これだけは知っとこう!人間関係に疲れた時の転職すべきタイミング!

こんにちは、ダンディーです。

 

今日は、職場の人間関係に疲れた時の
転職すべきタイミングについて
お伝えしたいと思います。

 

スポンサードリンク


僕も、職場の人間関係には悩まされます。

 

良い人もいれば、性格が悪い人もいるし、

おせっかい過ぎる人、熱すぎる人

様々な人がいます。

 

 

まぁそんな中でも苦手な人はいるわけで・・・

 

 

僕の場合は、
  • 変におせっかい過ぎる人とか
  • 理不尽に怒ってくる上司
なんかが凄く苦手です。

 

 

そんな、人間関係につかれた場合、

転職すべきかすべきでないか?

 

そして、転職するなら、

どのタイミングですべきなのか?

 

そんな事に、ついてお伝えしたいと思います。

 

人間関係に疲れたら転職はすべき?

人間関係疲れた

さて、まずは転職はすべきなのか?

という事について書いていこうと思います。

 

 

結論から言うと、

 

 

1年間は我慢してから転職を考える

 

 

というようにしてください。

 

ちなみに、この1年間の基準ですが、

人間関係が嫌に感じるようになってから

1年間という意味です。

 

 

そうは言っても、この人間関係が

凄くストレスになってしまい、

仕事にも生活にも影響が出てしまう!

 

という場合も、あるかもしれません。

 

 

その気持ちは、ものすごくわかります。

 

僕も悔しい思いはたくさんしたし、

関わらないでくれと、何度思ったことか(笑)

 

とにかく、人間関係には悩まされました。

 

 

でも、そんな嫌な人間関係からは

凄く大事な事が学べると思うんです。

 

 

例えば、何かにつけて色々と

言ってくる上司がいたとします。

 

 

そんな上司に元についた場合、

 

『色々言わなくてもわかってるよ!

やる気なくなるから、イチイチ言わないでくれ!』

 

と思うでしょう。

 

 

でも、イチイチ口出しされるという経験をすることで、

口出しすることが相手に対してどう影響するか

がわかるようになりますよね?

 

そしたら、あなたが人と接する場合は

それをしないようにし、さらに相手のやる気を

引き出すために何をすればよいか?

 

 

そんなことが、わかるようになるのです。

 

 

もちろん、イラッとした時に

『勉強になるなぁ』

なんて思うのは難しいです。

 

それにイラッとすることは、必要だと思います。

 

 

なぜなら、感情は人間特有のものであり、

感情が無ければ、人ではなくなってしまうからです。

 

 

だから、イラッとするところまではOK

 

 

大事なのはここからで、

イラッとした時に、それをどう捉えるか?

 

 

『てめぇーこのやろう!

言いたい放題言いやがって!!

てめぇの言うことなんて聞くか!!!』

 

 

と相手に対して思うのか、

 

 

『あ、今オレイラッとした!

何にイラッとしたんだろう?

ツベコベ言われたこと?

それとも本当にオレの行動がいけなかったの?』

 

 

という風に考えるか?

 

 

ここが、人が成長できるかできないかの

分かれ目になるのです。

 

 

仕事と言えど、結局は人間関係です。

 

 

なので、いくら転職しても、

同じような人間はいる可能性はあるし、

転職先が良い所とは限りません。

 

 

だから、今の職場の人間関係から

何を学ぶことができるのか?

 

これを知るために、1年間は我慢すべきであると

僕は思うんです。

 

 

では、人生が辛い時というのは

どういう時なのか?

 

 

次は僕の考える人生の辛さについて

書いていこうと思います。

 

実は次の内容が、

今回一番言いたいことだったりします(笑)

 

 

では、行きましょう。

 

スポンサードリンク


 

人生の辛い時期とはなんなのか?

 

人生は修行期間

僕の考える、人生の辛い時期とは

 

 

 

修行期間

 

 

この一言に尽きると思います。

 

 

 

人生、いいことが起これば、

辛いことも起きます。

 

そして、それは何度でも繰り返されます。

 

 

人生は不公平です。

 

 

辛い時期がたくさんある人もいれば

ほとんど辛い時期が無い人もいます。

 

 

 

そして、辛い時期を何度も味わうと

 

 

『なんで僕だけこんな目に・・・』

 

 

と思ってしまうでしょう。

というか、僕もそう思っていました。

 

 

でも、それって他人と比べてしまうから

そう思ってしまうんですよね。

 

 

そう思うと、ドンドン周りがよく見えてしまい、

他人から見られる自分というのを

凄く意識してしまいます。

 

 

他人から見られる自分を意識すると

本当の幸せなんて得られません。

 

 

なぜなら、他人と自分を比べると、

自分より上の人なんて山ほどいるし、

そんな人と比べても、自分が落ち込むだけだからです。

 

 

そうではなく、自分にとっての

人生の幸せとはなんなのか?

 

 

そこを、考えるべきなんです!

 

 

 

僕ならば、
  • 家族と一緒に過ごす時間
  • 時間に縛られない人達と成長していく
 

こそが、幸せです。

 

 

だから、会社に時間を縛られることや

お金だけにとらわれる人生は、

幸せではありません。

 

 

もちろん、仕事も大事だし、お金も大事です。

 

なので、

自分の中でその比重をどう置くべきか?

 

ここが大事になってくるのです。

 

 

 

逆に、そこを考えられるようにならないと、

本当の幸せは、得られないと思うんですよ。

 

 

 

それに、辛い事を続けていくことで

自分の辛さの基準値が、

ドンドン上がっていきます。

 

ドラゴンボールの修行のように、

重力100倍の部屋で常に修行を続けていれば

いずれは、重力100倍も気にならなくなります。

 

 

それと同じで、辛い時期を経験した時、

別の辛い時期が訪れた時でも

 

 

『んーあの時の方が辛かったなぁ』

 

 

という感じで、人間的にも精神的にも

強くなることができます。

 

 

だから、人生の辛い時期というのは

修行期間になるのです。

 

そして、それを乗り越えた先は、

新たな自分が待っている

 

 

そういう気持ちで、辛いことにも

取り組むべきだと思います。

 

 

なので、人間関係に悩んだとしても

1年間は今の仕事を続けてください。

 

 

でも、1年間続けても、

1つも自分の成長につながらないのであれば

転職するのと良いでしょう。。

 

 

それはそれで、縁が無かったと

切り替えていきましょう。

 

スポンサードリンク


 

まとめ

不幸自慢対処法

いかがでしたか?

 

人間の悩みのほとんどが

人間関係になります。

 

 

そして、その辛い時期というのは

修行期間になるのです。

 

 

修行をすぐ辞めるか、

それとも自分の為に続けるか?

 

それを考えて、仕事を続けていくと良いでしょう。

 

 

あの人が嫌だから転職する・・・

 

 

なんて考えだと、

他人の人生を基準にして歩む事になります。

 

 

そうではなく、他人というのは、

 

 

自分の人生をよくするためのキャラクター

 

 

と考えて行動すべきです。

 

 

嫌な人から何を学ぶか?

尊敬する人から何を学ぶか?

 

それこそが、人生を成功させるための

秘訣になるのです。

 

 
  • 自分の人生は自分の物
  • 辛い時期は修行期間!
 

この2つがあなたに伝われば、幸いです。

 

 

以上、最後まで読んでいただき、

有難う御座いました。

 

ダンディー

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕は10年勤めた会社を退社しました。
副業で月50万円稼げたからです。

今でも毎月何十万円というお金がほぼ働かずとも入り続けています。

「おいおい、そんなのありえないでしょ。」

と思われるかもしれませんが、これは、嘘偽りのない事実です。

僕は生まれて33年間、自分に自信が持てず、
いつも人の顔色ばかり伺ってました。

自分には価値がない、自分は成功なんてできない。
そう思っていました。


でも、副業を始め、ビジネスをやるようになってからは、
お金は入るは、自信は出てくるは、会社は辞めれるはで
人生がガラッと変わりました。


結果、毎日家族と一緒に過ごせるので、
本当に幸せな日々を送っています。


こんな体験をして、

「どんな人でも、成功することなんてできるんだな」
というのがよくわかりました。

自分に自信がなく、他人の顔色ばかり伺う僕が
どのようにして副業で月50万円稼ぐ道を歩んだのか
そんなことを下記の記事で紹介しています。

→副業で月50万円稼いだゆーいちのプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー