社畜の僕がブラック企業に感謝した日

この記事は2分で読めます

ブラック企業よありがとう!

 

僕はいつしか、そう思うようになった。

 

 

僕は、ブラック企業に勤めて、散々な目に遭った。

 

毎日毎日、深夜までの残業にはうんざりだった。

夜、21時くらいになると、周りの人もいなくなり

いつも同じ人達が残っていた。

 

その日の仕事の終わりは終電の時間だった。

 

 

毎日仕事に行くのがいやだった。

 

家族とも遊ぶ時間がなかったし、

会社でも、毎日疲れきっていた。

 

僕は、そんな自分の人生に疑問を持った。

 

人生このままでいいのか?

僕の人生はこんな人生しかないのか?

このままじゃ、会社のために生きているも同然だ・・・

 

自分の生き方に対して、疑問を感じたのだ。

 

 

そして、

『こんなクソ会社辞めてやる!!!』

 

という逃げたい一心で、副業に取り組んだ。

 

 

そしたら副業で月50万円稼げた。

自分の力でお金を稼ぐことができたのだ。

 

 

初めて稼いだ時は

 

『え!マジ?

こんな僕でも本当に稼ぐことができるんだ!』

 

 

と思った。

 

もちろん、ネットビジネスが稼げるかどうかなんてのは、

最初は半信半疑だった。

 

僕自身、本当に稼げるとはあまり信じていなかった。

 

 

だが、現実的に稼ぐことができたのだ。

 

 

僕の価値観は、完全に崩壊した。

 

あれだけ残業し、汗水たらして働いてきたのは

なんだったのか?

 

 

 

だが、そんな会社のお陰で

インターネットビジネスに出会うことができたのだ。

 

その結果、

 

 

ブラック企業よ、ありがとう。

 

 

そう感じるようになった。

 

そんなつらい会社の生活から抜け出したい!

と思ったからこそ、インターネットビジネスに出会えたのだ。

 

 

もし僕が、インターネットビジネスに出会わず

会社員を続けていたらと思うとゾッとする。

 

 

最近は、高齢者の定義も65歳から75際へひき上げる

なんて報道もされている。

 

おそらく、僕が高齢になったとき

定年の年齢も上がってるだろう。

 

それに、

毎日上司に怒られて、

毎日夜遅くまで残業し

自分の人生を送ることができない。

 

それを働き続けるのは、まさに地獄だった。

 

 

 

でも、僕はインターネットビジネスに出会った。

 

 

自由への一歩を踏み出したのだ。

 

インターネットビジネスをやっている人たちは

月に何百万と稼いでいる人がたくさんいる。

 

しかもお金だけでなく、曜日感覚をつかめていない人も多い。

日曜の夜になると

『あー明日も会社かぁ・・・』

 

なんて、悩みこむ必要もないのだ。

 

僕も、そういった人たちのような人生を目指し

頑張っていこうと思います。

家族とともに  
お名前(ニックネーム可)
メールアドレス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ理念とダンディーのプロフィール

はじめましてダンディーです。

自分に自信を感じなかった僕が
如何にして充実した生活を手に入れたのか?

そして今後はどのような活動をしていくのか?

簡単にまとめましたのでこちらをお読み下さい

→ダンディーのプロフィール
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

僕の地域の方々はこんな人達