両津勘吉もビックリ!同僚の勤務態度を改善させる2つの方法

こんにちは、ダンディーです。

 

今日は勤務態度が悪い同僚に対し、

勤務態度を改善させる2つの方法について

お伝えしていこうかと思います。

スポンサードリンク


ただ、僕も勤務態度はそんなに

良い方ではなかったので、

心が痛い部分ではありますが(笑)

 

とは言え、勤務態度が悪いと、

お客に対しても迷惑がかかってしまうし、

会社の信用にもかかってきます。

 

 

なので、そういう人に対して

どう接するべきなのか?

 

その辺について見ていきましょう。

 

勤務態度を改善させる接し方その1

こち亀部長

さて、同僚の勤務態度を改善させるには

2つの方法があります。

 

 

で、その1つが叱る方法です。

 

 

これは、こち亀の両津勘吉と部長を

イメージしていただければと思います。

 

 

こち亀の両津は、とにかく勤務態度が悪いです(笑)

 

 
  • お金儲けしか企まない
  • 仕事はサボる
  • 欲ばかり
 

仕事をやろうという熱意なんて、ほとんど感じません。

ですが、その両津を一声で黙らせる人物がいます。

 

 

それが部長です。

 

部長はとにかく
  • まじめで
  • 頑固で
  • 怒りっぽい
 

そんな昔ながらの親父のような性格の人です。

 

 

で、その部長はとにかく両津の事を叱ります。

 

両津を常に監視して、何かすれば叱り、黙らせ、

両津を抑制します。

 

 

ただ、その叱り方も愛のある叱りだと

僕は思っていますが(笑)

 

 

けなすのではなく、叱るのですよ。

 
  • お客様に迷惑がかかるから、
    期限を守って仕事をしてくれ!
  • 態度が悪く見られるから
    勤務中にスマホはイジらないこと!
  • 仕事に集中できないから
    雑談はよしてくれ!
 

などなど、そうやって、真正面からぶつかること。

これが一つ目の方法です。

 

ただ、この方法の悪い部分としては

ものすごくエネルギーを使うということです。

 

 

基本的に叱った教育というのは、

何度も何度も注意しないと、理解されません。

 

 

 

僕も

 

「勤務中にスマホいじるな!」

 

と言われても、

 

「ハイハイ、わかりました。」

 

と心の中では思ってしまいます。

 

だって、スマホいじることは良くないこと

とわかりつつもツイツイ見てしまうんですもん。

 

 

勉強しない子に、勉強しろ!といって

余計やらなくなるのと同じ原理です。

 

 

というか、この方法の場合、

むしと理解されないと思った方がいいでしょう。

 

言ったところで、

 

「わかってるようるさいなぁ~」

 

と思われるのがオチです。

 

 

なので、根本的な改善にはならず、

常に監視する必要が出てきてしまいます。

 

もちろん常に監視し、何かあれば叱ることが

できるのであれば、この方法でもいいでしょう。

 

 

でも、この方法ではそもそも本人も

成長はしないし、見張る方もものすごく大変です。

 

それに、本人の気分次第ではやる気がなくなり

会社を辞めるなんて事にもなるでしょう。

 

 

もちろん、辞めるのは構いませんが、

辞めさせるようなことはして欲しくはないです。

 

 

ではそういう場合はいったいどうすればよいのか?

 

 

そこで、オススメするのがもう1つの方法なのです。

 

スポンサードリンク


 

勤務態度を改善させる方法その2

仏の心

では、もう一つの勤務態度を改善させる

方法に移りましょう。

 

どちらかと言うと叱るよりも、

こちらの方がおすすめの方法です。

 

 

で、そのもう一つの方法とは1つ目に言った叱るとは

全く正反対の方法になります。

 

 

ではどうするかというと、

勤務態度が悪い同僚と

同類になる必要があるのです。

 

 

同類と言っても、結局は仲良くするということです。

 

 
  • 同僚がゲームにハマっているのであれば
    あなたもゲームにハマってみる。
  • 漫画にハマっているのであれば
    あなたも漫画にハマってみる
  • ネットサーフィンにハマっているのであれば
    あなたもネットサーフィンにハマる
 

 

大事なのは、その同僚に近づこうとする姿勢です。

 

 

なので、同僚がゲームにハマっているのであれば

何のゲームにはまっていて、

どんなところが良くて、

どう楽しんでいるのか?

 

 

そんな事を聞いてみてください。

それを起点に、仲良くなるのです。

 

 

で、仲良くなってから同僚をいい方向へと

導くことこそが、同僚の勤務態度を

根本的から良くするための一番の方法なのです。

 

 

「いやいや、なんでそんな面倒なこと
しなきゃいけないんだよ!」

 

 

と思われるかもしれませんね。

 

でも、一度考えてみて欲しいのです。

あなたが自分の事を否定されたら、どう思いますか?

 

 

自分は一生懸命やっているつもりでも

 

「なんでこんな簡単なことができないんだ!!」

 

なんて言われたり、自分の趣味に対して

 

「大人になってもそんな趣味もってないで、

もっとちゃんとしろよ!」

 

なんて言われたらどうですか?

 

 

完全にムッとしますよね?

むしろ、

 

「はぁーー!コイツ何も知らない癖に何いってんの?」

イチイチうるさいんだけど!

コイツと分かり合うことは一生ないわ!!」

 

という風に思いません?

いや、僕なら多少なりとも思っちゃいますね(笑)

 

 

そんな風にならない為にも、相手の事を知るのです。

 

 

僕ならゲームが好きなので、

 

「ねえねえ何のゲームやってるの?」

 

とか、

 

「そのゲーム面白いの?」

 

なんて聞かれた日には、熱く語っちゃいます(笑)

 

 

その人から

 

「ゲームやってみたよーー」

 

なんて言われたら、もう完全に理解者だと

思ってしまいます。

 

 

相手から

 

「このゲームめっちゃ面白いな!

でも、逆に夜やり過ぎちゃうから

それだけ注意しないとね!」

 

なんて言われると、

 

「いやいやそうなんすよー!

それだけが悩みなんですよ。」

 

って感じで心開いちゃいます。

 

その上で、

 

「ゲームのやり過ぎで勤務中に寝るなよ!」

 

と言われれば、

 

「わかりました!!」

 

と、すんなり言うこと聞いてしまいますよ。

 

 

こんな感じで、相手の懐に入り、

そこから改善する事こそが

相手のためにも、あなたのためにもなるのです。

 

 

ただ、この方法の欠点としては、

時間がかかる上に結構大変です。

 

なんせ、相手の生活に合わせるわけですから。

 

 

でも、これができるからこそ、

相手もあなたの言うことを聞いてくれる

ようになるのです。

 

 

叱るのは簡単です。

あなたの力でねじ伏せれば

いいだけですから。

 

でも相手を動かすのはすごく大変です。

相手の心を変えていく必要がありますから。

 

 

これを理解した上で、

どちらの方法で行くか?

 

 

それを考えてみると良いでしょう。

 

スポンサードリンク


 

まとめ

意識の改革

同僚の勤務第度を改善させる

2つの方法はいかがでしたか?

 

少し長くなったので、簡単にまとめます。

 

勤務態度を改善させるには2つの方法があります。

 
  1. 心を鬼にして天敵となる
  2. 仏の心で見方になる
 

このどちらかです。

 

で、僕がおすすめするのは2の方で、

なぜなら2の方が根本的な解決になるからです。

 

 

ただ、やはり2については大変。

このひと事につきます。

 

それに、叱ることを否定するわけでありません。

 

 

なので、どちらが相手に合っているか?

どちらがあなたに合っているか?

 

そこを踏まえて考えていくといいでしょう。

 

最後まで読んでいただき、有難う御座いました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕は10年勤めた会社を退社しました。
副業で月50万円稼げたからです。

今でも毎月何十万円というお金がほぼ働かずとも入り続けています。

「おいおい、そんなのありえないでしょ。」

と思われるかもしれませんが、これは、嘘偽りのない事実です。

僕は生まれて33年間、自分に自信が持てず、
いつも人の顔色ばかり伺ってました。

自分には価値がない、自分は成功なんてできない。
そう思っていました。


でも、副業を始め、ビジネスをやるようになってからは、
お金は入るは、自信は出てくるは、会社は辞めれるはで
人生がガラッと変わりました。


結果、毎日家族と一緒に過ごせるので、
本当に幸せな日々を送っています。


こんな体験をして、

「どんな人でも、成功することなんてできるんだな」
というのがよくわかりました。

自分に自信がなく、他人の顔色ばかり伺う僕が
どのようにして副業で月50万円稼ぐ道を歩んだのか
そんなことを下記の記事で紹介しています。

→副業で月50万円稼いだゆーいちのプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー