正社員の給料が安いだと?会社の給料は貰うのではなく・・・

こんにちは、ダンディーです。

 

「うわー、うちの会社、
正社員でも給料安いし残業当たり前だし
超絶ブラックじゃねーか!!」

 

これは、会社員の僕が
10年目まで、ずーっと思っていたことです。

 

僕はそれまで

「給料は会社から貰うもの。」

 

そう思っていたんですね。

 

 

ただ、この前とある本を読んで
その価値観をガラっと変えさせられました。

 

今日はその話をしていきますね。

 

給料は自分で稼ぐもの

給料は自分で稼ぐものということです。

 

いやいや、そんなん聞いたって
全然意味分からないし!

 

と思いますよね。

はい、僕もそう思います(笑)

 

給料は自分で稼ぐって言ったって
そんなん決めるのは、結局会社じゃん!

 

ってことですよね。

いやーわかります。

 

自分で何を言おうが、

結局会社の正社員である以上、
会社が全て決めてしまうんですよね。

 

これも、僕が思っていたことです。

 

確かにそう。
その事実は変わらない。

 

ただね、仕事に取り組む姿勢は別。

 

「会社の給料20万だから、その分だけ働こう」

とか

 

「あー給料これくらいかー」

と、のうのうを生きていては
給料は上がらないんですよね。

 

僕はその事実に、ようやく気付くことができました。

 

そうではない、給料は自分で稼ぐもの。

 

コレ大事なんで、もう一度いいます。

 

 

給料は自分で稼ぐもの。
僕はこの言葉を聞いて、
給料は稼ぐものということを
意識するようにしました。

 

自分で給料を決めて、自分でその分だけ働く
そういう姿勢で取り組むようにしたのです。

 

今までが年収350万位。

なので、年収500万は欲しいとおもった時
年収500万の働きをして自分で稼ぐぞ!

 

と思って、仕事に取り組んだわけです。

 

ただね、残念なことにうちの会社は、

資格を取らないと昇給しないというクソシステム。

 

なので、僕の給料は上がらない(笑)
「なんじゃそのシステム。
社員から非難轟々やんけ!!!」

 

と周りと話していました。

 

ホント、そういった基準はイラないですね。

 

しかも、ここ何年かで決まったこと。

いや、別に会社がそれでいいなら
それでもいいですよ。

 

 

ただ、人は入れ替わる事を覚悟した上で
ヤッているんだよねと自覚してればの話。

 

自分の会社の理念が変われば
集まる人も、留まる人も変わるよね。

 

おそらく、そんなことまで考えていないでしょう。
まあ、それは置いといて・・・

 

 

僕は、今の会社をやめて独立するので
今の会社で給料が上がらなくとも
年収1000万稼ぐという思いの元働きます。

 

そうなるとどうなるか・・・

 

年収1000万の人なら
どういった仕事をするか考え、
そのように行動するようになります。

 

もちろん、最初からうまくはいきませんよ。

 

でも、今から年収1000万の気持ちで働いていたら
そりゃあ給料上がるよね。

 

上がらない訳がない!

 

 

なので、自分でいくら稼ぐか決めて
その上で仕事に取り組む。

 

僕は、そういった姿勢で
取り組んでいくことにしました。

 

 

ただね、いくら給料を決めて、
実際にその分働いたとしても
会社が給料あげてくれるかは別問題です。

 

 

そこが問題。

 

じゃあ次にその問題について
話していきましょう。

 

結局給料上がらんやんけ・・・

さて、給料は自分で決めて
その金額に見合う働きをすればいい

 

ということを話しました。

 

 

ただね、実際会社が給料を
あげてくれるかは別問題。

 

これはホント、今の日本でクソなところです。

 

自分に見合う仕事をし、
それだけ働いたとしても
結局は周りとそこまで大差ないわけです。

 

僕もそうですが、
実際そうじゃないですか?

 
  • 働いても働いても、給料なんて
    同期と殆どかわらない。
  • 何年働いたとしても、あがる給料は少額
  • 給料上がらない上に税金だけ増える始末。
 

僕が1年働いて、上がった給料は2500円でした。

それに、毎年給料が上がるわけじゃない。

 

「なんでこんな給料あがんねーんだよ!」

 

と、よく思いました。

 

しかも、給料上がらない上に税金だけ増える始末。

去年の自分の給料より手取りが下がる
なんてこともありました。

 

 

これってマジ笑えねー

 

働けど働けど上がらない給料。
そして、増える税金。

 

しかも貰える給料なんて、ほぼ固定

 

残業コレくらいして
最大いくらくらい貰える

と、毎月だいたい固定の金額です。

 

 

要は、上限値が決まっているので
自分で稼ぐという感覚がないんですよね。

 

むしろ、稼ぐというと、
残業して稼ぐしか無い・・・

 

というのが、人のやる気を削いでいます。

 

 

能力に見合う給料がもらえない。

 

このシステムはホント排除した方がいいです。
と言っても、実際はなくならないのが今の現状。
それに気づいた時、僕は思いました。

 

 

「自分で稼ぐしか無い!」

 

 

給料稼げないし、上限も決まっているのであれば

別のところからの収入を増やすしかないやんけ!

 

そう思うようになったのです。

 

 

副業禁止!?
うーん・・・知らね。

 

 

そんな就業規則守ってても、

いざという時、会社は自分の事守ってくれるの?

 

と考えた時に出た結論は

「会社は守ってくれない」

 

という結論でした。

 

 

僕の同期に、うつ病で休職した人がいたんですよ。

 

この前、その人と話た時、
どんな生活か聞きました。

 

すると驚くべき答が返ってきたのです。

 

 
  • お金の面で補助が出るけど、
    通院代の支払いで補助はすべてなくなる。
  • 貯金を切り崩して生活していた。
  • 会社の人事から、仕事に復帰するのか、
    会社をやめるのか迫られる。
 

 

こんな話。

 

マジか・・・そんな生活なのね。

と、ものすごく驚きました。

 

特に、衝撃的だったのは

人事から会社に復帰するか
辞めるのかの二択を迫られるという話。

 

 

確かに、会社としては不利益を出しているのかもしれない。
会社が倒産してしまえば、全社員が路頭に迷う。

 

ということもよくわかります。
会社としてやるべきというのも、よくわかるんですよ!

 

 

ただね、その原因を作ったのは誰?

 

って僕は聞きたい。

 

もちろん、うつになるまで働いた本人も
悪いと思いますよ。

 

でも、本人が全てじゃないでしょ?
会社も悪いし、客先も悪い
(うちの仕事は客先でする仕事)

 

要は、みんなにそれぞれ責任があるわけ。
それなのに、本人だけに全てをおっかぶせる。
そのシステムがイケテナイなぁ・・・
とつくづく感じた。

 

そう、結局会社は自分の事なんて守ってくれないし
国も自分の事を守ってくれない。

 

何かあれば使い捨て。

 

それが、今の会社員の立ち位置なんだよね。

 

 

ただ、それはそれで仕方ない。
だって、会社員の使い捨て要因なんて、
この世にゴマンといるから。

 

ダメなら次の人を補充すればいいや
くらいの気持ちでしかないんです。

 

 

日本は社畜精神旺盛であり、
学校は会社員養成所だから。

 

会社員として、
人の言うことを聞き。
自分の考えを持たない。

 

こんな都合のいい労働者を

大量に生産しているのが学校なわけ。

 

 

これはヤバイ・・・

 

 

その事実に気づいた時、
僕はようやく、自分で考え
自分で行動するということを始たんだよね。
「いやー会社員は楽でいいわー
今の生活のままで満足満足」

 

って言うのであれば、
別に止めません。

 

それはその人の価値観であり
その人の人生ですから。

 

それはそれでOK

 

 

でもね、僕はそんな人生じゃなかった。

 
  • 「なんで人生こんな辛いのよ。」
  • 「もっと別の生き方ないの?」
  • 「僕、会社のために生きてるんじゃないんだけど」
 

こんな風に思ってた。

会社に勤めることが、心底嫌だった。

 

人生の時間の殆どを会社で過ごす。
家族と一緒に過ごす時間なんて殆ど無い。
自分のやりたいことをやる時間も殆どない。

 

定年後は自由?

 

違うね。

 

若い内に牢屋で働かされて、
おじいちゃんになったらポイされる。

 

定年後なんて、体のいい言葉使いしてるけど

現実はそうでしょ?

 

 

おじいちゃんになってから、
満足に遊ぶことできます?
それなら、若い内に遊んでおいた方が
全然よくない?

 

 

そう思って、僕は起業の道を選びました。

 

ただ、いきなり起業と言っても、
それはハードル高すぎ(笑)

 

 

だから、僕の場合は副業から始めたのです。

しかも、インターネットビジネス。
インターネットビジネスであれば、
家にいてもできるし、どの時間にもできる。

 

1日1時間とかからでも始めることができます。

 

 

だから副業として
ネットビジネスを始めたんですよ。
今では少しづず稼げるようになってきました。

だから、会社はもう辞めます。

 

そして、自由に向かって突っ走って行きます。

 

 

最後に・・・

最後まで読んていただき
有難う御座いました。

 

給料は自分で稼ぐもの

 

こういった視点は今まで無かったです。
そして、会社員のまわり人を見ていても

 
  • 「給料上がらねーわ!」
  • 「うちの会社クソだわ!」
  • 「仕事超つまんねー!」
という愚痴を言う人は沢山います。

 

ただ、僕からしてみれば
文句あるなら会社やめて別の会社行くなり、

自分で起業するなりの努力したら?

 

と思う。

でも実態は違う。

 

努力も何もせず、ただただ文句を言うだけ。
そういう人ばかりですからね。

 

ただ、あなたは違うと思います。

 

そういう人ではないと思うし、
もしそうだとしても、今回の話で
気づくことができたでしょう。

 

 

今がどうかは関係ありません。

これから先どうなりたいのか・・・

 

こっちのほうが100倍重要です。

 

 

今が何もできないから、未来も何も出来ない
というのは、実は因果関係なんてないんだよね。
それは、自分で可能性を閉じているだけだから。

 

そうではなく、

あなたはこれから先どうしていきたいのか?

 

 

自分に素直になってみて下さい。
そういうことを考えてみて下さい。

 

その上で、本当に自由になりたい

今の人生を変えたいと思うのであれば

副業から初めてみてもいいと思います。

 

また、僕自身メルマガを発行していて
副業でお金を稼いでいく方法を伝えています。

 

なので、もしよければフォームから申請してもらえれば
メルマガをお送りするので、読んでみてください。

 

僕は少しだけ、先に行っているので

あなたがよければ、ぜひついてきて下さいね。

 

では、最後まで読んでいただき

有難う御座いました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕は10年勤めた会社を退社しました。
副業で月50万円稼げたからです。

今でも毎月何十万円というお金がほぼ働かずとも入り続けています。

「おいおい、そんなのありえないでしょ。」

と思われるかもしれませんが、これは、嘘偽りのない事実です。

僕は生まれて33年間、自分に自信が持てず、
いつも人の顔色ばかり伺ってました。

自分には価値がない、自分は成功なんてできない。
そう思っていました。


でも、副業を始め、ビジネスをやるようになってからは、
お金は入るは、自信は出てくるは、会社は辞めれるはで
人生がガラッと変わりました。


結果、毎日家族と一緒に過ごせるので、
本当に幸せな日々を送っています。


こんな体験をして、

「どんな人でも、成功することなんてできるんだな」
というのがよくわかりました。

自分に自信がなく、他人の顔色ばかり伺う僕が
どのようにして副業で月50万円稼ぐ道を歩んだのか
そんなことを下記の記事で紹介しています。

→副業で月50万円稼いだゆーいちのプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


>>下記画像をクリックして副業月収50万物語の続きを読む<<




>>漫画の続きが気になる方はこちらをクリック<<