妊婦のお正月!帰省すべきかすべでないか!?

妊婦のお正月って大変ですよね。

 

妊婦だから正月太りも気にしなきゃいけない、
寒くても風邪を引かないように、注意しなくてはいけない、
気を付けなくてはいけないことが沢山あります。

スポンサードリンク


ただ、そんな中でも妊婦が正月に一番気を使うのは
実家への帰省ではないでしょうか?

 

 

僕の嫁も妊婦中なので、他人ごとではありません。

 

なので、今日は妊婦は正月に帰省すべきか?
という事について見ていきましょう。

帰省

妊婦は正月に帰省すべき?

僕の場合は、嫁の実家に帰省します

 

場所が千葉→北海道なので、
若干の不安はありますが・・・

 

でも、今の子供達に雪で遊ばせたいし、

嫁の実家なので、嫁自信もゆっくりできる

 

というメリットもあるので、今年も行くことにしました

 

 

ただし、妊婦の帰省問題は本当にケースバイケースだと思っています。

 

そんな中、一番に優先すべきなのはやはり

 

 

妊婦の意思と子供の安全です

 

 

よくある問題が旦那側の実家に行く場合です。

 

そうなると、嫁が常に気を使わなければいけなくなってしまいます。

 

ただでさえ妊婦で精神的に疲れているのに
余計に疲れさせるような事になってしまうのでおすすめできません

 

 

いくら旦那側の両親が来てほしいと言っても、
旦那自体が気を利かせて断るべきだと僕は思います。

 

こういう時に、旦那が

 

「親が言ってるから」

 

と親側についてしまうと、嫁はとても不安になります。

 

 

嫁の体調、そして子供の安全、これを第一優先に考えて、
最悪、今年行けなくても、来年は子供を連れていけるので、

我慢してもらうのが一番いいでしょう。

 

 

逆に、それでも来てほしいというのなら、
両親にとっての孫の存在は、その程度!

と捉えられても、仕方がないと思います。

 

 

そのあたりは嫁と旦那が協力して、決めて行きましょう。

 

とはいっても、もろもろの事情があって
どうしても帰省しなければいけない。

 

そういう場合もあるでしょう。

 

では、そんな時はどうすればよいのでしょうか?

 

スポンサードリンク


 

帰省しなければならなくなった場合

妊婦が帰省しなければならなく場合、
一体どうすればいいのでしょうか?

 

 

まずすべきことは、医者への確認です

 

 

妊婦検診で見てもらっている担当医に相談してください

 

もちろん妊婦自身の状態により、
行くべきでないと判断される場合もあるでしょう。

 

その場合は、やはりそれを理由に行くべきではないです。

 

 

どんな理由であろうと、子供の未来と、帰省の必要性
どちらが大事なのかを考えてください。

 

 

そして帰省しても大丈夫と判断された場合は

 

乗り物に乗る際の注意点、休憩を取るべき感覚

 

などなど、帰省する上で注意すべき点を確認してください。

 

 

 

あとは、最悪を考えて、紹介状も書いてもらうと良いでしょう

何かあった時のために、迅速な対応が取れるよう、
そこは担当医にお願いして下さい。

 

 

もしかしたら、何かが原因で状態を直接伝えることが
できない可能性もあります。

 

そういう時のためにも、紹介状は書いてもらうようにしてくださいね。

 

 

ただし、担当医からの返答が
「行ってはダメ」と言われたが、どうしても
会う必要のある、という場合もあるでしょう。

 

そういう時はこうするのが良いです

帰省出来ない時の対処法

なるべく帰省しなければいけない!

 

でも子供の事を考えると帰省できない。

 

そういう場合もあるでしょう。

 

 

では、そういう場合はどうすればいいのかと言うと

 

 

相手に来てもらいましょう

 

 

あなたの代わりに相手に来てもらう
これで十分です。

 

ただ、向こうから来てもらうのが

申し訳ないと感じる時もあるでしょう。

 

もし、そうであれば、交通費をあなたが負担する

 

などして、来てもらうのでもいいでしょう。

 

 

帰省できないけど、どうしても会いたい
と思うのなら、そういう方法もありますよ!という事です。

 

 

ただし、あまり帰省したくないんだよなぁ~
と思っているいるのなら、「医者に止められているから・・・」
と断ってしまうのもありだと思います。

 

 

帰省するしないは、家族や親戚付き合いと
色々と判断が難しい場合があります。

 

 

でも、まずはお腹の中の赤ん坊優先で
帰省する、しないを考えてくださいね。

 

 

まとめ

母親になる妊婦とお腹の赤ん坊の事を

第一優先に考えて行動すること。

 

そのために、まずは母親の意思と体調を考える。

 

行ける場合は医師に確認し、帰省する際の注意点や

紹介状などを書いてもらうい、何が起きても対処できるようにしておく。

 

 

次に、医者に『行かない方がいい』と言われ、嫁も行きたくない場合、

 

『医者に行かない方がいい』

と相手に伝え、今回は見送る。

 

 

また、医者に『行かない方がいい』と言われ、嫁は行たい場合、

 

相手に来てもらう。

 

など方法はいくらでもあるので、ぜひあなたに対する最善案を

考えて行動するようにしてくださいね。

 

最後まで読んでいただき、有難う御座いました。

ダンディー

 

 

それが一番良い解決策になるのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕は10年勤めた会社を退社しました。
副業で月50万円稼げたからです。

今でも毎月何十万円というお金がほぼ働かずとも入り続けています。

「おいおい、そんなのありえないでしょ。」

と思われるかもしれませんが、これは、嘘偽りのない事実です。

僕は生まれて33年間、自分に自信が持てず、
いつも人の顔色ばかり伺ってました。

自分には価値がない、自分は成功なんてできない。
そう思っていました。


でも、副業を始め、ビジネスをやるようになってからは、
お金は入るは、自信は出てくるは、会社は辞めれるはで
人生がガラッと変わりました。


結果、毎日家族と一緒に過ごせるので、
本当に幸せな日々を送っています。


こんな体験をして、

「どんな人でも、成功することなんてできるんだな」
というのがよくわかりました。

自分に自信がなく、他人の顔色ばかり伺う僕が
どのようにして副業で月50万円稼ぐ道を歩んだのか
そんなことを下記の記事で紹介しています。

→副業で月50万円稼いだゆーいちのプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー