おむつはずし成功のコツ!子供を喜ばせる3つの方法とは?

子供の成長って

親の楽しみの1つでもありますよね?

 

その1つにおむつはずしがあります。

スポンサードリンク


でも、

 

「うちの子、2歳でおむつはずしに

成功したのよー。」

 

とか、

 

「1週間でおむつはずしに

成功しましたー♪」

 

なーんて話を聞いちゃうと

 

「え!うちの子そんな気配全然しないんだけど

大丈夫かしら!?」

 

なんて、心配になっちゃうこと。

こんなことってありませんか?

 

 

僕の場合、長男は2歳の早い段階で、

おむつはずしに成功しました。

 

でも、長女が少し遅かったので、

 

「いつになったら、

おむつはずしできるんだろう・・・」

 

「ちゃんとおむつはずしできるのだろうか?」

 

なんて、心配した時もありました。

なので、子供を心配する気持ちは、

とてもわかります。

 

 

でも、安心してください。

 

そんな娘でも、3歳になった今では、

一人でトイレに行くくらいに成長しました。

 

 

では、どうして普通におむつはずしができたのか?

それには3つの方法があるのです。

 

そこで今回は、僕が子供に行った

おむつはずしを自ら進んでさせる

3つの方法についてお伝えします。

 

では、さっそく見ていきましょう。

おむつはずし大成功!
 

その1.あわてない

まず、一番注意すべきことは

大人があわてないということです。

 

よく、

 

 

「早く子供におむつはずしさせたい!」

 

と思う大人がたくさんいます。

 

早い時期だと、1歳に満たない頃から

おむつはずしを実践する家庭もあるそうです。

 

 

もちろん、その気持はわかります。

 

 

おむつはずしが成功できれば、

おむつ交換の手間暇が無くなるし、

おむつの消費も無くなる。

 

 

なにより、同級生の親からの眼差しも

変わるようになります。

 

 

「〇〇ちゃん、もうおむつはずれたの??

すご~い!!」

 

なんて言われたら、優越感に浸れますからね。

 

 

 

でも、だからと言って、

なんでもかんでも早く実践することが

いいとは限らないのです。

 

特に、子供が言葉も知らずにおむつはずしをさせると、

トイレで用を足す事は覚えたとしても

おねしょなんかに対応できない場合があります。

 

 

万が一、おねしょになってしまうと、布団を干すなど

一手間も二手間もかかってしまいます。

 

そうなると、余計に時間がかかってしまいますよね。

 

 

それに、親が慌ててしまうと、

そのプレッシャーが子供にも伝わってしまい、

思うようにトレーニングできなくなります。

 

そこは慌てず騒がずで、

 

「〇〇ちゃんのペースでやっていこうねー」

 

と、この言葉がわかる年齢から

やっていけば問題ないのです。

 

 

そうなると、大体2歳ころから始めるようになるので、

結果的に3歳くらいになるまで

おむつはずしができない可能性もあります。

 

でも、別にそれで死ぬわけでも無いし、

慌てず、子供のペースで進めていくのが

子供にとって一番なんです。

 

親の目線も子供の成長には何の関係もありません。

 

 

あなたのためではなく、

子供のためにも、ゆっくり慌てず

おむつはずしに取り組んでみてください。

 

 

ゆとりって意外と大事ですよ。

 

その2.ほめる

次に大事なのが、とにかく子供をほめることです。

トイレで用を足す事ができたら

 

「すごい!よくできたね♪」

 

と褒めたり、

 

「トイレでできるようになって、ママ嬉しいな♪」

 

などなど、とにかく子供が喜ぶことを伝えるのです。

 

そういうことを続けていく内に、子供が

(トイレで用を足すのって楽しいな!)

と思えるようになってきます。

 

そうなればこっちのもんです(笑)

 

 

普通に考えてもわかることですが、

子供って楽しいことは、進んでやるようになります。

 

だから、子供がトイレで用を足せるようにするには

トイレに行くのは楽しいな、うれしいな♪

と思えるようにするのが一番なんです。

 

 

逆にやってはいけないのは

 

「パンツだと恥ずかしいよ」

とか

「おしっこ漏らしちゃダメよ!」

 

なんてことを言うこと。

 

そういう制約は、子供の行動を萎縮させてしまいます。

 

トイレに行って失敗したら怒られる。

おしっこ漏らしたらがっかりされちゃう。

 

そんな風に感じてしまうと、

子供にとってやる気が全くでなくなります。

 

 

 

子供にやる気を出さすことって

親としての役目の1つでもあるんです。

 

 

もし、トイレに失敗したとしても、

 

「嫌だったね」

とか

「気持ち悪かったね」

と、子供の気持ちを言葉で

伝えてあげることがいいんです。

 

 

そうすると、

「ママは私の気持ち分かってくれてるんだ」

と子供に安心感を与えます。

 

 

これはトイレに限らずなんでもそうです。

 

子供って常に挑戦の毎日です。

 

その挑戦に対して、怒ったり落胆することは

子供にとって、一番傷つくことなんです。

 

 

だから、そうでは無く、

子供のやる気を引き出す言葉を、

子供に投げかけて上げることこそ、

親としての役目なんです。

 

ちなみにこれは、トイレだけでなく、

全ての物事に使えることなので

ぜひ、試してみてくださいね。

 

スポンサードリンク


 

その3.気長に待とう

3つ目の方法が気長に待つ事です。

 

おむつはずしを実践するのは

あくまで子供だということ

頭に入れておいて下さい。

 

 

なので、いくら親がやる気になって

燃えていたとしても、子供がやる気にならなければ

何にも前には進みません。

 

 

よく、おむつはずしのトレーニング中だからって

15分とか30分起きとかに

 

「〇〇ちゃんトイレは?」

「いかなくて大丈夫?」

「漏らさないでね!」

 

なんて、声をかけてしまう親がいます。

 

 

もうハッキリ言ってこれは

相当なタブーです。

 

「なぜ?」

 

って思うかもしれませんが、よく考えて下さい。

 

毎日毎日、細かく何かを言われるのって

とても嫌な気分になりませんか?

 

 

あなたが子供の頃、こんな事はありませんでしたか?

 

 

親に「勉強しろ、勉強しろ!」と毎日言われ、

いざ本当にやろうと思った時にまた

 

「勉強しろ!」

 

と言われ、めちゃくちゃやる気無くなった時。

 

 

これ僕、何回もやられました。

あれってホントにやる気なくなりますよね(笑)

 

これと同じで、誰かに言われてやるのって

めちゃくちゃストレスなんですよ。

 

もちろん、ポイントポイントで

伝えることは大事ですよ。

 

 

でも、親が焦って毎日何回も聞くのは

やめたほうがいいんです。

 

子供は子供なりに頑張っています。

 

 

だから、親も親で頑張って

気長に待ってください。

 

それが親の役目ですから。

スポンサードリンク


 

まとめ

さて、最後に今回の話をまとめましょう。

 

子供のおむつはずしを成功させる

3つの方法とは

 
  1. 慌てない
  2. 褒める
  3. 気長に待とう
 

この3つです。

 

そして、ぜひ覚えていて欲しいのですが、

この方法は何にでも使えます。

 

子供が勉強をするようになった時や、

ご飯を食べる時、遊んでいる時

どんな時でも使える方法なんです。

 

ぜひ、この方法をマスターし、

子供のための親として行動できるよう

頑張ってみてくださいね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕は10年勤めた会社を退社しました。
副業で月50万円稼げたからです。

今でも毎月何十万円というお金がほぼ働かずとも入り続けています。

「おいおい、そんなのありえないでしょ。」

と思われるかもしれませんが、これは、嘘偽りのない事実です。

僕は生まれて33年間、自分に自信が持てず、
いつも人の顔色ばかり伺ってました。

自分には価値がない、自分は成功なんてできない。
そう思っていました。


でも、副業を始め、ビジネスをやるようになってからは、
お金は入るは、自信は出てくるは、会社は辞めれるはで
人生がガラッと変わりました。


結果、毎日家族と一緒に過ごせるので、
本当に幸せな日々を送っています。


こんな体験をして、

「どんな人でも、成功することなんてできるんだな」
というのがよくわかりました。

自分に自信がなく、他人の顔色ばかり伺う僕が
どのようにして副業で月50万円稼ぐ道を歩んだのか
そんなことを下記の記事で紹介しています。

→副業で月50万円稼いだゆーいちのプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー