現状を打開しろ!30歳男性の平均年収・手取りが低すぎてヤバイ!

こんにちは、ゆーいちです。

今回は、30歳男性の平均年収、手取りが
低すぎてヤバい!

という話をしていきます。

 

また、別の記事になりますが、
僕が10年勤めた会社の退職金が
凄いことになっていました!

そのことについてもこちらの記事で
書いているので読んでみてください。
→10年勤めた会社の退職金がヤバいことに…

 

僕は今、33歳になりますが、
30歳になると人生のイベントがかなり増えてきました。

僕自身、結婚は22歳でしましたが、
30歳をすぎた今では、
子供のイベントや、学費、習い事
家のローン、5人家族の車のサイズ
自分の健康、子供の健康、生命保険

様々な事があります。
そして、それにはなんだかんだ言って
どうしてもお金がかかります。

僕は今、自分でビジネスを
やるようになりました。

自分の力でお金を稼げるように
なってきているので
お金に関しては、

どれだけ稼ぐ金額を増やせるか!

てことに挑戦できています。

 

ですが、それまでは
お金関してかなり苦労していました。

会社の上がらない給料に、増える税金。
そして、普段の生活でも、子供が大きくなるごとに
支出も増えてきています。

そんな時、他の人たちはどういった生活しているの?
生活するの楽勝なの?
それとも、僕と同じように苦労しているの?

 

そんなことが気になり始めたので、
年収について色々と調べてみたんです。

そしたら、このままじゃ滅茶苦茶やべーじゃん!
下手すると、一生

「お金がない、お金がない、
あー今月赤字だわー」
(のび太のママか!!)

って言い続けることになると思いました。

逆に、今の現状を把握して、
対策をとることで、今後の30年、40年の人生が
全く違ったものになります。

一生、お金に苦労しながら生きていくか
それとも、少しでもお金に余裕を持ちながら生活し
楽しい人生を過ごせるようになるか
そんな人生の分かれ道になります。

なので、そういったことを今回
お伝えできればと思って、記事を書いています。

年収とかって、同じ会社の人には
あまり聞けなかったりしますからね(笑)

では、さっそく見ていきましょう。

 

スポンサードリンク

30歳男性の平均年収が低すぎる!

30歳男性の平均年収を調べてみました。

ただ、30歳ピンポイントは無く、
30代前半の平均年収がわかりました。

それがこれです。

【30代前半男性の平均年収(税金含む)】
年収:約438万円
月収:約30.5万円
ボーナス:約70万円(2回合計)

これが年収でが、手取りだと、大体これくらいです。

【30代前半男性の平均年収(手取り)】
年収:約350万円
月収:約24万円
ボーナス(2回):約60万円

 

細かい税金の内訳は割愛するとして、
手取りで大体、月24万円。

24万円ですか・・・

僕は、残業代込々で大体これくらいでが、
はっきり言って、家族がいると
この金額って結構きついです。

 

家のローンもあったり、
車のローン
毎月の保険代金、
生活費、携帯代金
学費等々・・・

 

僕一人であれば、24万円でも別に問題ありません。

でも、家族となると話は別です。
これじゃあ、生活するだけで精一杯です。

生活やローン等合わせて、
20万円くらいはかかりますから。

おおまかに計算するとこんな感じ
  • 食費:5万円
  • 光熱費:1万7千円
  • 水道代:7千円
  • 通信費:2万円
  • 保険・医療費:3万円
  • 日用雑貨:5千円
  • ガソリン代:5千円
  • ローン(家賃):10万円
    —————————————–
    合計:23万4千円
 

 

多少の増減はあると思いますが、
普段生きていくだけで精いっぱいです。

こんなんじゃ、貯金なんてできないし
その場暮らしの生活くらいしかできない。

子供の入院、
自分の怪我や病気、
親の介護、

僕の子供は入院した時がありますが、
そう言ったときは、会社を休むしかありません。

それに自分の場合、
仕事のストレスで鬱になりかけました。

そういった可能性だってあります。

 

何か一つでも、問題が起きたら
その時点で人生終わりだ・・・

本当に、そう思いました。

そこで僕は、少し考えたんです。

「こんなギリギリの人生でいいの?
そんなんで生きてて楽しいの?
何のために生きているの?」

 

そう思ったら、なんか
こんなギリギリの人生は嫌だ!!!

