子供の自転車の練習はいつから?自転車に乗りたくなる3つの環境

子供の成長していく上で、自転車に乗る時がきます。

 

でも、いつから練習させればいいのかわからいし、
そもそも、子供自身が乗りたいと思うのか?

そんな風に感じる事もあるでしょう。

スポンサードリンク


 

そこで今回は、子供が自発的に「乗りたい!」と思う、

3つの環境についてお伝えします。

 

子供が自転車に乗りたくなる3つの環境

子供が乗りたくなるかどうかには、

1つの答えはなく、様々な要因が関係してくきます。

 

なので、この3つの環境を見てから、

子供に自転車を与えるかどうかを、
考えてみるとよいでしょう。

 

そして、その3つの環境とは以下の3つです。

 
  • 子供が3才になってから
  • 周りの友達が乗っているか?
  • 家庭の環境で乗るのが多いか?
 

この環境を、あなたの家庭に当てはめて考えてみてください。

では、それぞれ見て行きましょう。

 

子供が3歳になってから

子供が3歳になると、色々な事が出来るようになります。

 

走ったり、飛んだりするようになり

少し高い段差からジャンプしたりするようにもなります。

 

なので、そういう事をするように

なったタイミングで買ってみるといいです。

 

もちろん、乗るかどうか聞いてみたり、

自転車屋さんに行って、またがせてもらったりすると、なおよいですよ。

 

その上で、乗ってみたいという意思があるのなら、

買ってみるといいでしょう。

 

 

子供なんて、親が気にするよりずっと早く成長します。

 

乗れるかなぁ?

乗れないかなぁ?

大丈夫かなぁ?

 

なんて考えてる暇があるのなら、

さっさと、買い与えてしまうのが一番いいですよ。

 

 

ただし、ここで注意したいのが、

親が独断で買い与え、子供に

 

「乗りなさい!」

 

と言うのだけはやめてください。

 

 

子供というのは、興味があることしかやりません。

今、興味がなくとも、必ず興味が出てくる時がきます。
※この後の2つの環境にも関係はしますが。

 

 

なので、子供に聞いてみて、乗りたいのなら、3歳くらいから
買い与えてみるのが良いです。

 

では、次の環境です。

 

家庭の環境で自転車にのるタイミグがあるか?

次は、家庭の環境です。

 

家庭の環境のより、子供が自転車にのるかどうかが、

大きく分かれることがあります。

 

なので、ここについても、理解しておいてください。

 

 

 

まず、そもそも

子供自身が自転車に乗るタイミング

はあるでしょうか?

 

 

僕の家の場合、自転車は買ったものの、
子供が自転車に乗るタイミングがほとんどなかったため、

自転車には全然のっていません。

 

 

というのも、そもそも僕の家庭では、子供は保育園に通っています。

なので、平日に自転車に乗ることはありません。

 

 

そして、休日も車で出かけたり、

バスケに一緒にいったりして、

バスケの友達と一緒に遊んでいるときがほとんどです。

 

 

そうなると、自転車に乗るタイミングがほとんどないのです。

 

 

例えば、

休みの日は近所の公園に遊びに行くとか
散歩をよくしたりするなど、

外にでる場合はよいです。

 

 

でも、自転車に乗るタイミングがないと

自転車にはほぼ、乗らなくなります。

 

 

折角、自転車を買っても、乗ってあげないと、

劣化も激しいし、メンテナンスもしなくなります。

 

 

そうなってしまうと、いざ乗ろうという時に

タイヤに空気入ってない!

自転車に蜘蛛の巣が!

自転車が誇りだらけ!

 

なんてことになったりして、

そもそも、乗れるようにするのが大変です(笑)

 

 

それでは自転車もお金も勿体無いです。

 

なので、家庭で子供が乗る環境があるのなら

自転車を購入するといいでしょう。

 

では、最後の環境です。

 

周りの友達が載っている時

基本的に子供は小さい時は親と遊びますが、

大きくなってくると、子供同士で遊ぶようになります。

 

 

そして、子供同士で遊ぶようになると、

自転車でどこかへ行ったりしますよね。

 

そういう場合は、自転車に乗るようになるでしょう。

 

 

もし、そこまで自転車が乗れるようになっていなくとも、

友達と遊びたいので、自然と自転車の練習はするようになります。
※ここで、走ってついていく子もいますが、
それはそれで良いと思います(笑)

 

 

このように、子供が自転車へ乗る環境があるか?

そして、子供が自転車に乗りたいと思ったか?

 

これが子供が自転車にのるべきタイミングになります。

 

親としては、

小学生になったのに・・・

とか、周りの子供達がのったのに・・・

 

というような思いがあるのかもしれませんが、

子供がよければ、別にいいのです。

 

 

それに、子供が乗りたいと思わなければ、

練習も嫌になってしまいます。

 

そこは子供のタイミングということで、

暖かく見守っててあげましょう。

 

 

 

子供のヤル気に関しては、こんな話があります。

 

 

ある、逆上がりができない少女がいたので

先生が一生懸命逆上がりができるように教えました。

 

何日も何日も少女と先生で、一緒に練習し、

ようやく逆上がりができるようになりました。
先生が喜んでいる中、少女が言った言葉は

 

「これでもう、逆上がりの練習はしなくていいんだね」

 

だったのです。

 

 

要は、逆上がりができるようにと頑張っていたのは

先生の一人よがりで、少女にとって逆上がりの練習は、

苦痛でしかなかったのです。

 

そして、その苦痛からようやく解放されるという事で

出てきた言葉が、今回の一言だったのです。

 

このように、決して

親の一人よがりにならないよう

注意してくださいね。

 

 

 

さて、でも子供が自転車に乗るようになったのはいいが、

補助輪はいつから外したら良いのか?

 

というような疑問も出てきますよね。

 

なので、次は、

補助輪を外すタイミングについて、見て行きましょう。

 

スポンサードリンク


 

子供が補助輪無しで自転車に乗るには?

子供が自転車に乗るようになると、

補助輪はいつ外せばいいのか?

というような疑問が出てくるかと思います。

 

 

ただ基本的に僕は、

補助輪はあまり必要ないと思っています。

 

 

というのも、まずは、ペダルを漕ぐ練習をするより、

補助輪とペダルを付けず、足で地面をけって

自転車を進める練習をするのが一番いいです。

 

 

この練習をすることで、バランス感覚を養い、

補助輪無しでも、自転車に乗れるようになります。

 

 

ハッキリ言って、

この練習の効果はすぐでるので凄いです。

 

 

この方法で一日足漕ぎしていれば、

補助輪なしで自転車に乗れるようになります。

 

補助輪無しでの練習は、こんな感じです。



 

もし、補助輪を外すタイミングが気になるのなら
まずは、足漕ぎで自転車に乗ってみるといいですよ。

 

 

そうすれば、すぐに補助輪無しで乗れるようになるので。

 

 

僕の息子も5歳まで、補助輪ありで乗っていました。
でも、ペダル無し、補助輪無しで乗るようになり、
しばらくして補助輪無しペダル有り自転車にのったのですが
1回も転ぶことなく、乗りこなしていました(笑)

 

 

子供の成長には、驚かされるばかりですよ。

ちなみに、補助輪無し自転車は、この自転車です。


 

この自転車には、ブレーキは付いておらず、

基本、公道は走れないので、

公園などで練習するようにしてください。

 

あと、転んだ時にも備えて、ヘルメットも忘れずに!

 

まとめ

子供が自転車に乗るには、

 

 
  • 自転車に乗る環境があること、
  • 子供自身が自転車に乗りたいか?
 

この二つを大事にしてください。

 

 

そして、乗るのなら、まずは、

補助利無し、ペダル無し自転車に乗り

 

その後、

補助輪無し、ペダル有り自転車に乗ると良いでしょう。

 

 

そうすれば、あっという間に
自転車に乗れるようになりますので。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕は10年勤めた会社を退社しました。
副業で月50万円稼げたからです。

今でも毎月何十万円というお金がほぼ働かずとも入り続けています。

「おいおい、そんなのありえないでしょ。」

と思われるかもしれませんが、これは、嘘偽りのない事実です。

僕は生まれて33年間、自分に自信が持てず、
いつも人の顔色ばかり伺ってました。

自分には価値がない、自分は成功なんてできない。
そう思っていました。


でも、副業を始め、ビジネスをやるようになってからは、
お金は入るは、自信は出てくるは、会社は辞めれるはで
人生がガラッと変わりました。


結果、毎日家族と一緒に過ごせるので、
本当に幸せな日々を送っています。


こんな体験をして、

「どんな人でも、成功することなんてできるんだな」
というのがよくわかりました。

自分に自信がなく、他人の顔色ばかり伺う僕が
どのようにして副業で月50万円稼ぐ道を歩んだのか
そんなことを下記の記事で紹介しています。

→副業で月50万円稼いだゆーいちのプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー