やらなきゃやらなきゃ!自分で全部やらなきゃ!→労働地獄行き

こんにちは、ゆーいちです。

今日は、仕事を全部自分で
やろうとしてたら、労働地獄しか
待っていないという話をしていきます。

 

なぜ、この話をするかというと、
僕がそういう思考の持ち主だったのと、
それにより、いつも仕事に追われていたからです。

でも逆に、仕事を人に
任せられるようになるだけで
自分は働く必要がなくなってきます。

そうなると、結果的に働かずとも、
お金が稼げるようになり、
自由な時間も増えるし、
他のビジネスもできるようになる。

他のビジネスをやると、さらにお金が増えて、
収入源をいくつも持つことができる。

収入源が増えれば、収入安定するし
精神面でも安心できるようになります。

そういったことが可能になってきます。

 

ただ、今でこそ、仕事を人に任せるように
なった僕ですが、それでも以前は
全部自分でやろうとしていたんです。

今日は、そんな物語を話していきます。

 

 

===ここから======

僕は以前、仕事はすべて自分でやるべきだ!

そう思って、とにかく自分で
仕事をやることを続けていました。

ただ、そうすると一つ問題があったのです。

日々やることが多すぎて、
仕事を終わらすことができない・・・

 

僕は普段、Youtubeをやってますが
Youtube1つでもやることは結構あった。

動画作成用のネタを考え
動画の構成を考える。
そこから動画を作成して、
サムネイル作って、
動画投稿する。

そのあとは、過去のデータ分析して、
改善点を洗い出したり
他のチャンネルをリサーチしたり
コメントの返信をしたりする。

で、ほかにもブログをやっているから
ブログの記事を考えたり、
記事を書いたり、メルマガ送ったりと
作業として見える化すると、
かなり仕事量だった。

『あれもやんなきゃ、これもやんなきゃ!
あーあれどうなってたかな?

あ、これ直すんだった!』

なんてことをやり続けていると、
やってることがあちこち飛んで
全然集中して仕事ができなかった。

『どうすっかなー・・・
このままじゃ、収入は増えてっても
時間が全然増えないな。』

うすうす、そう感じるも、
外注さんに時間を割くのがもったいないと思ったし、
その時間を作業に当てたいと思っていた。

そして何より、
他の人に仕事を依頼すること自体が怖かった。

だから、そういったことを
していなかったんです。

でも、そんな生活を続けていったとき
一つのメールに出会ったんです。

 

いつまで、自分で仕事をして
労働地獄を続けているのですか?

労働者じゃなくて、経営者になりませんか?

そういったメールだった。

 

今の労働続きの毎日に疑問をもっていた僕は
なんとなくそのメールに引かれて読んだ。

そこには、外注化しましょう!

といったようなことが書かれていた。

外注化をすることで、
人に仕事を教える技術が身に着く。

それに、それができれば
自分が仕事をしなくとも、
人に仕事をお願いすればお金を稼げる。

自分は人がやったのを見て、
あとはお金払っているだけでいい。

だから、時間も増えるし、
お金も増えるし、仕事も増えるし、
やれることがいっぱい増える。

自分の可能性もどんどん広がっていく。

 

そういったことが書かれていた。

『確かにそうだなー。

外注化ってお金かかるけど、
そこを超えれば、お金稼げるし
人を成長させる人間にもなれる。

それに、教えることができるようになれば
それだけで、能力として役立つなー』

そう感じることができた。
ただ、そう思う反面、

『そうは言っても、外注化かぁ・・・
なんかハードル高いなぁ。』

と、感じていたのも事実だった。

お金払って、元とれなかったらどうしよう
自分が人に教えることなんて、できるのだろうか?
そもそも、こんな仕事やってくれる人いるの?
外注さんに、変なことやっている人がいると
思われたらどうしよう。
今まで教えたことなんてないし・・・

そんな悩みがあった。

確かに外注化にメリットはあったが
それと同じくらい、
外注化に壁を感じていたのだ。

 

『外注化かぁ・・・どうしよう。』

そんなモンモンとした日々を過ごし、
結局いつもの労働を続けていた。

ただ、そんな労働を続けていた時、
ある人にであった。

それが、ある起業家さんとの出会いだった。

その人は、外注さんを使って
月に100万円以上稼いでいた。

外注さんを何十人と雇って、
外注さんを管理する外注さんまで雇っていた。

だから、自分がやることなんてほどんどない。

やっていることと言ったら、
外注さんにお金を払って、
何かあったときにアドバイスをするだけ。

それくらいだった。

それでも、月に100万円以上稼いでいたのだ。

 

『マジかよ!なんかすげぇな!

でも・・・

こんな凄い人だから、
元々コミュニケーションが
好きだったんじゃないの?

僕、コミュニケーション苦手なんだけどよな・・・』

と思ってたんです。

だから少し話を聞いてみると
驚くことに実際は違いました。

起業家さん
『私も最初は、コミュニケーションが苦手で
人と話すのが苦痛でしたよ』

『でも、外注化をやることで、
苦手意識はなくなってきました。

なにより、仕事と割り切って
人と接する事ができたのもよかったです。

あと、外注化を続けることで
人とのコミュニケーション力もついてきたし
仕事を依頼することで
感謝されるんです。

すごくないですか?

自分も成長できたし、
何よりお金も沢山稼げてます』

 

こういうことを言ってました。

『え!仕事を依頼すると、感謝されるんだ!

なんか、仕事を依頼すると
嫌々やられるイメージがありました(笑)』

僕は、仕事を依頼することで感謝される
ということを聞いたのが、
すごく衝撃だったのを、
今でも鮮明に覚えています。

でも、よくよく考えてみると、
『確かに仕事があればお金もらえるし、
そうすれば自然と感謝するよなぁー

特に、仕事ない時に仕事もらえたら
それだけでもありがたいよな。』

と思いました。
こう思った僕は

 

『人に感謝されるっていうし、
んーじゃあ、まずはやってみるか!』

と外注化を始めてみることにしたのです。

その後、外注化のノウハウを手に入れ、
そして実際にやってみると、
思った以上に簡単にできることがわかりました。

外注さんを募集するサイトもあるし、
僕が購入したノウハウは
外注さんとのやり取りや
仕事を依頼するためのテンプレートも
多数存在した。

だから、外注を進めていくことで
困ることはほとんどなかった。

この体験をして、僕はようやく
人に仕事を依頼するということを覚えた。

 

で、それができると
確かに自分の時間が増えて
その時間を使って別のビジネスもできるようになった。

僕の場合は、ブログ記事の外注したり
Youtubeの動画を外注したりした。

そうすると、毎日のように
記事や動画が納品された。

毎日遊んでいても、
別のことをやっていても
記事が納品されていった。

どんどん増えていく、動画や記事。
僕が働かなくとも増えていく状態を
目の当たりにし、

『自分がやらなくとも、
記事や動画が納品されるって、
すげーな・・・』

ホントうに、そう思った。

しかも、動画なんて、1動画50円
記事も1記事200円程度だった。

動画は30本依頼したのだけど、
たったの1500円で30本の動画が
作成されるとか・・・

ヤバすぎ!!!

記事も、6000円で30記事!

以前はお金を稼げないことを
リスクと考えていたけど、
これくらいの金額であれば、
30個のうち、1つでもヒットすれば
回収できることがわかっていた。

だから
『こんなん、リスクと言えばリスクだけど、
リスクと言うほどもことでもないな・・・

それに、1記事書くのが大変だったのに、
それが毎日納品されるとか、
外注化、マジで半端ないな。』

そう思うようになりました。

自分で働くのではなく、
人に働いてもらうだけで
自分の時間もお金も精神的な
ゆとりも増えることを
肌で感じることができたのです。

===ここまで======

僕の外注化との出会いでした。

もし、僕が外注化出会わあなかったら、
一生労働を続けていたでしょう。

それに、人に働いてもらうという
経営者としての視点も身に着けられず
一生労働者の視点で生きていたでしょう。

労働者はしょせん労働者で、
働き続けないと稼げない。

でも、僕が目指したものは違いました。

自分の時間もお金も
精神的なゆとりも手に入れて
自由に過ごすことでした。

そのためには、人に仕事をしてもらうという
技術は一生使っていけるなと思ったのです。

外注化に出会ったのは
今でも本当に感謝しています。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕は10年勤めた会社を退社しました。
副業で月50万円稼げたからです。

今でも毎月何十万円というお金がほぼ働かずとも入り続けています。

「おいおい、そんなのありえないでしょ。」

と思われるかもしれませんが、これは、嘘偽りのない事実です。

僕は生まれて33年間、自分に自信が持てず、
いつも人の顔色ばかり伺ってました。

自分には価値がない、自分は成功なんてできない。
そう思っていました。


でも、副業を始め、ビジネスをやるようになってからは、
お金は入るは、自信は出てくるは、会社は辞めれるはで
人生がガラッと変わりました。


結果、毎日家族と一緒に過ごせるので、
本当に幸せな日々を送っています。


こんな体験をして、

「どんな人でも、成功することなんてできるんだな」
というのがよくわかりました。

自分に自信がなく、他人の顔色ばかり伺う僕が
どのようにして副業で月50万円稼ぐ道を歩んだのか
そんなことを下記の記事で紹介しています。

→副業で月50万円稼いだゆーいちのプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


>>下記画像をクリックして副業月収50万物語の続きを読む<<




>>漫画の続きが気になる方はこちらをクリック<<