これで大丈夫!入社式で魅せる自己紹介を1分で行う3つのコツ!

4月になり、新入社員は、これから会社で働いていくのでしょう。

ただ、その前には入社式があります。

 

この入社式で良い自己紹介ができれば
社会人としてのスタートダッシュがきれると思いませんか?

スポンサードリンク


 

そこで今回は、入社式の自己紹介で、一目置かれる
3つのコツをお伝えしたいと思います。

 

ただ、3コツをお伝えする前に、まずは自己紹介で話すべき
基本的な内容を見て行きましょう。

 

自己紹介の基本形

基本的に自己紹介とは
『僕はこういう人間ですよ』
と、自分のことを紹介するものです。

 

なので、みんなと同じことを話すのではなく、
あなたのことを話すようにしてください。

 

 

そこで、みんなと差別化することが

 
  • あなたの名前
  • あなたが今まで取り組んできた事
  • あなたが今、興味があること
  • どうやってこの会社まで辿り着いたのか?
  • 今後どうしていきたいのか?
 

というようなあなたのストーリーを伝えるようにしてください。

 

 

ただ、こう言うと

 

『僕にはストーリーなんてないよ』

 

と思うかもしれません。

 

 

でも、あなたが当たり前にやっていることが
他の人には特別な事になるので、心配しないでください。

 

今までのあなたを、思いだしてみるとよいでしょう。

 

 

ここが、あなたの事を差別化する第一歩なので、
ぜひ考えてみてくださいね。

 

では次に、基本を踏まえた例文を見てみましょう。

 

スポンサードリンク


 

基本を踏まえた自己紹介の例文

では、僕なりの自己紹介の例文を紹介します。

 

=======ここから============

 

『はじめまして、〇〇××と申します。
私は今、○○才です。

 

××県出身で、○○大学××部を卒業しました。

 

僕は中学、高校とバドミントン一筋で
週7日間、毎日毎日練習をしていました。

 

練習や周りのサポートのおかげもあり

県でベスト8まで入ることができたのが、

高校時代の大切な思い出です。

 

 

大学ではバドミントンを引退し、
スラムダンクに憧れてバスケを始めるようになりました。

 

大学の友達や、地元の友達とバスケをやるようになり

今でもバスケは続けています。

 

新しいスポーツにも興味がありますので、

もし何か 「これおもしろいよー」 というスポーツがあれば

ぜひとも紹介してください。

 

 

また、ゲームも趣味でプレイをします。

大学時代は夜通しやったり、1日に何十時間もプレイしたりもしました。

 

好きなジャンルはFPSというジャンルや

ドラクエやFFなどの王道RPGも好きです。

 

 

このように、

のめり込んだら徹底的にやるってしまうのが

僕の性格です。

 

でも社会人になったからには、この性格を活かし、

仕事にのめり込んでいきたいと思います。

 

そして、一日でも早く皆さんと共に、

会社のお役に立てるように、頑張っていきますので、

どうそよろしくお願いいたします。

 

簡単ではありますが、自己紹介とさせて頂きました。

ご清聴いただき、有難う御座いました。』

 

======ここまで=============

 

 

こんな感じの挨拶をするといいでしょう。

 

今回の例で言うと、ゲームの話しをして、

『あーコイツは遊ぶ事しか考えていないのか?』

と思われがちです。

 

でも、ゲームを長時間やるということを
仕事に活かすという方向に持って行くことで、
短所を長所に変えている所もポイントです。

 

 

そういう風に、最終的に良い方向に持ち上げるのも
一つのテクニックなので、ぜひ短所を長所に変える
ということを意識してみてください。

 

では、最後に自己紹介で目立つための

3つのコツをお伝えしましょう。

 

 

 

自己紹介で目立つ3つのコツ!

入社式自己紹介1分
自己紹介の基本はわかったと思います。
では、次に本題の魅せる自己紹介の3つのコツを
お伝えしたいと思います。

 
  • 相手の目を見てはっきり話す。
  • 身振り手振りを付け加える。
  • 言葉に気持ちを込めて、声に強弱を付ける
 

それぞれ、一つづつ見て行きましょう。

 

 

相手の目を見てはっきり話す。

これができない人は特に多いです。

よくあるのが、上を見つつ考えながら話す事。

 

これって、見てる方から見ると、凄くわかるんですよね。

『あー考えて喋っているなー』
と思うし、見た目もあまりかっこよくはありません。

 

相手がたくさんいる場合は、いろんな人の目を見ながら話しましょう。

 

それに考えながら話すと、声も小さくなってしまいます。

それをしないためにも、相手の目をみて、はっきり話す事。
これを意識してください。

 

 

身振り手振りを付け加える。

これもよくあるのですが、話している時に、
両手をモジモジさせながら話している人っていませんか?

 

叱られている子供みたいで、かっこ悪いですよね。

そうではなく、しっかりと身振り手振りを付けて話してください。

 

 

両手を広げるたり、手をちょっとあげる、
挨拶をしたらお辞儀をする。

 

など、そういうちょっとした仕草を、織り混ぜるようにしてください。

 

 

言葉に気持ちを込めて、間や強弱をつける

まずは、言葉に気持ちを込めること。

そうすることで、自然と間や強弱が生まれてきます。

 

思った事を棒読みで読むのではなく
気持ちを込めて、相手に伝えるようにしましょう。

 

 

相手に気持ちを込めて伝えれば
それだけ他の人と差が生まれます。

 

そういう事で、あなたの事を相手に紹介してください。

 

 

まとめ

自己紹介の基本を意識しつつ、
プラスで他と差をつける3つのコツを意識してください。

 

言っていることは当たり前ですが、
その当たり前の事が、ほとんどの人ができていないのです。

 

 

最後に、自己紹介ではなくスピーチですが
オバマ大統領就任時のスピーチを載せておきます。

※スピーチ自体は2分15秒から始まります。


人に話す時はどうすればいいのか?
という内容だけではなく、表情や視線、仕草、間、言葉の強弱
なども気にして見てみると、新たな発見があると思いますよ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕は10年勤めた会社を退社しました。
副業で月50万円稼げたからです。

今でも毎月何十万円というお金がほぼ働かずとも入り続けています。

「おいおい、そんなのありえないでしょ。」

と思われるかもしれませんが、これは、嘘偽りのない事実です。

僕は生まれて33年間、自分に自信が持てず、
いつも人の顔色ばかり伺ってました。

自分には価値がない、自分は成功なんてできない。
そう思っていました。


でも、副業を始め、ビジネスをやるようになってからは、
お金は入るは、自信は出てくるは、会社は辞めれるはで
人生がガラッと変わりました。


結果、毎日家族と一緒に過ごせるので、
本当に幸せな日々を送っています。


こんな体験をして、

「どんな人でも、成功することなんてできるんだな」
というのがよくわかりました。

自分に自信がなく、他人の顔色ばかり伺う僕が
どのようにして副業で月50万円稼ぐ道を歩んだのか
そんなことを下記の記事で紹介しています。

→副業で月50万円稼いだゆーいちのプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー