なぜちまきはこどもの日に食べる?その意味とは!?

5月5日はこどもの日です。
こどもの日といえば、鯉のぼりですが、
他にも、ちまきや柏餅が有名ですよね。

スポンサードリンク


でも、ちまきと柏餅がなぜ食べられるのか、知っていますか?

 

 

僕自身、子供がいる身なのに知らなかったので、調べてみました。

 

そして今回は、ちまきがなぜ食べられるのか?
という事についてお伝えしたいと思います。

 

→柏餅についてはこちらの記事を参照してください。

 

 

なぜちまきをこどもの日に食べる?

ちまきと言えば、あのモチモチっとした食感で
とても美味しいイメージがあります。

 

そのちまきには、実は

 

『難を避ける』

 

という意味があるのです。

 

 

難を避け、子供が健康に成長できるように

という願いが込められ、

こどもの日にちまきが食べられるようになりました。

 

でも、ちまきはなぜ、ちまきというのでしょうか?

 

 

柏餅は柏の葉にくるまれた餅だから、

というのはわかるのですが・・・

 

 

その答えは、柏餅と同様、包まれている葉っぱに意味がありました。

 

今ではササの葉で包むのが主流になっていますが、
昔は 『チガヤ』 という植物の葉っぱで包まれていたため
『ちまき』と呼ばれるようになったのです。

 

ちなみに、柏餅に関しては日本固有の習慣ですが、
ちまきに関しては、中国から伝えられた習慣なのです。

 

では中国ではどのような習慣から
5月5日にちまきが食べられるようになったのでしょうか?

 

スポンサードリンク


 

中国で生まれたちまきとは?

元々ちまきは、中国の故事からなっています。

 

多くの人から慕われたれた、屈原(くつげん)と言う賢人が
王のワガママっぷりに業を煮やし、説得します。

 

でも、その説得は叶わず、逆に王を怒らせてしまうのです。

 

それに絶望した屈原はというと、
川に身投げをしてしまいました。

 

そして、その身投げをした日が、5月5日となっているのです。

 

 

それ以来、屈原の命日である、5月5日に
ちまきを川に、お供えするようになりました。

 

そして、そのお供えにも魔除けの意味を込め、

楝樹(れんじゅ)の葉で包み、五色の糸で縛るようになったのです。

(本来は楝樹(れんじゅ)の葉という説なのですが、
日本に伝わる時に、チガヤの葉に変わったのかもしれません。)

 

 

これがちまきの始まりとなっています。

 

 

ちなみに、その五色の糸というのが
赤・青・黄・白・黒の糸で、鯉のぼりの5色でもあるのです。

 

 

ちまきを縛る糸と、鯉のぼりの色に、

関連性があるのは驚きでした。

 

ちまきこどもの日意味

 

まとめ

中国から伝えられたちまきですが、
一人の不幸から、その習慣が始まりました。

 

そういう事があったことすら知らなかったので、
調べて良かったと思っています。

 

こどもがいるなら、難を逃れるためにも
ちまきを食べたいですね。

 

ただ、難を逃れすぎるのも、少し困りますが(笑)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕は10年勤めた会社を退社しました。
副業で月50万円稼げたからです。

今でも毎月何十万円というお金がほぼ働かずとも入り続けています。

「おいおい、そんなのありえないでしょ。」

と思われるかもしれませんが、これは、嘘偽りのない事実です。

僕は生まれて33年間、自分に自信が持てず、
いつも人の顔色ばかり伺ってました。

自分には価値がない、自分は成功なんてできない。
そう思っていました。


でも、副業を始め、ビジネスをやるようになってからは、
お金は入るは、自信は出てくるは、会社は辞めれるはで
人生がガラッと変わりました。


結果、毎日家族と一緒に過ごせるので、
本当に幸せな日々を送っています。


こんな体験をして、

「どんな人でも、成功することなんてできるんだな」
というのがよくわかりました。

自分に自信がなく、他人の顔色ばかり伺う僕が
どのようにして副業で月50万円稼ぐ道を歩んだのか
そんなことを下記の記事で紹介しています。

→副業で月50万円稼いだゆーいちのプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


>>下記画像をクリックして副業月収50万物語の続きを読む<<




>>漫画の続きが気になる方はこちらをクリック<<