人生に希望はあるという事を知った時

人生に希望はある
こんにちは、ダンディーです。
僕は、每日会社で社畜やっています。

 

会社員としてこき使われ、
馬車馬のように働かされています。

 

 

でも僕は、人生に希望を持っています。
この先の人生はとても明るいです。

社畜でありながらも、人生に希望を持てています。

 

 

それはなぜか?

 

 

なぜなら、インターネットビジネスに出会ったからです。

 

僕のインターネットビジネスとの出会いと

自分の可能性については、こちらを読んでおいて下さい。

→自分の可能性を信じろ!

 

 

今日は、人生に希望はあるんだよ。

 

という事を話していこうと思います。

 

 

僕は自分の人生に絶望しか感じられませんでした。

自分に自信が持てなかった僕は

 

 

 

「僕なんかが人生で成功はできない。」

 

 

勝手に自分の人生を決めていました。

何の確証もないのに勝手に決めていたんですよね。

 

 

今思えば、

「なにやってんだ僕は?」

と、思ってしまいます。

 

 

自分の人生なのに、自分で可能性を潰していたんですよね。

 

だから、やることもしょっぱすぎたんです。

 

 

会社に依存することしかしない、

会社に給料を貰うことでしか、お金を稼げないと思っていたんです。

 

 

 

完璧な会社依存、社会依存ですよね。

 

ネットビジネスに出会う前の僕は、

会社にすがるしかありませんでした。

 

だから、

  • 每日深夜までの残業を強いられても
  • 休日出勤を強いられても、
  • 家族の時間が全くなくなっても
 

逆らうことができなかったんです。

 

 

 

その結果が、

 

 

月収20万円。

 

 

これが僕の給料でした。

 

この金額で、
子供3人、嫁1人を養い、車の維持費を払い、
生命保険料を払い、家のローンを支払う。

 

そんなお金を支払いながらも、裕福な生活を送るのは
とても厳しい収入額でした。

 

 

特に、家のローン・・・
子供ができるからと嫁と一緒に購入した一軒家ですが、

35年ローンの支払いは特に大変でした。

 

 

さらに、厳しいのはお金だけではなかったです。

 

会社でも深夜まで残業をしているので、
子供と接する時間なんて、1日30分もありませんでした。

 

そして、嫁と接する時間。
こちらは、1分足りともなかったのです。

 

 

なぜなら、僕が家に帰る頃には嫁は子供と一緒に眠っていて、
僕が朝起きる頃には、嫁は仕事にでかけていたからです。

 

家族と触れ合う時間がなかったのは、非常に辛かったです。

 

人と人とがふれあうことがこんなにも大事なことだと

初めてわかりました。

 

 

このように、時間にお金、仕事と常に追い込まれる生活を送っていたのです。

 

お金もないし、時間もない。
そして精神的なゆとりもない。

 

 

自分の人生を送るだけのが精一杯の人生でした。

 

 

毎日が絶望の連続で、

朝、起きては子供を保育園につれていき、そこから会社に行く。
そして、夜遅くまで会社で働いたっら、後は家に帰って寝るだけ。

 

 

まさに、会社で働く事と、子供を保育園に送ることが

僕の人生の全てでした。

 

人生を生きるために会社で働いているつもりが、
会社で働くために生きていたのです。

 

この現実を知った僕は、自分を恨みました。

 

 

「なんで、こんな人生しか歩めないんだよ!!!」

 

 

自分の実力の無さにがっかりしましたし、
自分の情けなさも恨みました。

 

「しょうもない父親でごめんよ・・・」

 

嫁や子供にも申しわけなさでいっぱいでした。

 

 

ただ、いくら強く思ったところで、現実は変わらないのです。

 

しかも、さらに絶望的だったのは、
この負のサイクルから抜け出す方法が無いと分かった時でした。

 

 

それまで僕は、会社で働くことでしか、収入を得る方法は分かりませんでした。
それに、

 

 

「 会社で働くことが安定した人生だ。」

 

 

そんな価値観を植え付けられながら教育されてきたので

 

会社で働く事があたりまえだったし
会社で働くことが正義

 

そんな固定観念さえ持っていたのです。

 

 

「僕の人生こんなものなのか・・・」

 

 

 

会社で働く事に何の疑問も持たない僕は
自分の人生に絶望しか感じられませんでした。

暗い未来しか想像できませんでした。

 

 

しかし、ずーっと感じていた絶望感ですが、
ようやく開放される瞬間が訪れたのです。

 

 

それがネットビジネスとの出会いでした。

僕は、収入の少なさにずーっと悩まされていました。

 

収入が少ないので働かなければいけない

夜遅くまで残業を強いられる

家族や自分の時間が無い

仕事だけの人生に、精神的ゆとりが失われる

会社でしか収入を得る方法を知らない

 

こんな負の連鎖を繰り返していたのです。

 

でも、ネットビジネスであれば、その悩みは吹っ飛びます。

だって、お金稼げるんですもん。

 

今回の負のサイクルの原因は

お金が無いことから始まります。

 

 

その根本原因が解決できるわけですから。

 

 

しかも、はっきり言って誰だろうと稼げるし、上限はありません。
やればやるほど稼げるようになります。

 

 

もちろん、ちゃんと勉強してやる前提ですよ。

「バスケの練習せずにバスケ上手くなりますか?」

と言ったようなアホなことではないです。

 

バスケの練習すれば、バスケ上手くなりますよね。

試合で点数取れるようになりますよね。

 

 

って話です。

ごくごく当たり前の事。

 

でも、会社員の多くの人がビジネスを勉強する

なんてことはしていないでしょう。

 

「会社で昇進するには・・・」とか

「自分の業務内容を勉強する」

的なミクロな視点では勉強しているかもしれません。

 

 

でも、もっと別のマクロな視点、要はビジネスの原理原則と言った、

抽象度の高いことに対しては学ぶことができていません。

 

だから、ビジネスで稼ぐことができないのです。

 

 

現に僕がそうでしたらかね。

 

会社の仕事のことにしか目が行かない。

人間関係や、業務内容と言った、

狭い視野でしか世界を見れてませんでした。

 

 

だから、世界が狭い狭い。

この世界は広いのに、1つの会社の視点でしか

世界を見ることができなかったんですから。

 

ただ、その会社のお陰で、今では広い視野を持つことができました。

それはそれで感謝していますよ。

 

 

現に、僕はビジネスを学び、それをインターネット上で行うだけで

毎月5万円の収入があります。
そして、今もその収入を伸ばそうと、ビジネスを拡大しています。

 

 

ちなみに、僕がビジネスを教わっている人では、

副業で月収100万円稼いでいる人もいます。

 

 

副業だろうと、それだけ稼げることができる世界なわけです。

まさに異次元の世界ですよね。

 

 

会社に勤めているだけでは体験することのできない世界です。

 

僕がこの世界を知った時に初めて

 

 

 

「あぁ、こんな世界があったのか・・・。」

 

 

 

と、人生の希望を見い出すことがでました。

 

真っ黒い暗闇の中をさまよっていた僕に
一筋の光が降り注ぐような感覚でした。

 

 

今まで何となく生きてきた32年間の人生が
ネットビジネスに出会うことで、ガラっと180度変わったのです。

 

 

 

お金が無いことで苦労しましたし、
お金が無いことで精神的な余裕もありませんでした。
お金が無いことで嫁や子供、自分の時間も持てませんでした。

 

その僕が、ビジネスの勉強さえすれば、

自分の力でお金を稼げるということを知りました。

 

 

これを人生の希望と呼ばず、なんと呼べばいいのでしょうか?
それくらい衝撃的な出会いでした。

 

 

もちろん、ネットビジネスと聞いたところで、最初から

 

 

 

「ネットビジネスなら稼げるぞ!」

 

 

と思っていたわけではなく、むしろ、

 

 

「なんかこれメチャクチャ怪しいぞ。詐欺かこれは!?」

 

 

こんな風に思っていましたよ。

でも、当時の僕はネットビジネスにすがるしか無かったのです。

 

 

「今から人生を変えるにはこれしかない。」

 

 

藁をもつかむ思いと言ったほうが正しいでしょうか?
そんな気持ちで取り組み始めたのです。

 

 

今では、その判断は正しかったと思っています。

 

そのおかげもあり、

月5万円の収入が毎月入るようになりました。
ちなみに、目標は月収100万円です。

 

それくらいの金額があれば、会社を辞め家のローン払って、

嫁と3人の子供たちを僕一人で養うくらいできます。

 

 

月収100万円なんて、ネットビジネスに出会う前の僕は
目標なんてたてられなかったし、想像すらできなかったでしょう。

 

 

でも、そういった目標を持てるようになりました。

それだけ人生の価値観が変わったのです。

 

 

ネットビジネスに出会う前の僕は、

収入の低さに人生に絶望しか感じることができませんでした。

 

でも、ネットビジネスに出会い、お金を稼げることを知った僕は
人生に希望を感じることができたのです。

 

 

 

日本人はよく、お金を稼ぐことが卑しいと考えることが多いです。

でも、それってなんでなんでしょうか?

 

 

僕が思うに、日本人て

出る杭を打ちのめす文化があります。

 

 

お金を稼いでいる人がいれば

妬み、僻み、なんとか引きずりおろそうとする。

 

 

そういった文化があります。

 

 

よく、芸能人や政治家のコメントに対して

明らかに不必要なほど、炎上したりしますよね。

 

それって、結局自分より上と感じる人に対して、

引きずりおろそうとしているだけなんです。

 

 

だから、お金稼ぎは卑しい

なんて言葉が生まれてくるんだと思います。

 

 

でも、僕が今生き甲斐を感じる世界は違います。

 

 

各々が自分のできることを最大限に活かし、

他人の批判なんかではなく、自分がどう成長するか?

そういう事を考えている人達ばかりです。

 

 

世間一般では意識高い系とバカにしている人達もいますが、

人をバカにして自分を保っている人達よりは

自分の成長を目指す人の方が何百倍もマシだと思いませんか?

 

 

 

それに、やっぱり生きていくにはお金は必要なんですよね。

あれば有るほどいいです。

 

でもって、自分の力でお金を稼げることの

何がいけないことなんでしょうか?

 

 

もちろん、お金だけが全てではありませんよ。
でも、生きて行くにはお金は必要絶対に必要なのです。

 

 

だからこそ、僕はお金を稼ぐことで、

人生の希望を見いだせたのです。

 

 

僕はまだ、それほどお金が稼げているわけではありません。

苦労もたくさんしています。

 

でも、人生には希望を感じています。

 

 

なぜなら、インターネットビジネスという世界を知ったからです。

 

 

この世界を信じろなんていいません。

でも、そういう世界があるということだけは、知っておいてもらえれば幸いです。

 

最後まで、有難う御座いました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕は10年勤めた会社を退社しました。
副業で月50万円稼げたからです。

今でも毎月何十万円というお金がほぼ働かずとも入り続けています。

「おいおい、そんなのありえないでしょ。」

と思われるかもしれませんが、これは、嘘偽りのない事実です。

僕は生まれて33年間、自分に自信が持てず、
いつも人の顔色ばかり伺ってました。

自分には価値がない、自分は成功なんてできない。
そう思っていました。


でも、副業を始め、ビジネスをやるようになってからは、
お金は入るは、自信は出てくるは、会社は辞めれるはで
人生がガラッと変わりました。


結果、毎日家族と一緒に過ごせるので、
本当に幸せな日々を送っています。


こんな体験をして、

「どんな人でも、成功することなんてできるんだな」
というのがよくわかりました。

自分に自信がなく、他人の顔色ばかり伺う僕が
どのようにして副業で月50万円稼ぐ道を歩んだのか
そんなことを下記の記事で紹介しています。

→副業で月50万円稼いだゆーいちのプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー