昇給なしとかマジありえねー!期待した自分がアホだった。

会社に勤めていれば、

いつか沢山お金を稼げるようになるだろう。

 

10年も勤めれば、年収600万くらいは

稼げるようになる。

 

裕福な暮らしと、家族との幸せな時間。

 

そんな生活をイメージして社会に入った。

今の会社に就職した。

 

 

しかし、現実はそうではなかった。

まさに、地獄だったのだ。

スポンサードリンク


 

こんにちは、ダンディーです。

 

「昇給なしとかマジありえねー・・・」

 

僕が、会社に入った後に

毎年思っていたことです。

 

あなたの会社はすぐに昇給し

満足しく給料をもらえていますか?
僕の会社はもらえてません。

 

昇給しない、要は給料があがらない。

そして毎年増え続ける税金。

 

 

ホントあり得ない世界でした。

 

毎日毎日、夜遅くまで働かされる。

上司になじられ。

夜遅くまで残業し、なんとか仕事を終らせる。

 

客の言うとおりやっても、

「こんなんじゃない」

 

といって、すぐにやり直させてくる。

 

しかも、

「明日までに作ってこいよ」

 

 

こうやってがんばってきたのに。

昇給なんてなし。

 

今の会社というか

今の社会がホントありえないです。

 

頑張ったら、必ず成果が出る。

 

 

そう思っていた時期がありました。

でも、そうでは無かったのです。

スポンサードリンク


 

確かに、昇給し、会社での地位も上がり

給料も上がる。

 

そういう人も頑張ってきたでしょう。

 

でも、頑張っからと言って、

必ずしも昇給するわけではないのです。

 

 

しかも、昇給したとしても、

月3000円上がるくらい。

 

そんな状態耐えられない。

どれだけ頑張っていると思っているんだ。

 

 

そういう経験を経て僕は学んだ。

 

 

会社は頑張ったとしても

報われる世界ではないということ。

 

 

もちろん、僕以上に頑張っている人はいる。

だから、急激な昇給は望んでいない。

 

でもさ、10年同じ会社に勤めても、

新人の時とそこまで給料変わらないのは

ないんじゃないかな?

 

と思う。

人間関係に苦労し、

嫌な上司のネチネチ小言を言われながら

仕事をやり続ける。

 

夜遅くまで残業し、

ようやく帰れると思いきや

人身事故で電車が遅れることも・・・

 

 

 

あれって、メチャクチャ

テンション下がるんですよね。

 

そんな、毎日を過ごしても

昇給なんてなしですから。

 

僕は会社に見切りを付けた。

 

 

「僕は、会社のために生きているのではない。」

 

 

そう強く思ったのだ。

 

ただ一方、今の生活はどうかというと、

180度違う。

 

僕は今、副業をやっている。

その副業は、やればやるだけ

成果が出て来るのだ。

 

今月も、報酬が月30万円ペース。

 

 

会社とはまったく違う世界。

完全成果報酬型だ。

 

会社の場合、どれだけ頑張って

どれだけすごい結果を出したとしても

昇給なんてほぼなし。

 

あって、数千円の世界。

 

逆に見られのは、成果ではなく

働いた時間だ。

 

サービス残業なんてクソな文化も

蔓延はしてしまっているが、

基本的には働いた時間分だけ

給料が貰えるシステム。

 

要は、どれだけ頑張ろうが

どれだけサボろうが、

働いた時間しか見られないのだ。

 

 

「あいつは夜遅くまで頑張っている」

 

これが会社の上からみた

人への評価なのだ。

 

 

まったくもってあり得ない。

 

仕事をしっかり終わらせ、

早く帰るのが悪いことなのか?

 

「残業して当たり前」

 

なぜ、こう思われるのか?

 

違う、残業なんてしたくない。

僕は残業してお金を貰うより

家族との時間の方が欲しい。

 

でも、そんなのは上は理解しない。

 

 

マジありえねー。

 

でも今、僕がやっている

ネットビジネスでは、まったく世界が違うのだ。

 

 

マジビビった。

 

月50万円稼いだ時は

本当にビビった。

 

だって、会社の給料より

全然貰うことができたから。

 

 

こんな世界があるんだと、

改めて実感した。

 

 

この世界を知ってしまったら、

もう元に戻ることはできない。

 

ネットビジネスの世界で生きていこう。

 

 

こう思うようになった。

スポンサードリンク


 

結局あなたに何がいいたいかというと、

会社に期待するのは行けない

 

もし昇給、給料を増やしたいと思うのであれば

別に収入源を増やすしかない。

 

 

会社が副業禁止。

 

そういう事もあるかもしれない。

 

ただ、そうなった時に聞きたい。

 

会社はあなたのことを

最後まで面倒見てくれるのか?

 

 

例えば、会社で働かされ続け

うつ病になってしまった。

 

こうなった時に、会社は面倒を見てくれるか?

 

病気になってしまい、仕事をするのが

大変な生活になってしまった。

 

 

こうなった時、会社はあなたの助けになってくれるか?

 

もしなったとしても、お金のことを

なんとしてくれるか?

 

 

それを考えてみてほしい。

 

僕からしてみれば、会社は助けてくれない。

 

もちろん、勤怠面ではなんとかなるだろう。

 

「毎日、16時に退社してもいいよ」

 

こういった調整は可能だろう。

だが、そうなって場合、

以前と給料が同じか?

 

というと、そんな事はない。

 

働いた時間分しか、給料はもらえないのだ。

 

 

これがこの世の現実と僕は知った。

 

自分の身は自分で守らねばならない。

お金は自分で稼いで行かなければならない。

 

僕は、このように学んだのだ。

 

だからこそ、僕は副業をやりはじめた。

インターネットビジネスをやり始めた。

Youtubeをやり始めたのだ。

 

そして、副業で月収30万程度は

稼げるようになってきた。

 

 

もちろん、会社の給料とは別にだ。

 

だから、昇給なしなんてあり得ない

と思わなくなった。

 

むしろ、

昇給なしは当たり前、

金は自分で稼げ!

 

 

と思うようになったのだ。

 

それに、自分で稼げる力がついたのは

すごく自信になった。

 

そして、自分で金を稼げる

ということは生きていく力を付けた

ということにもなる。

 

もし、今会社をクビになったとしても、

別の会社をあわてて探す必要なんかもない。

 

上司に無理難題な仕事を押し付けられても

上司への評価なんて気にせず。

 

「今日はもう帰るのでできません。」

 

と言えるようになった。

この精神的な落差は半端ない。

 

今までは会社からの収入しかなかったため

どうしても会社に媚びるしかなかった。

 

 

でも今は違う。

 

会社からも給料をもらいつつ、

別の収入源もしっかりある。

しかも、会社と同等の収入だ。

 

この安心感は半端ない。

会社に強気に出ることもできる。

 

そして、実はそうやって

強気にでることができると、

なんでか会社からの評価も高くなる。

 

皮肉なものだ。

 

 

会社にペコペコしていたときは

まったく必要とされなかったのに、

副業で稼げるようになり、

「さぁー会社辞める準備するか」

 

という段階になると、

会社に必要とされるようになる。

 

 

世の中、そうやって出来ているんだなと思った。

 

 

僕はもう、昇給なしなんてあり得ないと

言うのは辞めた。

 

それぐらいなら、自分で稼ぐ。

自分の力で給料を増やす。

 

そういった思考の元、

普段の生活を過ごすようになった。

 

 

そして、そんな世界があったこと、

世の中、色んな世界があること。

 

それを改めて知ったのだ。

 

この世界の元、僕は自分の収入を

さらに増やすべき、頑張っていきます。

 

まずは、月収100万円!

これを目指して行きます。

 

では。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕は10年勤めた会社を退社しました。
副業で月50万円稼げたからです。

今でも毎月何十万円というお金がほぼ働かずとも入り続けています。

「おいおい、そんなのありえないでしょ。」

と思われるかもしれませんが、これは、嘘偽りのない事実です。

僕は生まれて33年間、自分に自信が持てず、
いつも人の顔色ばかり伺ってました。

自分には価値がない、自分は成功なんてできない。
そう思っていました。


でも、副業を始め、ビジネスをやるようになってからは、
お金は入るは、自信は出てくるは、会社は辞めれるはで
人生がガラッと変わりました。


結果、毎日家族と一緒に過ごせるので、
本当に幸せな日々を送っています。


こんな体験をして、

「どんな人でも、成功することなんてできるんだな」
というのがよくわかりました。

自分に自信がなく、他人の顔色ばかり伺う僕が
どのようにして副業で月50万円稼ぐ道を歩んだのか
そんなことを下記の記事で紹介しています。

→副業で月50万円稼いだゆーいちのプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー