自転車!子供の後ろ乗せはいつから?優先すべきたった1つのルール

子供ができると、普段の生活も変わります。

 

動ける範囲も変わり、ちょっと出かけるのも大変ですよね。

スポンサードリンク


 

でも、子供と一緒に自転車に乗ることができれば、

歩きの時より行動範囲も広くなるでしょう。

 

ただ、そうなると、いつから乗せていいのか?

安全面は大丈夫なの?

どんな自転車がいいのか?

 

など、色々と疑問もでてきます。

 

 

今回は、そんな疑問を解消するための
子供の自転車に乗るために優先すべき、

たった1つのルールについてお伝えします。

 

子供の後ろ乗せはいつから大丈夫?

子供を後ろを乗せるには、基本的に、

座れる時期になったら、いつでも問題ないです。

 

 

座れるのなら、自転車に乗ることはできるので。

 

 

対象年令で見ると、大体1歳前後でしょうか?

 

ただ、自転車の後ろに乗せるということは、

実際に運転する人からは見ることはできません。

 

 

例えば、

 
  • 手を離して乗ったり
  • 足を広げて乗ったり
  • 眠りながら乗ったり
 

と、何かをしていても気づくのが遅くなってしまいます。

 

 

なので、後ろに乗せるのは、
ある程度、物事の判断ができるようになってからにしてください。

 

 

年齢で言うと、2歳くらいでしょうか。

 

 

ただそれでも、ある程度の言葉は理解できるものの、
物事の判断が難しいので、もっと遅くてもいいかもしれません。

 

 

なぜかと言うと、これには理由があるのです。

 

 

それには、僕が昔にやってしまった、

とっても痛い想い出を書かせて下さい。

 

僕のとっても痛い思い出とは・・・

 

僕が昔、幼稚園に通っていたとき、

母親の自転車の後ろに乗って通学していました。

 

 

当時は5歳くらいだったでしょうか。

 

いつも通り母親の後ろに乗っていたのですが、

何を思ったのか、

 

『わーい、わーい!』

 

と足を閉じたり広げたりして、自転車の後ろに乗っていました。

 

 

すると・・・

 

ガン!!!

 

 

という音と同時に、股関節にものすごい痛みが!!!

一瞬何が起きたのか分からず、とても混乱しました。

 

 

実際、何が起きたのかと言うと、

足を広げたタイミングで、その足が電柱に当ったのでした。

 

 

いやいや、よく考えれば当たり前ですよね。

 

足を広げれば、何かにあたりますわ!

しかも後ろに載っているので、前の母親には

後ろの僕の状況なんて、わかりやしません。

 

 

普通に自転車こいでいたら衝撃があった

母親のほうがびっくりしたでしょう。

 

 

 

幸い、骨折や打撲などはしなかったのですが、

股関節がメチャメチャ痛かった記憶があります。

 

何十年経った今でも覚えている事なので、

相当印象的だったんでしょうね(笑)

 

 

 

このように、子供を後ろに乗せるには、
少しリスクがあることを、理解しておくとよいです。

 

でも、そうなると自転車に乗せて移動することができませんよね。

 

では、子供が小さい時はどうすればよいでしょうか?

 

スポンサードリンク


 

子供は小さい時はこうしよう!!

子供が小さい時は、後ろに乗せずに前へ乗せるのがよいです。

 

 

前ならば、常に見張る事ができるし、

親の腕の間にいるので、安全面に関してはかなり高いです。

 



 

こんな感じで、手元に子供がいるので安心ですね。

 

 

ただし、前乗りにも欠点はあります。

 

 

それは、後ろより耐荷重が低いということです。

 

 

具体的な重さで言うと、

後ろの耐荷重が22キロ程度に対して、

前の耐荷重は15キロ程度になります。

 

 

そうなると、前に載せられる期間が短くなってしまうので、

後ろに乗せるのか、前に載せるのか悩んでしまいますよね。

 

 

後ろでもベルトをシッカリと止めれば
そこまで危なくはないという事も言われてはいますが、

それでも、僕のように足を広げる子がいても困ります(笑)

 

 

なので、安全面を考えて前にのるのが一番良いです。

 

 

もし迷うようならば、一度自転車屋さんに行って

聞いてみるといいですよ。

 

 

あと、自転車はネットでも購入はできますが、

今後のメンテナンスを考えると、

地元にある自転車屋で購入するほうがよいです。

 

 

ネットで購入すると、何か問題があった時に、
発送しなければいけなくなったりと、色々と手間がかかる可能性があります。

 

あくまで可能性ですが、いざそうなってしまうと大変ですから。

 

それよりは、地元の自転車屋さんを見つけ、

その自転車屋さんと付き合っていく方が良いと、僕は思います。

 

スポンサードリンク


 

まとめ

子供自転車後ろいつから

子供を自転車に乗せるとなると、
自分のことだけでは済まないので大変です。

 

 

ただ、一番に考えるべきは子供の安全です。

 

 

子供が安全に乗れる事を第一に考え、
その上でどうすべきか決めることが、

最も優先すべき、たった1つのルールです。

 

 

何かが起きてからでは遅いです。

もちろん100%防ぐ事も難しいでしょう。

 

でも、その上で、できるだけリスクを減ら事を

心がけた上での判断をしてくださいね。

 

最後まで読んでいただき、有難う御座いました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕は10年勤めた会社を退社しました。
副業で月50万円稼げたからです。

今でも毎月何十万円というお金がほぼ働かずとも入り続けています。

「おいおい、そんなのありえないでしょ。」

と思われるかもしれませんが、これは、嘘偽りのない事実です。

僕は生まれて33年間、自分に自信が持てず、
いつも人の顔色ばかり伺ってました。

自分には価値がない、自分は成功なんてできない。
そう思っていました。


でも、副業を始め、ビジネスをやるようになってからは、
お金は入るは、自信は出てくるは、会社は辞めれるはで
人生がガラッと変わりました。


結果、毎日家族と一緒に過ごせるので、
本当に幸せな日々を送っています。


こんな体験をして、

「どんな人でも、成功することなんてできるんだな」
というのがよくわかりました。

自分に自信がなく、他人の顔色ばかり伺う僕が
どのようにして副業で月50万円稼ぐ道を歩んだのか
そんなことを下記の記事で紹介しています。

→副業で月50万円稼いだゆーいちのプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


>>下記画像をクリックして副業月収50万物語の続きを読む<<




>>漫画の続きが気になる方はこちらをクリック<<