言いたいことを言えないのは勿体ない。言いたいことを言ったら企業コンサルすることになった話

こんにちは、ゆーいちです。

昔は自分に自信がなく会社の歯車として10年働いてましたが、
ネットビジネスに出会い、副業で月50万稼げるようになったので
会社を辞めて独立できるようになりました。

昔は自分に自信が全然なく、
言いたいことなんて、全く言えませんでした。

会社の会議でも、1時間ずーっと何もしゃべらず終わったり
飲み会に参加しても、相手の話を聞いてるだけ。

何かイラっとしたことがあっても、
「イヤ、別に何もないよ」
と、自分を押し殺して我慢して
ストレスだけ溜め続けるなんてこともしてました。

ま、正直こんな自分があまり好きではなかったです。

会議で何もしゃべらず終わるとか
「何のために参加してんだよ」
なんて気持ちになってましたからね。

自分なんて、生きてる価値ないんじゃないかと
思っていたほどです。

 

ただ、そんな僕だったのですが、
今では言いたいことは言えるようになって
企業のコンサルをするようにまで至りました。

普通以下の会社員で、自分なんて無価値と思っていた僕が
企業のコンサルをするなんて、到底信じられないです(笑)

でも、そんなこともできるようになりました。
なぜなら、自分が言いたいことをしっかりと相手に伝えたからです。

結論から言うと、言いたいことを言えないのは
非常にもったいないです。

逆に言いたいことを言えるようになったおかげで
僕はチャンスをつかむことができました。

そして、僕が言えることは、
言いたいことを言えるようになるには
自分が変わるしかなかったです。

こういわれると辛いですが、
正直これが現実でした。

でも、言いたいことをしっかり言えると、
成長できるし、他人からの評価も変わってきます。
相手から信頼されるし、頼りにされるようにもなります。

頼りにされるから、さらに自信がついて、
胸張って生きれるし、役に立ってる自分が誇りに思えるようになります。

 

逆に言いたいことが言えないと、自分の存在意義はなんなんだろう?
とか、自分なんて無価値なんだろうな。

と、セルフイメージも下がるし、
自信もなくなって、生きてても全然楽しくないし
心の底から笑えるような機会も少なくなります。

なので、言いたいことは絶対に言った方がいいです。

ただ、「そんな簡単に言えるかよ!」
という気持ちもよくわかります。

なので、今回言いたいことを言えない自分が
どのようにして言えるようになったのか話していきますね。

 

毎日バカにされて育った子供時代

僕が言いたいことを言えないのは
子供時代バカにされて育ったからというのが大きかったです。

 

僕は、何をするにも親に怒られていたし、
失敗するたび、「あんたバカだねー」と言われて育ってきました。

正直今だったら、「そんなん真に受ける必要ないよ」
と言えるのですが、当時小学生の子供だった僕からしたら
親のいう事は絶対だったし、正しかったです。

親は間違ってないと思っていたので
「あんたはバカだ」
と言われると、
「あー僕はバカなんだ」
と信じ込むようになりました。

 

極めつけは、この出来事でした。

アップルという言葉の意味が分からず
「ねえねえ、アップルってなに?」

と聞くと、返ってきた答えは
「あんたそんなのもわからないの?
バカじゃないの?」

そういわれたことでした。

散々バカにされるのがイヤだったのに
わからないことを聞いたことで
さらに馬鹿にされる。

正直言って、苦痛以外何者でもなかったです。

それを言われた僕は
「バカにされるのはもう嫌だ・・・
わからないことを聞いても、
バカにされるくらいなら聞かないほうがマシだ。」

そう思うようになり、わからないことがあっても
人に聞くことは無くなりました。

しかも、自分はバカだバカだと
毎日さんざん教え込まれてきたので
「バカな自分には価値がない
自分が知らないことでも、それはバカだからで
他の人は知ってることなんだ。

だから、聞いたらバカにされる。
わからないことがあっても、傷つくだけだから
それなら聞かない方がマシだ」

そうなったんですね。
そこからは、常に人の顔色をうかがう人間になったし、
人から嫌われることに、ものすごく恐怖を感じました。

 

だから、「知らない」という事ができなかったし、
言いたいことを言うこともできなかったです。

 

なぜなら、言ったことで相手にどう思われるかわからず
それに対してものすごく恐怖を感じたからです。

ただある日、その考えが
変わる出来事が起きたのです。

 

自分が伝えたことに価値があると知った瞬間

それは、自分が伝えたことで感謝されたことです。

ある日、僕はブログの書き方について教えて欲しい
という人がいたので、それを教えました。

そしたら、自分にとっては当たり前のことであり
何の価値もないだろうと思っていたことなのに
相手からこういわれました。

「今日は有難うございました。
ゆーいちさん、めちゃくちゃ詳しいんですね。

すごく勉強になりました。」

正直言って、自分には当たり前のことだったので
そこまで感謝されると思っていなかったのですが、
現実問題、そうやって言われたんですね。

他にも最近だと、企業が集客に困っていたから
集客するなら広告とかありますよ。

なんて話をしたら、すごく興味を持ったようで
実際にコンサルをお願いされるようになりました。

 

こう聞くと、ゆーいちなんだからできたと
思われがちですが、それではないです。

僕の場合は、自分で勉強した内容を
話したからでしたが、それは誰でもできます。

別に勉強した内容じゃなくても
自分が体験したことでもいいです。

 

例えば、子育てしたことない人から見たら
子育てしたことある人は神レベルです。

彼氏、彼女がいない人から見たら
彼氏、彼女がいる人から見たら神です。

他にも、部活だったり、受験だったり、
趣味のゲーム、映画鑑賞、読んだ本。

どんなことでも経験したことは、
経験してない人から見たら神になります。

 

ビジネス的に考えると、ブログに学んだこととして
書き記しておくとそれはコンテンツになります。

読んだ本の感想だったとしても。
読んでない人からしたら、知りたい情報満載です。

僕自身、アマゾンのレビューなんかを参考にします。

それくらい、自分がやったことに価値あがあると知るのは
めちゃくちゃ重要でした。

 

自分が知ってることだから、みんな知ってると思っていたんですが、
正直いってそんなことはないです。

これができると、自分が知ってることには
価値があると知ることができました。

 

 

ただ、これはあくまで
自分が知っていることを伝えているだけで
言いたいことを言うとは少し違いますが、
僕はこの体験を得て自分に自信がついてきました。

今まで自分に自信がなかったので、
これを知れたのは大きかったです。

なので、自分の知っていることは
どんどん広めていった方がいいなと思うことができました。

 

 

さらに以前は、言いたいことを言うと、
自分がどう思われるかわからなくて怖かったです。

でも、自分が伝えないことには
何も始まらないことがわかりました。

何を伝えないと、何も起こらないから
成長なんてなーんもありません。

 

逆に自分が知ってること、自分が言いたいことを
相手に伝えるから、相手からの反応を得ることがで来ます。

結果、
「ゆーいちさん、ありがとうございます。
おかげで、ブログ書くことができました。」

なんて報告を受けたりもします。

 

できないことができるようになると
うれしいじゃないですか。

だから言いたいことは言うようにしました。

 

とはいえ、最初は怖かったですよ。
今まで怖かったから、急に無くなるなんてことはなかったです。

でも、徐々に言いたいことを言うことで
少しずつ、その恐怖も解消できるようになってきました。

最初は1日1つ、思ったことを言うでもOKです。

その一つが大変なんですが、それができるようになるだけで
全然変わってきます。

言いたいことを言えると、信頼されるようになります。

「こいつは、ちゃんと言ってくれるんだな」

という事が相手に伝わるので、信頼感増しますし、
自分の自信にもつながります。

 

たとえ、それで嫌われる人がいたとしても
そもそも全員に好かれてる人間ていないですからね。

人気がある人を嫌う人って必ずいますから。
だったら、気を使って生きるよりも、自分が生きたいように生きた方がいいです。

自分が我慢して、我慢して、落ち込むよりは
もっと気楽に言いたいこと言っていった方が気が楽ですからね。

なので、そうやって生きるようにシフトしていきました。

 

まとめると、自分が言ったことには価値があるから伝えた方がいい。

全員から好かれるから無理なんで、どうせ嫌われるなら
自分と合わない人から嫌われた方がいい。

ってことです。

 

では
ゆーいち

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕は10年勤めた会社を退社しました。
副業で月50万円稼げたからです。

今でも毎月何十万円というお金がほぼ働かずとも入り続けています。

「おいおい、そんなのありえないでしょ。」

と思われるかもしれませんが、これは、嘘偽りのない事実です。

僕は生まれて33年間、自分に自信が持てず、
いつも人の顔色ばかり伺ってました。

自分には価値がない、自分は成功なんてできない。
そう思っていました。


でも、副業を始め、ビジネスをやるようになってからは、
お金は入るは、自信は出てくるは、会社は辞めれるはで
人生がガラッと変わりました。


結果、毎日家族と一緒に過ごせるので、
本当に幸せな日々を送っています。


こんな体験をして、

「どんな人でも、成功することなんてできるんだな」
というのがよくわかりました。

自分に自信がなく、他人の顔色ばかり伺う僕が
どのようにして副業で月50万円稼ぐ道を歩んだのか
そんなことを下記の記事で紹介しています。

→副業で月50万円稼いだゆーいちのプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


>>下記画像をクリックして副業月収50万物語の続きを読む<<




>>漫画の続きが気になる方はこちらをクリック<<