千葉・埼玉・神奈川、住むならどこがいいの?

こんばんは、ダンディーです。

プロフィールにも書いてありますが
僕は今、千葉県の船橋市に住んでいます。

スポンサードリンク


 

船橋市と言えば『ふなっしー』の出生地ですね!

 

そしてなにやら、ふなっしーの弟
『ふなごろー』が出てきましたが(笑)

 

でもこの『ふなごろー』は
ふなっしー衰退の匂いがしますね…

 

ふなっしーは、このまま引退しちゃえば、
伝説のゆるキャラになるのになぁ~

 

と、ふなっしーのビジネス戦略に
うだうだ言ったところでどうしようも無いですね(笑)

 

 

都心周辺で住むところを選ぶとなると

はたして、千葉、埼玉、神奈川のどれがいいのか?

 

みんな違ってみんないい!

千葉、埼玉、神奈川のどこがいいかというと、
はっきり言ってしまうと、

 

実際はそんなことはどうでもいいんです。

 

というのも、千葉にもいいとこはあるし

埼玉にも、神奈川にもいいところはあります。

 

もちろん悪い所も(笑)

 

 

そもそも県同士は、比べる対象ではありません。

 

例えるなら、和食、洋食、中華のどれがいい?
と比較してるようなもんです。

 

 

食べたい物は時と場合によりますし
好みも人によって違ってしまうのです。

 

なので、土地によってどう
という差は無いと思って下さい。

 

 

それを踏まえた上で、千葉、埼玉、神奈川の
どれがいいかと言うと

 

 

千葉がおすすめです。

 

 

もっと言うと、西船橋あたりがおすすめです♪

 

 

これがなぜおすすめかというと
各方面に行く路線が充実しているからです。

 

西船橋は

 

総武線

東西線

武蔵野線

京葉線

 

と様々な路線があります。

 

 

なので、都内にも行きやすいし
ディズニーランドへも行きやすいし
埼玉や千葉の奥地へも行きやすい。

 

行動範囲を見るとかなりの広範囲で
動きやすいのでぜひおすすめです。

 

と何だかんだ言いましたが、
最終的な結論んは僕が住んでるからです(笑)

 

 

これは僕が住んでいるから、

えこひいきして見てしまっています。

 

住めば都

これはどんな人にも当てはまるのですが、

 

いざ住んでしまえば、そうとうひどい
マイナス要素が無ければ、大抵慣れます。

 

 

それこそ

 

隣の人と気が合わなかったとか、
近所にうるさい人がいたとか、
大抵、単に運が悪かっただけのことである。

 

 

とは言っても、そんな事は
実際住んで見ないとわかりません!

 

 

一旦住んでしまえば、あっという間に慣れますよ。

 

 

新しいスマホに買い換えて、
しばらくした後に昔のスマホを触った時

 

「今までこんなちっちゃなスマホ使ってたんだ!」

 

と感じるのと同じです。

 

 

住み慣れてしまえばなんともないので
そこは気にせず住む場所を決めてください。

 

No1ではなくonly1を目指す

千葉、埼玉、神奈川の争いは
ずーっと続いています(笑)

 

 

神奈川が一歩リードだ!

千葉はピーナッツだけだろ!

埼玉なんて海が無い!

 

 

そんな不毛な闘いが続いていますが
さきほども言ったとおり、気にしない方がいいです。

 

 

僕らがすべき事は、よくある牛丼屋の
低価格合戦をするということではなく

 

ブランド品の様な自分武器を持つことです。

 

 

千葉に住んだら千葉の

埼玉に住んだら埼玉の

神奈川に住んだら神奈川の

 

良いところも、悪い所も認め

それぞれの地域と接していくこと。
それが、よりよい世界を築いていくと信じています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕は10年勤めた会社を退社しました。
副業で月50万円稼げたからです。

今でも毎月何十万円というお金がほぼ働かずとも入り続けています。

「おいおい、そんなのありえないでしょ。」

と思われるかもしれませんが、これは、嘘偽りのない事実です。

僕は生まれて33年間、自分に自信が持てず、
いつも人の顔色ばかり伺ってました。

自分には価値がない、自分は成功なんてできない。
そう思っていました。


でも、副業を始め、ビジネスをやるようになってからは、
お金は入るは、自信は出てくるは、会社は辞めれるはで
人生がガラッと変わりました。


結果、毎日家族と一緒に過ごせるので、
本当に幸せな日々を送っています。


こんな体験をして、

「どんな人でも、成功することなんてできるんだな」
というのがよくわかりました。

自分に自信がなく、他人の顔色ばかり伺う僕が
どのようにして副業で月50万円稼ぐ道を歩んだのか
そんなことを下記の記事で紹介しています。

→副業で月50万円稼いだゆーいちのプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー