なぜ柏餅!?こどもの日に食べる意味とは!?

5月5日は子供の日です。

男の子がいる家庭には欠かせませんね。

スポンサードリンク


 

そして、こどもの日の食べ物の一つが柏餅です。

と言っても、なぜこどもの日に、柏餅を食べるのか知っていますか?

 

今回は、こどもの日に柏餅を食べる意味について、調べてみました。

 

 

柏餅とこどもの日の関係は?

柏餅には読んで時のごとく、柏の葉が使われています。

 

そして、こどもの日に柏餅を食べるのには、

その柏の葉に意味があるのです。

 

 

柏の葉の特徴として、

『新芽が育つまで、古い葉が落ちない』

という特徴があります。

 

 

この柏の葉を、人間の一族と重ねあわせて、

考えられるようになったのです。

 

新芽  → 子供

古い葉 → 親

 

と見立て、
『子供が育つ前に、親が亡くならないように!』

という願いを込められています。

 

 

つまり、 子孫繁栄を願うために、

こどもの日に柏餅が食べられるようになったのです。

 

この柏餅は、日本固有の 祝い餅になります。

 

 

ちなみに、柏餅の葉は基本的には食べないので、

剥がして食べていただいて構いません。

 

さらに今は、コスト削減のために、

柏の葉に見立てたビニールで包まれた柏餅も存在します。

 

 

と言っても、やはり折角の縁起物なので、

心がこもった柏餅を食べたいですね。

 

ではどうすれば、より良い柏餅が食べられるでしょうか?

 

 

 

そこで僕がおすすめするのが、手作りの柏餅です。

 

スポンサードリンク


 

柏餅の手作りは大変!?

柏餅を手作りで作るのは大変です。

 

柏餅なんて普段から作らないし、

一人で色々手間暇かけて作るのも大変ですからね。

 

 

でも、だからこそおすすめする事があります。

 

それは、
子供と一緒に作る事です。

 

 

もちろん1から全部作るのは大変です。

そこで、こんなアイテムを見つけました!
柏餅の手づくりセットです。

 

これ一つで20個の柏餅が作れますので、
一つあれば十分な量ですね!

 

 

柏餅を手作りする際、あんこや柏の葉を別々で

購入するのも大変です。

 

でも、それがセットになっているので、

かなりおすすめです。

 

 

ただし、砂糖・片栗粉・塩はついていないので、

家にある調味料を使って下さい。

 

子供と一緒に作ることができるのが、

まさに、こどもの日に最適だと思います。

 

また、他にも手作り柏餅ないのかなーと思い、

探してみると、こんな柏餅もありました。



アンパンマンとバイキンマンの柏餅です(笑)

 

 

ここまで手を込めると大変ですが、
もし余裕があるのなら、チャレンジしてみるのも
いいかもしれません。

 

アンパンマンとバイキンマンとまで行かなくとも、

こどもと一緒に手作りの柏餅を作るのは、

すごく魅力的です。

 

何より楽しめますからね♪

 

柏餅こどもの日意味

まとめ

こどもの日に柏餅を食べるのは、

子孫繁栄を願うために食べるものです。

 

日本人には縁起物が、ものすごく好まれますよね。

それは日本人ならではの感覚だと思います。

 

だからこそ、その感覚を大切にし、

こどもの成長と親の健康を祝い、こどもの日を送ってくださいね。

 

最後までお読みいただき、有難う御座いました。
ダンディー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕は10年勤めた会社を退社しました。
副業で月50万円稼げたからです。

今でも毎月何十万円というお金がほぼ働かずとも入り続けています。

「おいおい、そんなのありえないでしょ。」

と思われるかもしれませんが、これは、嘘偽りのない事実です。

僕は生まれて33年間、自分に自信が持てず、
いつも人の顔色ばかり伺ってました。

自分には価値がない、自分は成功なんてできない。
そう思っていました。


でも、副業を始め、ビジネスをやるようになってからは、
お金は入るは、自信は出てくるは、会社は辞めれるはで
人生がガラッと変わりました。


結果、毎日家族と一緒に過ごせるので、
本当に幸せな日々を送っています。


こんな体験をして、

「どんな人でも、成功することなんてできるんだな」
というのがよくわかりました。

自分に自信がなく、他人の顔色ばかり伺う僕が
どのようにして副業で月50万円稼ぐ道を歩んだのか
そんなことを下記の記事で紹介しています。

→副業で月50万円稼いだゆーいちのプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


>>下記画像をクリックして副業月収50万物語の続きを読む<<




>>漫画の続きが気になる方はこちらをクリック<<