新生児が夜に寝ない!3つの原因と5つの秘策とは!?

僕の家も、赤ちゃんが生まれ、

毎日子育てに励んでおります♪

 

もちろん子育ては楽しいですが、

それと同時に、とても大変です。

 

その中で、新生児が夜に寝ないという

悩みを抱える人は、数多くいるのではないでしょうか?

スポンサードリンク


 

僕の家でもそうでした。

 

赤ちゃんが生まれ、夜中に寝ない毎日、

それが赤ちゃんだと、わかってはいるものの

心と感情がついていかない。

 

そんな事も体験しました。

 

 

では、赤ちゃんはなぜ寝ないのか?
どうすれば寝るようになるのか?

 

 

今回は、僕が感じて、試してきた、
新生児が寝ない3つの原因と
新生児を眠らす5つの秘策を、お伝えしたいと思います。

 

赤ちゃんが夜に寝ない3つの原因

赤ちゃんが夜寝ないのには、3つの原因があります。
1つずつ、見て行きましょう。

 

時間の概念が無い

お母さんのお腹で育ってきた新生児は
常に暗いところで育ってきました。

 

そこから、突然この現実に飛び出してきたのです。

 

自由に育ってきた赤ちゃんには
そもそも時間の概念がありません。

 

 

朝だろうが昼だろうが夜だろうが、
不安だし、お腹はすくし、トイレはするし
眠くなったら寝て、眠くなかったら起きるのです。

 

夜寝る前に、寝過ぎた場合なども

寝なくなるので、注意して下さい。

 

 

赤ちゃんからのメッセージ

これは夜に限らず、

普段の生活でも当てはまります。

 

 

例えば、
  • お腹すいた
  • トイレ
  • ゲップがしたい
  • 寒い
  • 暑い
 

などの、新生児からのメッセージです。

 

 

お腹は空いていないか?
オムツは大丈夫か?
寒くないか?

暑くないか?

 

 

このへんは気にしてみると良いでしょう。

 

 

そして、もうひ1つ、思い当たるフシがあります。

それが、

 

かまってちゃん

 

です(笑)

 

 

新生児だから、不安になるし、
お母さんに構って欲しいのです。

 

そこは程よく構ってあげましょう。

 

もちろん親は眠いので、そこは程よくで良いと思います。

それで余計に元気になってしまっても

どうしようも無いですからね(笑)

 

そして、最期は

 

新生児はフリーダム

要は

 

新生児とは、そういうもの

 

という事です。

 

よく、マンガやアニメ、ドラマだと
新生児が、すやすや眠っているシーンがあったり

抱っこされて元気に笑っている姿が
よく見受けられます。

 

 

でも、ハッキリ言って、

あんなにすやすや眠っている事なんて、ほとんど無いし

元気よく笑い続けることも、ほとんど無いです(笑)

 

 

 

大抵は、泣いて、トイレして
おっぱい飲んで、チョット寝る・・・

 

そしてまた泣いて、トイレして
おっぱいして、散々ママを疲れさせた後に
ようやく、少し長い時間寝る

 

というような生活サイクルです。

 

まあ、言葉を悪くすると

手のかかるニートみたいな感じですね。

 

 

一番よくて、2時間寝るくらいですから。

 

育っていけば、ある程度、睡眠時間は
長くなっていきますので、

 

 

それまでは、少し辛抱して頑張ってください。

 

 

とは言え、できるだけ寝かせ、
親としても、寝る時間を確保したい!
と思いますよね。

 

では、次は新生児を寝かす為の
5つの秘策について、お伝えしたいと思います。

 

スポンサードリンク


 

子供を寝かす5つの対策

これからお伝えする、子供を寝かす5つの対策ですが、
効果の有無は、赤ちゃんによって違います。

 

全部効果があるかもしれないし、
全部効果が無いかもしれない。

 

昨日は効果があったけど、今日は効果が無い

 

という場合もあるかと思います。

 

 

赤ちゃんも一人の人間なので、
そこは理解しつつ読んでいただけると、助かります。

 

では、見て行きましょう。

 

1.タオルで包んで抱っこする

まずはタオルで包んで抱っこするのは、とてもオススメです。

 

タオルもチョット包むだけではなく、
すこ~しだけ強めに巻くこと。

 

そうすることで、抱っこから離しても
包まれている感覚があるので、
おとなしく寝てくれます。

 

僕の息子は、この方法を行うと

結構な確立で寝てくれています♪

 

2.抱っこしつつスクワット

抱っこして、かるーくスクワットしましょう。

 

このスクワットによる揺れで、
赤ちゃんは心地よくなります。

 

そうすると、赤ちゃんも寝てくれます。

 

この方法は、どんな赤ちゃんにも

結構有効に使えるので、どんどん使ってみてください。

 

タオルに包みながら、スクワットすると、

なお効果的ですよ。

 

3.抱っこしたまま寝かす

抱っこしたまま寝かせます。

 

大抵の新生児は、寝たけど布団に置くと置きてしまう。

 

というのが、多いのではないでしょうか?

うちもそうです(笑)

 

 

なので、いっその事、抱っこしたまま一緒に寝てしまいましょう。

ただ、抱っこしたまま寝かしていては、親は眠れませんよね?

 

そこで、抱っこしながらソファーに座り、親自身も楽な格好をして寝るのです。

 

タオルで包みつつ、抱っこしながら、赤ちゃんと一緒に寝ることで、
赤ちゃんも寝れるし、親も寝れます。

 

 

まあ、親自身は横になって寝れないので、
完璧に寝れるかというとそうではありませんが・・・

 

 

ただ、赤ちゃんに起こされ続ける!という事は無くなります。

 

4.他に頼る

これは寝かす方法ととしては微妙ですが(笑)

親や、旦那などに頼りましょう。

 

 

もちろん、頼み辛かったり、旦那が率先して協力してくれない!

という事もあるでしょう。

 

とは言っても、寝れないのは辛いですからね。

頼れる時に頼って下さい。

 

 

それに、親や旦那で無くとも
こういうベッドもあります。
アップリカ ハイローベッド&チェア

これは自動で揺れるベッドで、かつ
寝かしつけモードもあるので、とってもオススメです。

 

実際の動画もあったので、乗せておきますね。


機械に頼るのも、赤ちゃんに悪い気がするという、思いもあるかもしれません。

 

 

ただ、親が先に参ってしまうと、

赤ちゃんへの対応も、雑になってしまう可能性もあります。

 

もちろん、可能性ですが。

 

 

でも、自分の事がままならないと、そうなってしまうのも、仕方ありません。

親として、少しでも睡眠時間を取るために、購入するのもいいと思いますよ。

 

5.日中、日差しに当てる

新生児が寝ない原因として、時間の概念が無いという事は、

お伝えしました。

 

 

そこで、新生児に、朝と夜の概念を与えるのです。

 

 

太陽が出ている時には、日差しに当てて、
夜になったら部屋を暗くして寝る。

 

これを続けます。

 

 

もちろん、すぐに慣れるわけではないですが、
続けていくことで、その生活になってきます。

 

なので、根気よく続けてください。

 

 

以上が、新生児を寝かすための5つの秘策になります。

 

スポンサードリンク


 

まとめ

新生児寝ない夜

赤ちゃんはとっても、かわいいです。

でも、その半面、24時間常に面倒をみなくてはいけなくて、

人によってはとても大変な思いをするでしょう。

 

 

特に、寝かしつけは大変ですからね。

 

新生児が寝ないと、親も寝れず、親のイライラが溜まるという事も少なく無いです。

少しでも、親としての負担を減らせるよう、頑張って行ってください。

 

最期まで読んでいただき、有難う御座いました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕は10年勤めた会社を退社しました。
副業で月50万円稼げたからです。

今でも毎月何十万円というお金がほぼ働かずとも入り続けています。

「おいおい、そんなのありえないでしょ。」

と思われるかもしれませんが、これは、嘘偽りのない事実です。

僕は生まれて33年間、自分に自信が持てず、
いつも人の顔色ばかり伺ってました。

自分には価値がない、自分は成功なんてできない。
そう思っていました。


でも、副業を始め、ビジネスをやるようになってからは、
お金は入るは、自信は出てくるは、会社は辞めれるはで
人生がガラッと変わりました。


結果、毎日家族と一緒に過ごせるので、
本当に幸せな日々を送っています。


こんな体験をして、

「どんな人でも、成功することなんてできるんだな」
というのがよくわかりました。

自分に自信がなく、他人の顔色ばかり伺う僕が
どのようにして副業で月50万円稼ぐ道を歩んだのか
そんなことを下記の記事で紹介しています。

→副業で月50万円稼いだゆーいちのプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー