仕事の失敗を引きずる…そんなあなたにオススメの立ち直り思考!

こんにちは、ゆーいちです。

仕事の失敗って、結構ありませんか?
僕は、毎日のようにやっていました。

指示された仕事を間違えて解釈していて
後になって上司と話て気づくとか・・・

言われた仕事が時間内にできなかったり。
まあまあ、全然仕事ができない社員でした。

 

ただ今は、会社を辞めて
自分でビジネスをやるようになりました。

独立して、自分でお金を稼ぐようになったし、
自分からビジネスの勉強をするようにもなりました。

そしてミスもしますが、
そんなものは引きずらなくなりました。

 

そんな、仕事の失敗を引きずらなくなり、
自分がビジネスをできるくらい
前向きになるための方法について
今日は話していきます。

スポンサードリンク


 

 

失敗した時の心構え

まず、仕事をする上で僕が意識するように
したのは失敗の定義でした。

何をもって失敗とするのか?

ここを知っとかないと、
どうにもならないし、
一生引きずるな思ったからです。

 

で、僕が調べて、一番納得した失敗とは
あきらめたときが失敗ということでした。

まあ、よくきくのがエジソンの言葉です。

エジソンは電球を発明するときに
1万回失敗したといいます。

ただ、それは周りの解釈であり、
エジソンからしてみれば
1万通りの実験をしただけ
ただそれだけということでした。

 

僕はこれを聞いて、
すぐには納得はしなかったです。

「確かに、それはそうかもしれない・・・
でも、失敗をそんな風には思えないよ。」

 

僕はこう思っていたのです。

その時、僕がビジネスを教わっている
師匠と、こんなやり取りをしましたので
その話をお伝えします。

===ここから=====

師匠
「ゆーいちさんにとっての失敗って
何が失敗なんですか?」


「うーん、・・・(何だろう?)
自分の思い通りにならなかったら、
それが失敗ですかね。」

師匠
「なるほど、じゃあ、
今まで生きてきて、
ほとんど思い通りになりましたか?」


「え!いや、そんなことはないです。
むしろ、思い通りにならないことばかりです。」

師匠
「なるほど、じゃあ質問を変えます。
今まで歩んできて、思い通りにならなかったことは、
すべて失敗ですか?」


「うーん、でもそういうわけでもないです。
なんというかこう・・・
思い通りにはならなかったけど、
失敗でもないかなって感じです。

失敗というと、もっとこう大きなミスとか
あーやっちゃったー・・・
みたいな感じをイメージしてます。」

師匠
「なるほど、じゃあ、思い通りにいかなかったことが
大きかったか、小さいかったかで
失敗かどうかが分かれるってことですか?」


「うーん、正直な話、自分で言っててなんですが
大きいから失敗、小さいから失敗じゃないて
分かれる感じでもないです。」

師匠
「なるほど。
じゃあ、もういちど聞きます。
ゆーいちさんにとっての失敗ってなんですか?」


「なんか、今話してて思ったのは
今までやってきた失敗って、
全て成功するために必要なことだったのかな
って思いました。

例えば、上司に言われた資料を作ったけど、
思った通りの資料が作れなかった。

でも、それはそれでダメだったけど、
次もまた、そういう仕事ってくるんですよ。

そう言ったときに、
前はこういう失敗しちゃったから、
次は同じことを失敗しないようにしようって
考えるようにしていました。

ただ、そうすると、別のところで
また変なミスをしちゃったりするんですよね(笑)

で、そういうのを何回か繰り返していると
自分のダメなところが、わかってくるんですよ。

僕なんかは誤字が多かったりするのがあります。

いくら自分で何度見直しても、
誤字脱字があったりするんですよ。

だから、もういっそのこと、
自分が作ったのをちゃんと他の人に
見てもらうようにしました。

そしたら、見てくれた人が
色々と言ってくれたりします。

あーでも、こうやって話していると、
失敗失敗っていうけど、
ちゃんと後に繋がっているんだな
気がしてきました。」

===ここまで=====

こんな感じで、師匠と話をしていったんです。

で、結局何が言いたいかというと
失敗成功なんてのは問題じゃなくて、
全てが成長する過程なんだなってことです。

自転車乗るのと一緒で
自転車って最初は乗れないと思います。

じゃあ、乗れないのが失敗で、
乗れるのが成功かというと、
乗れるようになったら、それはもう成功じゃなくて
僕にとっての当たり前のことです。

自転車乗る=当たり前

ということは、できないことって
失敗じゃなくて、自分にとっての
当たり前を増やす為に練習しているだけなんだ
と思うようになりました。

こういった気持ちで、ビジネスに取り組むようになると
とても気が楽になってきたんです。

だから、失敗とか成功とかじゃなくて、
そういうのって、終わりがないんだな。

新しいことをやってはできるようになって、
また新しいことをやっては、またできるようになる。

 

それに、今までできてたことが
できないときだって、そりゃあるります。

だって、人間ですもん。

でも、だからこそ、スポーツだって、
面白いと思ってます。

機械同士の常に100%の力だけ、
それ以上でもそれ以下でもないスポーツって
凄いかもしれないけど、面白くない。

なんかアクシデントがあったり、
緊張する場面でシュートを決めたりできることで

「うぉぉぉ!すげーーー!」

ってなるのに、それが100%当たり前だったら
ドラマもくそもないです。

 

そう考えると、失敗ですら
楽しめるようになる気がします。

だって、失敗があるから
成功のありがたみがわかるし。

この場面でシュート落としたら負ける!!!
ってプレッシャーがあるからこそ、
シュート決めたときの達成感も生まれる。

その逆もしかり。
大事な場面でシュートを外したことで

「うぉぉぉぉ!

なんで俺はあの土壇場で
シュートを外したんだぁぁ!」

ってなるからこそ、人生は面白い。

そう考えると、失敗も成功も
なんか楽しくなるじゃんって気がしてきます。

 

新しいことをやればできないのは
当たり前だし、今までできて
当たり前のことが、例えできなかったとしても
それって次の自分の成長につながる。

失敗や成功じゃなくて、
ただ単純に、そうやって経験値を
積んでいって成長してくだけなんだなって
思うようになりました。

 

ただ、自分でビジネスをやる場合はいいけど、
会社の人はそうじゃありませんので
そこだけ気を付けてください。(笑)

会社の人って、完璧を求めてきます。

僕は、この完璧主義はクソだと
思ってますが、それを求める人はたくさんいます。

しかも、自分じゃできないのに、
部下や他人に完璧さを求める人って
滅茶苦茶いますからね。

 

何かやらかしたら、
「なんでできないんだ、ちゃんとやれ!
人の話を聞いていたのか!?」

なんてことをバシバシ言ってきます。

でも、こんなのははっきり言って
能力の無い人が自分の無能を棚に上げて
相手のせいにしているだけです。

他人の評価も確かに気になりますが
そこは自分の評価です。

自分は自分、失敗は成長過程、
失敗は楽しむもの。

失敗楽しめるようになったら、
なんにでも挑戦できるから、
マジで人生楽しくなりますよ。

それに、何にも挑戦せず、ただ淡々と生きてる人より
色んな事に挑戦して失敗して新しいことを
やっていく人の方が、はるかに魅力的ですからね。

そういった生き方の方がいいなぁ!
って僕は思ってます。

あとは、もう一つ、
気が楽になる考え方があります。

 

スポンサードリンク

失敗が全てではない

失敗したからと言って、
それが全てじゃないです。

よくあるのが、失敗した時に
「自分はなんてダメな奴なんだ・・・」

と自分を全否定すること。
僕もよくやってました(笑)

 

でも、一つの失敗って、
単なる結果でしかなかったんです。

 

その失敗が自分の人間性を否定することは無いし、
自分にモラルが無いというわけではありませんでした。

 

それに、失敗を失敗と思えている時点で
改善しようと思ってます。

それに気づくだけでも、滅茶苦茶いいことです。

失敗を乗り越えて、何とかしよう!
と思っているわけですから。

そんな人見たら、滅茶苦茶すごいと思います。
なので、まずは自分をほめてあげてください。

 

しかも、自分なんて、
いい意味でちっぽけな人間です。

1億人いる日本の人口の
たった1人でしかないですから。

もし、自分が失敗したとして、
何人の人がその失敗を知っています?

日本人口を1億人だとして、
その中の100人があなたの失敗を知ったとしても、
たったの0.0001%。

これがどれだけ世界に影響するかっていったら、
別にどうにもならないと思ってます(笑)

自分なんてそんなもんですよ。

僕は、そう考えるようになって、
めちゃくちゃ気が楽になりました。

 

いくら自分が失敗しようが、なんだろうが
そんなことはお構いなしに
太陽は燃え続け、地球は青く、時代は過ぎ去ります。

あと何年地球は存在するんでしょうね?

それくらい壮大なことを考えると、
自分の失敗なんて、もうどうでもよくなってしまう(笑)

 

それくらい、自分って大したことないです。

もし、会社内でミスばっかしてても
自分の会社だけが人生じゃないですから。

もっともっと世界は広いです。

だから、たった自分というちっぽけな存在の失敗で
クヨクヨするなんて、全然意味なんてないなー
って思うようになりました。

もちろん、わざとスケールの大きい話をしてはいます。

 

でも、そういう視点を持つことで、
僕は、大分気が楽になりました。

『自分の失敗は、とてもちっぽけな事。
そんな事誰も覚えちゃいない。』


 

そう意識することで、
気が楽になってきます。

スポンサードリンク


 

まとめ

仕事失敗引きずる
人は失敗する生き物だし、
成長する生き物です。

失敗なんて、成長過程の一つでしかないし、
そもそも失敗したとしても
自分なんてちっぽけな存在なんだ。

そう思うことで、
自分の意識もずーっと楽になりました。

 

もし、自分が気になるようんでしたら、
こういった考え方をしてみてはどうですか?

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕は10年勤めた会社を退社しました。
副業で月50万円稼げたからです。

今でも毎月何十万円というお金がほぼ働かずとも入り続けています。

「おいおい、そんなのありえないでしょ。」

と思われるかもしれませんが、これは、嘘偽りのない事実です。

僕は生まれて33年間、自分に自信が持てず、
いつも人の顔色ばかり伺ってました。

自分には価値がない、自分は成功なんてできない。
そう思っていました。


でも、副業を始め、ビジネスをやるようになってからは、
お金は入るは、自信は出てくるは、会社は辞めれるはで
人生がガラッと変わりました。


結果、毎日家族と一緒に過ごせるので、
本当に幸せな日々を送っています。


こんな体験をして、

「どんな人でも、成功することなんてできるんだな」
というのがよくわかりました。

自分に自信がなく、他人の顔色ばかり伺う僕が
どのようにして副業で月50万円稼ぐ道を歩んだのか
そんなことを下記の記事で紹介しています。

→副業で月50万円稼いだゆーいちのプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


>>下記画像をクリックして副業月収50万物語の続きを読む<<




>>漫画の続きが気になる方はこちらをクリック<<

3 件のコメント

  • とてもとても救われました。
    少し視点を変えるだけで自分の余裕のなさが分かりました。
    もっとゆったりしようと思います‼

    • こんにちは、ゆーいちです。
      よかったです。

      僕もそうだったんですが、変に真面目に考えすぎちゃったりするんですよね。
      そういう時は、青空を見上げてみてください。
      ※マジです

      「うわー空って、こんなに青くて、こんなに広いんだぁ。なんかすごい!」

      と思えて、気がまぎれます。
      世界は広いですから、あまり気になさらず、前を向いていってください。

      もし、ダメなら、運動するといいですよ。
      僕はバスケしてますが、バスケすると、変な考えはどっかすっ飛んで行きます。
      イライラしているときとかでも、バスケ後は気分良かったりするんです。

      運動はおすすめです。

  • なんか今日めちゃくちゃ落ち込んで人に迷惑かけたなって思ったので。
    すごく救われました。ありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。