育児休暇を男性が取るデメリット!あなたは勘違いしてない?

こんにちは、ダンディーです。

男性でも育児休暇を習得したいけど、

デメリットもあるんじゃないか?

 

と思ったことはありませんか?

スポンサードリンク


もちろん、デメリットはあるのですが、

それって意外と勘違いしている部分が多いと思うんです。

 

僕は、育児休暇を2人目と3人目の2回取りました。

 

 

育児休暇は、子供と接する時間は増えるし

会社を休める事はできるし、

会社で働かなくとも、ある程度お金は入るし

 

とにかくいい事ばかりです。

 

 

 

今回は、僕が育児休暇を取った時に感じ、

意外と勘違いしている3つのデメリットについてお話していきます。

 

あなたが育児休暇を考えているのなら

ぜひ一度は目を通しておいてください。

 

男性の育児休暇3大デメリット!

さて、ではさっそく男性が育児休暇を取得する時に

意外と勘違いしている3つのデメリットについて見ていきましょう。

 

まず一つ目がこちらです。

 

会社に理解してもらえないのではないか?

仕事落ち込む切り替える

まず、育児休暇を習得するときに

一番困るのが、これではないでしょうか?

 

 

児休暇を取ったら、

会社に迷惑がかからないか?

周りからよく見られないのではないか?

 

 

なんて思うことはありませんか?

 

 

僕はありました。

 

育児休暇取ると言うことは

会社に行かなくなり、ずっと休む事になります。

 

 

この事で、会社に迷惑がかかり、

同僚にも迷惑がかかるのではないか?

 

 

 

ただ、僕が育児休暇を取った時に感じたことは

別にそんなことはないということです。

 

 

同僚に

「育児休暇取るんです」

と言ったら

 

「へー。育児休暇取るんだ!」

くらいでしたし、会社に伝えても

 

「わかりました。」

くらいで済みました。

 

 

もちろん、裏でどう思っているかはわからないし、

何を言われているかはわかりませんが、

悪く取られている雰囲気はなかったんです。

 

 

 

とにかく今は、男性が育児休暇を習得する

文化が浸透しきれていません。

 

でも、ある程度は男性による育児休暇の習得が

認められ始めているとは思うんです。

 

 

ただ、それが表面的に出ていないだけで、

潜在意識の中では、【男性の育児休暇】

という言葉は出始めていると思うんです。

 

だから、会社や同僚のことなんて気にせず、

育児休暇を習得するといいですよ。

 

 

ちなみに、同僚から

「育児休暇を取ります!」

って言われたらどうですか?

 

 

別に、

「このやろーー!自分だけ育児休暇取りやがって!!」

なんて風には思いませんよね?

 

 

そんな感じです。

 

 

 

会社による部分は多少なりともあると思いますが、

みんなそこまで気にしていません。

 

それに、男性の育児休暇も許容され始めては

いると思うので安心して取って下さい。

 

 

 

 

ただ、僕が育児休暇を習得する際に、

会社に言われたビックリする一言があるんです。

 

 

僕が1回目の育児休暇を習得するとき

会社に言いました。

 

「育児休暇を習得したいのですが、

何か書くべき書類や、提出する資料

なんかはありますか?」

 

と。

で、その問に会社はなんと答えたと言うと、

 

「男性社員で育児休暇を習得した人が

いないので、わかりません。調べておきます」

 

こんな返事が来たのです。

 

 

「え?マジ???」

 

 

とは言っていないですが(笑)

心の中ではこう思いました。

 

僕が勤めている会社はまあまあ続いている会社で、

会社の規模も500人程度の規模があります。

 

 

それでも、男性社員に育児休暇を

習得した人がいなかったのです。

 

だから、みんなの心の中で、

【男性社員の育児休暇】という単語は生まれているけど、

いざ実行には移せていないというのが

本当のところではないでしょう?

 

 

だから、あなたが先頭に立って育児休暇の実績を作るという

意味でも、しっかりと育児休暇を習得するといいですよ。

 

 

ただし、そうは言ってもあなたが現場から

あなたがいなくなるという事は事実です。

 

いなくなることで、周りの負担が増えるかもしれないし、

業務の内容を覚えないといけなくなるかもしれません。

 

 

なので、引き継ぎだけはちゃんとやるようにしてください。

 

 

 

立つ鳥跡を濁さずと言うように後の人の事を考え、

気持よく育児休暇を習得できるようにしてください。

 

 

 

それだけ注意すれば問題ありません。

 

 

これが、1つ目の勘違いデメリットです。

では次のデメリットに移りましょう。

 

スポンサードリンク


 

収入がかなり減るのではないか?

子育て費用不安

これについては、勘違いしている部分は多いです。

 

実際経験してみるとわかるのですが

最終的にはあまり変わりません。

 

 

もちろん、残業とかは無いし、

給料分全額もらえるかというと、そうではありません。

 

でも、思っている以上に減ることはないのです。

 

 

 

何であまり変わらないの?

 

 

 

ということを説明する前に、育児休業中の

収入を得る経路から話していきますね。

 

まず育児休業中の収入ですが

基本的には会社から給料は出ません。

 

 

ただこれは、別に無収入になるわけではなく、

国から育児休業給付金が支給されるようになるのです。

 

 

で、この育児休業給付金ですが、

一体どの程度支払われるのかと言うと、

 
  • 育児休業を習得してから180日目では
    育児休業前の給料の67%が渡されます。
  • 育児休業を習得してから181日間からは
    育児休業前の50%が渡されるようになるのです。
    ※育児休業期間は最大1年間です。
 

この180日目までは67%というのは、

平成26年4月1日以降に取った時に

そうんなるように変更されています。

 

それまでは、50%でした。

 

 

そしてもちろん、最大支給額も286,023円と

決まっているので、それ以上は貰えませんが(笑)

 

 

 

ここまでは大丈夫ですか?

 

 

 

で、これだけ見ると収入の67%なので、

結果的にもらえる金額が減っちゃうじゃん!

 

と思いますよね?

 

 

でも、実は育児休暇には別の恩恵があるのです。

 

それが、税金の免除です。

 

 

どの税金が免除されるのかと言うと、

厚生年金・健康保険・所得税が免除されます。

※住民税はかかりますが・・・

 

なので、実質的に考えると

そこまで減ることはないのです。

 

 

数字的に見ると、僕の収入の手取りの平均が

23万くらいだったとすると、

入る金額は20万程度になります。

 

もちろん、多少は減っていますよ。

 

 

でも、以前の8割9割くらいの収入は

自分に入るのです。

 

 

家族のために時間を使えて、

かつそれなりに収入が入るのであれば

全然いいと思うんですよ!

 

 

確かにお金は多少は減りますが

それ以上に得られるものは大きいです。

 

多少の収入を取るのか?

それとも自分や家族との莫大な時間をとるのか?

 

なんて言ったら、僕は断然家族との時間を取ります。

 

 

だって、お金なんて会社に戻れば

稼ぐことはできるし・・・

 

 

 

それに僕の場合は、育児休暇中に

パソコンとネットを使った副業を学び、

自分の力で稼いでいく力というのを学んでします。

 

 

だから、最終的にお金に困ることはないんです。

 

 

今の給料でよっぽどギリギリというなら別ですが、

多少なりとも暮らせているのであれば

育児休暇の収入でも問題無いですよ。

 

さて、では最後の1つに行きましょう。

 

 

最後の1つは、メリットと思われがちですが、

実はデメリットとなってしまう可能性があるもの

について、お話します。

 

夫婦仲が良くなる?

夫婦仲

これについては、一緒にいる時間が増えるから

夫婦仲が良くなる?

 

かと思われですが、実は注意が必要です。

 

 

なんで?一緒にいる時間が長くなるんだから

仲良くなるでしょ??

 

 

もちろん、一緒にいる時間が長いのはいいことです。

 

でも、一緒にいる時間が長いということは

相手のいいところが見えてくる反面

相手の悪い部分もよく見えてしまうのです。

 

 

特に、出産後の母親と、育児に無知の父親なんかだと

思いの相違が出てきてしまうことは多いです。

 

 

子供が泣き止まない時も、

「多少は泣いていても問題ない」

と思うか、

「泣いたらすぐにあやさないと!!」

と思うかで全然違いますよね?

 

 

僕は多少泣いていても問題ないと思う派だったのですが、

嫁にとってはそれが合わなかったらしくて、

泣いているとすぐに赤ちゃんに構うようになります。

 

そしてそれが、

「育児休暇とってるのに、赤ちゃんの面倒見ないじゃん!」

 

という不満にも発展してしまう可能性があるのです。

 

 

他にも、一緒にいる時間が長い分、夫婦の価値感の違い

というのもよく見えてしまいます。

 

家の事でもそうです。

 
  • トイレ後、電気が消えていない
  • 選択物のたたみ方が違う
  • 食器を洗い方が嫌
 

など、一緒に入る分、細い所にも

目に入るようになってしまうのです。

 

 

で、その結果、不満が募ってしまい、

ある日突然不満が爆発してケンカ・・・

 

 

なんて経験しました(笑)

 

 

だから、一緒にいる時間が長いというのは

メリットである反面、デメリットでもあるのです。

 

そこを、理解しておくようにしてください。

 

 

では、そんな状況を回避するには

どうすればいいのか?というと、

お互いの想いを伝えて話をすることが

最初の第一歩です。

 

 

先ほどの例で言うと、

赤ちゃんを多少泣かすか、すぐに面倒を見るか?

 

これについても、一番の問題は

まず最初に赤ちゃんを多少泣かしていてもいい

と思っている事を伝えることです。

 

 

お互いに自分の思いというのがあり、

それを知らないから、

 

「なんで泣いてるのにほっとくの!!!」

 

なんて事になるのです。

 

だからお互いの思いを伝え、

その後にどうするか?

という事をちゃんと話し合う事。

 

これをすべきなのです。

 

 

で、これをどんどんしていくこと。

 

多かれ少なかれ、お互いの思いの相違はあります。

 

 

その相違を少しづつでも少なくしていくことが

夫婦仲を深めていくのに必要になるのです。

 

 

夫婦でいる時間が増えるのはメリットになる

と思いがちです。

 

でもそんなメリットにも落とし穴があるので

十分に注意するようにしてくださいね。

 

スポンサードリンク


 

まとめ

意識の改革

いかがでしたか?

 

男性の育児休暇にデメリットがある!

と思われがちですが、意外とそうでもありません。

 

 

もちろん、多少は会社によるとは思いますが、

それでも、男性の育児休暇は認識は

され始めているのです。

 

だから、ぜひあなたが育児休暇を取得して

会社が育児休暇を取れるいい環境という

実績を、会社のために取ってあげて下さいね(笑)

 

最後まで読んでいただき、有難う御座いました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕は10年勤めた会社を退社しました。
副業で月50万円稼げたからです。

今でも毎月何十万円というお金がほぼ働かずとも入り続けています。

「おいおい、そんなのありえないでしょ。」

と思われるかもしれませんが、これは、嘘偽りのない事実です。

僕は生まれて33年間、自分に自信が持てず、
いつも人の顔色ばかり伺ってました。

自分には価値がない、自分は成功なんてできない。
そう思っていました。


でも、副業を始め、ビジネスをやるようになってからは、
お金は入るは、自信は出てくるは、会社は辞めれるはで
人生がガラッと変わりました。


結果、毎日家族と一緒に過ごせるので、
本当に幸せな日々を送っています。


こんな体験をして、

「どんな人でも、成功することなんてできるんだな」
というのがよくわかりました。

自分に自信がなく、他人の顔色ばかり伺う僕が
どのようにして副業で月50万円稼ぐ道を歩んだのか
そんなことを下記の記事で紹介しています。

→副業で月50万円稼いだゆーいちのプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー