え!ホント?子供が熱の時はお風呂がダメと言うのは嘘だった!!

子供が38℃の熱を出したーーー!

 

1日だけならまだしも、2、3日下がらず、
お風呂にも入っていない。

スポンサードリンク


 

汗も沢山かいたし、体も気持ち悪いだろうから
お風呂くらいは入れてあげたいなぁ・・・

 

でも、熱がある時にお風呂に入れるのは
駄目って話も聞いたことがあるし。

 

 

『う~~~一体どうすればいいんだぁー!?』

 

 

なんて事はありませんか?

 

 

こんにちはダンディーです。

 

今日は、子供が熱を出したのだけど、

お風呂に入れていいのかどうかわからない!

 

というあなたのために、現代のお風呂の考えについて

書いていこうと思います。

 

もし、同じような悩みが有るのであれば、

ぜひ一度読んでみてくださいね。

 

では、さっそく見ていきましょう。

 

子供に熱がある時はお風呂に入ってはダメ??

 

お風呂に入る
昔はよく

 

『子供が熱の時はお風呂に入ってはダメ』

 

なんて事を聞きました。

 

 

もちろん、今でもそのようにいう人もいます。

でも最近では、

 

お風呂には入っても良い

 

という事も、言われるようになってきたのです。

 

 

なぜなら、お風呂に入ることで一気に病状が悪化する。

 

なんてことは無いし、逆に、

お風呂に入ることで一気に病気が良くなる

 

なんてこともありません。

 

 

だから、熱があるからという事に

必要以上に不安がる必要はないのです。

 

 

あえて言うのであれば、

子供がお風呂に入りたいかどうか?

 

これだけなのです。

 

 

 

子供がお風呂に入りたい、

もしくは入りたそうであれば

お風呂にいれてあげればいいし、

 

『ちょっと辛そうだなぁー』

 

と感じたのであれば、軽くシャワーですませてもいい。

 

 

『グッタリして辛そうだなぁー』

 

と感じたのであれば、

お風呂には入れずに、

濡れたタオルで体をふくだけにとどめておく。

 

 

 

 

こんな感じで、子供の体調に合わせて

親が判断してあげてくださいね。

 

 

 

ただし、熱があってもお風呂に入れて良いとは言ったものの、

もちろん注意すべき事はあります。

 

なので次は、お風呂に入る際の注意点について

見ていきましょう。

 

スポンサードリンク


 

お風呂に入る際の3つの注意点

お風呂に入ることで、一番恐いのは

病状が悪化してしまうことです。

 

でも、きちんと注意してお風呂に入れば

そこまで怖がる必要がないので、

この注意点だけは、抑えておいてくださいね。

 

 

その注意点というのが、こちらの3つです。

 
  1. 42℃以上の熱いお風呂に入らない
  2. 長湯をしない
  3. 湯冷めに注意する
 

 

それぞれ見ていきましょう。

 

42度以上のあつ~いお風呂に入らない

お風呂に入っていいからといって、

42℃以上の熱いお風呂に入ってしまうと

体に熱がこもってしまいます。

 

それに熱がこもると、体温も上がり

汗がたくさん出てきますよね?

 

 

熱の時は水分が凄く大事なので、

汗をかくのは、できるだけ避けたほうがいいです。

 

そういう意味でも、あまり熱いお風呂には入らず

余計な水分を出さないよう、注意してください。

 

 

一般的なお風呂の温度は39~41℃です。

 

なので、それ以上の温度のお風呂には

なるべく入らないようにしましょう。

 

 

と言っても、最低限の汗をかくのは

仕方のない事。

 

ここは、あまり神経質にならず、

42℃以上のお風呂に入らないようにすれば

問題ありません。

 

長湯をしない

長湯をしないという注意点は

熱いお風呂に入らない

と理由は同じです。

 

いくら常温のお風呂に入っていたとしても

お風呂にずーっと入ってしまうと

体も熱くなるし、汗もかきます。

 

 

『体を温めるんだ!』

 

と変に意気込んで長湯などはせず

いつも通りお風呂に入るといいでしょう。

 

 

大事なのは、

意識して体温を高めるような入り方はしないこと。

 

汗を流してさっぱりするためにお風呂に入る

という事を意識していくといいいでしょう。

 

 

湯冷めに注意する。

さて、熱の時にお風呂に入る場合

一番注意すべき事があります。

 

それが、湯冷めです。

 

 

特に、お風呂を軽くシャワーで済ませたり

サッと入ってサッと上がる時。

 

また、お風呂に入って温まったからと言って

裸や薄着のままウロウロしないように注意して下さい。

 

 

昔は、体調が悪い時にお風呂に入ってはダメ

というような事が良く言われていました。

 

 

でもこれは、自宅にお風呂が無く、

銭湯に行く人が多かった時代の話なのです。

 

 

銭湯に行くと、どうしても銭湯から自宅まで

歩いて帰らないといけないですよね?

 

その時に、湯冷めしてしまう人が出てきていたため

熱の時はお風呂に入らないほうがいい

と言われるようになっていったのです。

 

湯冷めは、風邪を悪化させてしまう

要因の1つであるので、

十分に注意するようにしてください。

 

 

以上がお風呂に入る際の3つの注意点です。

 

スポンサードリンク


 

まとめ

いかがでしたか?

 

昔は、子供が熱の時はお風呂に入っていけない

といわれていましたが、今はそんなことはありません。

 

 

子供の体調を見て、元気であるならば

お風呂に入れても問題ないのです。

 

 

ただし、無理して体温を高めるために

熱いお風呂に入ったり、長湯はしないこと。

 

そして、湯冷めには注意するようにしてくださいね。

 

 

 

熱とは、体が風邪を治すために

活発に活動しているため熱がでているのです。

 

そして体には、風邪が治って平熱に戻る時に

汗をかくという機能があります。

 

 

逆に言うと、汗をかいたから熱が下がるのではなく、

風邪が良くなったから、汗をかいて体温を下げているのです。

 

 

 

だから、熱が出ている時に、汗を無理やりだしたところで

風邪が良くなるわけではありません。

 

むしろ、体調が悪化する可能性すらあります。

 

 

その事を理解し、子供を看病してあげてくださいね。

 

 

一番いいことは、子供が過ごしやすい環境を作ることです。

 

寒すぎたり、熱すぎない温度にしたり

水分補給をこまめに取り、

栄養はそこまで気にせず、食べたいものを与える。

 

 

こうすれば、より早く体調も良くなるでしょう。

 

最後まで読んでいただき、

有難う御座いました。

 

ダンディー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕は10年勤めた会社を退社しました。
副業で月50万円稼げたからです。

今でも毎月何十万円というお金がほぼ働かずとも入り続けています。

「おいおい、そんなのありえないでしょ。」

と思われるかもしれませんが、これは、嘘偽りのない事実です。

僕は生まれて33年間、自分に自信が持てず、
いつも人の顔色ばかり伺ってました。

自分には価値がない、自分は成功なんてできない。
そう思っていました。


でも、副業を始め、ビジネスをやるようになってからは、
お金は入るは、自信は出てくるは、会社は辞めれるはで
人生がガラッと変わりました。


結果、毎日家族と一緒に過ごせるので、
本当に幸せな日々を送っています。


こんな体験をして、

「どんな人でも、成功することなんてできるんだな」
というのがよくわかりました。

自分に自信がなく、他人の顔色ばかり伺う僕が
どのようにして副業で月50万円稼ぐ道を歩んだのか
そんなことを下記の記事で紹介しています。

→副業で月50万円稼いだゆーいちのプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


>>下記画像をクリックして副業月収50万物語の続きを読む<<




>>漫画の続きが気になる方はこちらをクリック<<