなのか?

という思いもあると思います。

 

確かにそも気持ちもわかります。

親の言うことがブレては困りますからね。

 

 

でも、親だからこそ柔軟に行くべきなのでは?

と僕は思うです。

 

 

子供だから、言うことはコロコロ変わるし、

そのせいで予定が崩れたなんてことはよくあります。

 

でも、そういう時こそ、子供を認めてあげるべきだと思います。

 

 

そもそも、どうすれば子供が親の言うことを聞いてくれるのか?

 

 

それは、親が子供の言うことを聞いてくれるから

子供も親の言うことを聞いてくれるようになるのです。

 

親が子供の事を認めているから

子供が親の事を認めるようになるのです。

 

 

よく、新入社員に対する上司の会話で!

 

『信じられない新入社員がいる!』

 

というような話をよく聞きます。

 

 

ただ、そんなのは育った環境や人生、時代が違うので

当たり前の話です。

 

大事なのは、その事実を知った時に、

相手の事を認められるかどうか?

だと思うんです。

 

 

自分の事を認めてくれない相手のことを

認めたいと思いますか?

 

自分の事を信頼していない相手の事を

信頼したいと思いますか?

 

 

 

もちろん、子供と親では親子関係があるので

本来の信頼関係はあるでしょう。

 

でも、それは親子関係だから繋がっているだけだと

思ったほうが良いです。

 

親の価値感と子供の価値感は違います。

 

子供のわがままを許さないってのは、

子供に親の価値感を認めさせるということなんです。

 

 

でもこれって、ものすごくダサくないですか?

 

親が子供を認めるのではなく、

親が子供に認められるんですよ?

 

 

それを知った時、僕は自分の事がものすごく情けなくなりました。

 

子供に認めてもらう親なんて情けない・・・

 

 

そう感じるようになったからこそ、

子供のわがままを認めるようになりました。

 

 

もちろん、全部が全部認めるわけではないですよ。

 

全て子供の事を認めてしまっては

逆にやり放題の子供に育ってしまいますから・・・

 

そうではなく、子供の事を認めてから

どうすべきか一緒に考えるのです。

 

 

3歳だと、物事を理解するというのは

難しいと思います。

 

でも、それができるようになる年頃でもあるのです。

 

なので、子供の事を認め

その上でどうすべきなのか

考えるようにしましょう。

 

ちなみに、認める加減も子供毎に違うので、

あなたの子供に合った加減が必要ですし、

その加減は実践で学んでいくしかありません。

 

 

その加減を理解するためにも、

子供と一緒に成長するという事を考えながら

子育てに励むといいですよ。

 

スポンサードリンク


 

まとめ

3歳児のわがままの対処法はどうでしたか?

 

大事なの二つです。

 
  • 子供の自立心をくすぶる
  • 子供のわがままを許容する
 

この2つの対処法を意識して、

子供と接してあげて下さい。

 

もちろん、これで全てが解決できるわけではありません。

 

子育てってそんな単純なものでもないし、

これさえあれば解決できる!

 

なんて事もないと思うんです。

 

だから、子供と一緒に苦労して、

子供と一緒に育っていく。

 

これが親の役目なのだと思います。

僕も頑張るので、あなたも頑張ってみてください。

 

以上になります。

最後まで読んでいただき、有難う御座いました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕は10年勤めた会社を退社しました。
副業で月50万円稼げたからです。

今でも毎月何十万円というお金がほぼ働かずとも入り続けています。

「おいおい、そんなのありえないでしょ。」

と思われるかもしれませんが、これは、嘘偽りのない事実です。

僕は生まれて33年間、自分に自信が持てず、
いつも人の顔色ばかり伺ってました。

自分には価値がない、自分は成功なんてできない。
そう思っていました。


でも、副業を始め、ビジネスをやるようになってからは、
お金は入るは、自信は出てくるは、会社は辞めれるはで
人生がガラッと変わりました。


結果、毎日家族と一緒に過ごせるので、
本当に幸せな日々を送っています。


こんな体験をして、

「どんな人でも、成功することなんてできるんだな」
というのがよくわかりました。

自分に自信がなく、他人の顔色ばかり伺う僕が
どのようにして副業で月50万円稼ぐ道を歩んだのか
そんなことを下記の記事で紹介しています。

→副業で月50万円稼いだゆーいちのプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


>>下記画像をクリックして副業月収50万物語の続きを読む<<




>>漫画の続きが気になる方はこちらをクリック<<