子育てにイライラするなら!旦那を育児に参加させる悪魔の手法!

『うちの旦那、子育てに参加してくれない・・』

そう思った事はありませんか?

スポンサードリンク


 

子供が生まれると、子育てをしなければいけません。

でも、子育するのは決まって嫁・・・

 

ほとんどの家庭が、そうではないでしょうか?

 

共働きでも関係ありません。

大抵は嫁が育児をやっているのです。

 

その育児にも自由な時間がないから

旦那に手伝って欲しい・・・

 

でも旦那はゴロゴロしているだけ、
育児に参加してくれない。

 

そんな事はないでしょうか?

 

今回は、そんな旦那に対して、

どのような対処をしたらよいのか見て行きましょう。

 

子育てイライラ旦那

育児に参加しない旦那の対処法!

まず僕自身の考えを伝えると、

育児は2人でするものだと思います。

 

子供は、母親と父親の姿を見て育っていくものですから。

 

でも、そう思っている旦那はほとんどいません。

 

 
  • 俺がお金を稼いでいるんだ!
  • 休みぐらいゆっくりさせてくれ!
  • 子育ては女がるべき!
 

そう思っている旦那は非常に多いと思います。

では、そんな旦那はどうするべきなのでしょうか?

 

 

 

まず、妻として旦那にすべき事は

 

旦那に期待しない

 

という事です。

 

 

子育てに参加しない旦那は、

この先も基本的にやってくれません。

 

 

期待して、何かを頼んだり、

何か手伝ってくれないか?

 

と思ったりした場合、やらなかった時の

あなたへの反動は非常に大きいです。

 

 

だから、いっその事期待しないでいることが、一番なのです。

 

 

それに、なんだかんだ言って、
旦那も仕事で疲れています。

 

 

 

確かに外に出れることは羨ましいし、
一人の時間もある。

 

 

そんな旦那が、羨ましいとも思うでしょう。

 

でも、やはり仕事は大変ですし、

ストレスも感じるものです。

 

 

そこも分かって上げて欲しいのです。

 

 

が・・・

 

そんな事を言っても、

家事には参加して欲しいとは思いますよね?

 

ではいっそのこと、

旦那を思い通りにコントロールしてみてはどうでしょうか?

 

スポンサードリンク


 

旦那を思い通りに動かす悪魔の手法

この手法は、人の心理を巧みに操る方法ですので、

悪用しないようにしてくださいね。

 

まず、前提知識として知っておいて欲しいことがあります。

 

 

それは、

『人は、言われたことは素直にやらない』

という事です。

 

 

子供なんかが、わかりやすいのですが、

 
  • 「ご飯を食べなさい!」
  • 「歯をみがきなさい!」
  • 「静かにしなさい!」
 

こう言っても一向にやってくれない・・・

 

 

そんな事ありませんか?

でも、それは当たり前のことなのです。

 

子供と遊ぶ時も、逃げると追ってくるし、
追うと逃げたりしますよね。

 

 

このように基本的に人は、
言われた事に対して、反対の事をするのです。

 

 

この法則を、心理的リアクタンスと言います。

 

心理的リアクタンスを、簡単に説明しますと、

人は、 『自分の行動は自分で決めたい』 という欲求があります。

 

 

そして、他者に行動の選択肢を奪われた時、
自分で行動を決めたいという欲求を満たすために、

わざわざ残された選択肢を選ぶのです。

 

 

子供のご飯の例で説明すると

本来、子供にとって2つの選択肢があります。

 

それは
  1. ご飯を食べる
  2. ご飯を食べない
 

という二つの選択肢です。

 

 

でも、親の 『ご飯を食べなさい』 という一言で
Aの 『ご飯を食べる』 という選択肢が消えます。

 

 

そうすると、どうなるかわかりますか?

 

子供は自分で行動を選択したいがために

Bの 『ご飯を食べない』 という選択肢を選ぶのです。

 

これが、子供が言うことを聞かない理由なのです。

 

 

今回は子供を例にしましたが、

人は基本的にそういうものなのです。

 

 

ちなみに、お願いの度合いが強くなればなるほど、

その反発は強くなります。

 

 

『勉強してくれない?』

と言うのと、

『勉強しなさい!』

 

と言うのでは、『勉強しなさい!』と言われた方が

抜群に、勉強したくなくなりますよね(笑)

 

 

 

このように、何かをしてと言われたら、

もう一方の選択肢を選びたくなるのが人間なのです。

 

 

で、本題に入ります。

 

旦那に子育てに参加して欲しいときはどうすればよいでしょうか?

 

 

答えはもちろん、

一方の選択肢を消すことです。

 

例えば、妻が旦那に子供と遊んで欲しいとします。

 

でもここで、旦那に 『ねぇ、子供と遊んでよ!』

と言っても、父親は遊んでくれないのです。

 

では何といえばいいか?

 

例えば、子供に対して、

『お父さんは疲れているから、休ませてあげて』

『お父さんは眠いから、ママと遊ぼう!』

と伝えるのです。

 

 

そうすると、旦那にとっては

子供と遊ばないという選択肢が無くなり、

子供にとっては、ママと遊ぶという選択肢がなくなるのです。

 

 

その結果、旦那は遊んでくれるようになり、

子供も旦那と遊ぶようになるのです。

 

 

こんな感じで、何かを言うと、その反発が必ず起こります。

 

旦那に 『絶対休んで』 とか、 『絶対遊ばないで』
と強く言えば言うほど、その反発は大きくなるのです。

 

他にも、

『洗濯しちゃうから、休んでて』

『掃除しちゃうから、どこか出かけたら?』

『先に食器洗っちゃうから、テレビでも見てて』

 

という感じで、伝えていくのです。

 

 

 

一番ダメなのが、何も言わずにやり始めることです。

 

 

何かをするときには、必ずその意思を伝えるようにしましょう。

こうすることで、旦那をコントロールすることができるのです。

 

ただ、これは基本的な使用方法なので、個人差はあります。

そこは、旦那の特徴に合わせて、変えるようにしていって下さい。

 

まとめ

嫁としては、育児にもイライラし

旦那にもイライラする。

 

 

そんな時は、数多くあると思います。

でも、そういう時こそ、落ち着いて対処すべきなのです。

 

 

基本、育児はイライラするもの、

旦那には期待しないという意識を持ちつつ、
旦那を上手くコントロールしちゃいましょう(笑)

 

 

でも、決して人の道を外れたことには、使用しないでくださいね。

 

 

あくまで、円満な家庭を迎えるために

心理的リアクタンスを活用してみてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕は10年勤めた会社を退社しました。
副業で月50万円稼げたからです。

今でも毎月何十万円というお金がほぼ働かずとも入り続けています。

「おいおい、そんなのありえないでしょ。」

と思われるかもしれませんが、これは、嘘偽りのない事実です。

僕は生まれて33年間、自分に自信が持てず、
いつも人の顔色ばかり伺ってました。

自分には価値がない、自分は成功なんてできない。
そう思っていました。


でも、副業を始め、ビジネスをやるようになってからは、
お金は入るは、自信は出てくるは、会社は辞めれるはで
人生がガラッと変わりました。


結果、毎日家族と一緒に過ごせるので、
本当に幸せな日々を送っています。


こんな体験をして、

「どんな人でも、成功することなんてできるんだな」
というのがよくわかりました。

自分に自信がなく、他人の顔色ばかり伺う僕が
どのようにして副業で月50万円稼ぐ道を歩んだのか
そんなことを下記の記事で紹介しています。

→副業で月50万円稼いだゆーいちのプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


>>下記画像をクリックして副業月収50万物語の続きを読む<<




>>漫画の続きが気になる方はこちらをクリック<<

3 件のコメント

  • 本気でこの記事書いてるの?やらない人は何を言っても、どう言ってもやりません。旦那も同じ。何を言っても、どういっても、主人に敬意を払い、言動でそれを示しても、やらないもんはやりません。

  • めぐさんに同意
    お皿洗うからテレビ見ててなんて言ったら素直に受け取って普通にテレビ見ますよ
    言わないとわからないし、言っても聞かないなら無駄

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。