こどもの日の食べ物とその意味は?なぜちまきと柏餅を食べるのか?

こどもの日になると、毎回、

決まって食べられているものがあります。

それが、ちまきと柏餅です。

スポンサードリンク


 

柏餅と言えば、主に関東で食べられていて、

ちまきは主に、関西で食べられています。

 

でも、なぜ、ちまきと柏餅が

食べられるようになったのでしょうか?

 

なぜちまきと柏餅を食べるのか?

主に、関東で食べられている柏餅ですが、

なぜ柏餅が食べられているのでしょうか?

 

その答えには、柏の葉が関係しているのです。

 

 

柏の葉には、新芽が育つまで、古い葉は落ちない

という特徴があります。

 

 

子供を新芽とし、

古い葉を親としすることで、

 

子供が成長するまで、親が亡くならない

 

という思いが込められているのです。

 

 

ここからわかるように、柏餅を食べるのには
子孫繁栄を願い、食べられるようになったのです。

 

 

では、関西でよく食べられているちまきには、

どのような意味が込められているのでしょうか?

 

 

ちまきには

『難を逃れる』

という思いが込められています。

 

つまり、子供が難を逃れ、健康に育つように

という思いを込めて、食べられるようになったのです。

 

 

 

このちまきと柏餅、意味合いが似ている部分はありますが、

若干ニュアンスが違いますね。

 

でも、関東では柏餅で、

関西ではちまきとなっていますが、

なぜ、そのように分かれているのでしょうか?

 

スポンサードリンク


 

柏餅が関東、ちまきが関西の理由

最初の習慣となったのはちまきの方でした。

 

そもそも、ちまき文化は中国から伝達された
習慣で、 『厄除け』 のために食べられていたのです。

 

しかし、江戸時代の武家社会になることにより
家を継ぐことが、より大事に思われるようになりました。

 

 

そして、その結果生まれたのが、柏餅を食べる習慣だったのです。

 

 

 

柏餅を食べることで、次の世代へ引き継ぐという願いを込めて
食べられるようになりました。

 

 

しかしこの習慣、江戸文化には浸透したものの、

京文化には、ほとんど浸透しなかったのです。

 

 

その結果、関東は柏餅

関西はちまきと分かれるようになったのです。

子供食べ物意味

まとめ

ちまきと柏餅で、このような伝統がありました。

 

関東、関西でそれぞれ食べられるようになったのには、
意味があったのです。

 

 

ただ、どちらの方がいいというよりは、

この意味合いを大事にしつつ、
願いを込めて、食べる事に意味があるのだと思います。

 

そして、それが子供の日にできる、子供の為の

最大限の愛情なのではないでしょうか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕は10年勤めた会社を退社しました。
副業で月50万円稼げたからです。

今でも毎月何十万円というお金がほぼ働かずとも入り続けています。

「おいおい、そんなのありえないでしょ。」

と思われるかもしれませんが、これは、嘘偽りのない事実です。

僕は生まれて33年間、自分に自信が持てず、
いつも人の顔色ばかり伺ってました。

自分には価値がない、自分は成功なんてできない。
そう思っていました。


でも、副業を始め、ビジネスをやるようになってからは、
お金は入るは、自信は出てくるは、会社は辞めれるはで
人生がガラッと変わりました。


結果、毎日家族と一緒に過ごせるので、
本当に幸せな日々を送っています。


こんな体験をして、

「どんな人でも、成功することなんてできるんだな」
というのがよくわかりました。

自分に自信がなく、他人の顔色ばかり伺う僕が
どのようにして副業で月50万円稼ぐ道を歩んだのか
そんなことを下記の記事で紹介しています。

→副業で月50万円稼いだゆーいちのプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


>>下記画像をクリックして副業月収50万物語の続きを読む<<




>>漫画の続きが気になる方はこちらをクリック<<