そんな感情が出てきました。

 

ちなみに、年度による年収の推移はこんな感じです。

30歳男性平均年収
「うわぁー・・・年収なんて下がる一方やん」

自分で調べて、このグラフを作ってましたが
作ってて、本当に嫌になってしまった(笑)。

世の中、夢や希望なんて全然感じませんでした。

あるのは、厳しい現実だけ。
一般市民は、会社にいいように使われて
一生お金に苦労しながら生きていくしかないんかな?

そう思うようになりました。

 

ただ、これが僕が人生やお金に対して
向き合うきっかけをくれたのです。

そして、僕は、会社員以外の
新たな道を見つけることができました。

スポンサードリンク


 

会社員以外の新たな道とは?

お金に困らないためには、
お金をより多く持つ必要があると思いました。

 

そして、そのために何をすればいいのか?
そんなことを調べたら、こういった答えがありました。

支出を減らすか収入を増やすか

この2択でした。

一言で言うと、
お金稼いで、払う金額を減らせってことですね。

 

ただこの時、思ったことがあります。

「支出を減らすのは、確かにいい!
でも現実問題やるのは、厳しいだろうなー」

ってことです。

なぜかというと、僕は普段から節約なんて
ほとんどしていなかったです。

なので、今からやると、
それだけでストレスになってしまうんじゃないか?

そう思ったからです。

 

よく聞くのが、

「節約にとらわれ過ぎて、息が詰まる!
コンセントを外さないと嫁に怒られたり、
携帯の充電は絶対に会社でやる!

なんて束縛ばかりで、気が休まらない。
もうこんな生活やってられない・・・」

そんなような言葉でした。

 

これを考えたとき、
「確かにお金は節約できるかもしれないが
その生活は本当に過ごしたい生活なのか?」

と考えるようになりました。
そして、そう考えたとき僕が出した答えは、

「いや、こんな人生は望んじゃいないな・・・

僕が目指すのは、お金に困らないで
精神的にも金銭的にもゆとりをもって
生きていくことだ!」

こういった生活でした。
だから僕は、収入を増やすことを目指したんです。

で、結果的にどうなったというと、
副業をやって、月に50万円とか稼げるようになりました。

「うぉ!こんなに稼げちゃってホントにいいの?」

稼げた自分ですら、信じられないような
現実が待っていました。

そして今では、会社を辞めて自由になりました。
稼げるお金も会社員時代から倍以上になりました。
働く場所も家で、パソコン1台あればできます。
毎日朝の起きる時間を気にする必要もなくなりました。
満員電車にも乗らない。
ムカつく上司なんてのもいない。
人間関係でイライラすることもない。
1日働く時間は2~3時間程度すむ。

そんな生活を送れるようになったんです。

4年前の僕からは、考えられないような
人生を歩めるようになったのです。

 

じゃあ、そのために何をやったかというと、
インターネットを使ったビジネス、
インターネットビジネスというものでした。

こう聞くと、怪しく思うと思いますが、
その気持ちは、すごくわかります。

僕も最初、滅茶苦茶怪しいと思いました(笑)

「インターネットビジネス?
なんだこれ?詐欺じゃないの?
1か月で50万円稼げるとか、普通じゃありえないでしょ。

なんか、悪いことでもしてるんじゃないの?」

これが僕の最初のイメージでした。

ただ、今でこそよくわかるのですが、
インターネットビジネスって
商品をインターネット上で販売しているだけで
別に詐欺でもなんでもなかったんですよね。

いや、正確に言うと、インターネット上で
悪質な商品を売っている人はいます。

結果の出ない商品を売っていたり、
効果が何もないような商品を売っていたり、
そんな人は確かにいます。

 

でも、それってリアルビジネスでも同じことで、
リアルだろうが、インターネットだろうが、騙す人はいるんですよね。

インターネットビジネスってことだけでは、
そんなことは判断できなくて、
あとは、それをやる人がどういう人か?

そこがポイントだと知ることができました。

 

それがわかった、僕は、
稼げるかどうかわからない不安を感じつつも
夢と希望をもって、
インターネットビジネスをやるようになりました。

 

最初は全然稼げなかったし、
何もできませんでした。

ブログとかも作れないし
文章なんて書けません。

ワードプレス?何それ?
無料ブログと有料ブログ何が違うの?
サーバー?
独自ドメイン?

本当に、わからないことだらけでした。

でも今の人生を変えたいという思いはあったので
その気持ちだけを頼りにして、
毎日勉強しました。

そして勉強したことを実践して
毎日続けてやっていきました。

そして、毎日続けてやることで、
少しずつですが、やれることが増えていきました。

ただ、最終的には、
月50万円稼ぐのに、3年半かかりました。

「うわーめっちゃ長い時間かかったなー」

と思うこともあります。

でも、よくよく考えてみたんです。

「会社員やってて、月50万円収入を増やすのに
何年かかるだろうか?」

それを考えた時、
「会社員の3年半じゃ、
月50万円増やすなんてことできないな」

と思うようになったのです。

現に僕の場合、10年勤めても、基本給21万円でした。
新人の時と、ほとんど変わりません(笑)

 

会社員ってそういう世界なんですよね。

それを考えたとき、
「3年半でも全然いいじゃん。

それで稼げて、会社辞めれたんだから
やってよかったよ!」

そう思うようになりました。

 

ただこれも、僕のやり方が悪いこともあったので
もっとしっかりやれば、
全然早く稼げるようになります。

1年あれば、誰でも月30万くらいは
普通に稼げるようになることができます。

それぐらい可能性のある世界です。

 

だから僕は、この世界に入って
本当によかったなと思いました。

スポンサードリンク

まとめ

30歳男性平均年収02
さて、最後にまとめると
会社員の年収だと、家族と過ごすには
厳しい現実が待っていました。

もちろん、色々切り詰めて、
自分の人生を犠牲にすれば
生きていくことはできます。

でも、僕は
そんなただ何となく生きていくだけの人生は嫌でした。

せっかくなら楽しみたいし、
色んな経験もしたい、旅行も行きたい。
口の中でとろけるような、
おいしいお肉も食べたい。

楽しくて、楽しくて仕方ない!

そんな人生を歩みたいです。

 

だから僕は、ビジネスの勉強をして
自分の力で稼げるようになりました。

ただ、こう言っても、難しいことは
一切何もしていません。

必要なことを学んで、そしてそれを実践していった。
ただそれだけです。

それだけで、人生は全然変わりました。

 

僕が、どのようなことをして
人生を変えていったかについては
僕のプロフィールを
ぜひ一度読んでみてください。

>>>平社員が副業で月収50万円達成したゆーいちって何者<<<?

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕は10年勤めた会社を退社しました。
副業で月50万円稼げたからです。

今でも毎月何十万円というお金がほぼ働かずとも入り続けています。

「おいおい、そんなのありえないでしょ。」

と思われるかもしれませんが、これは、嘘偽りのない事実です。

僕は生まれて33年間、自分に自信が持てず、
いつも人の顔色ばかり伺ってました。

自分には価値がない、自分は成功なんてできない。
そう思っていました。


でも、副業を始め、ビジネスをやるようになってからは、
お金は入るは、自信は出てくるは、会社は辞めれるはで
人生がガラッと変わりました。


結果、毎日家族と一緒に過ごせるので、
本当に幸せな日々を送っています。


こんな体験をして、

「どんな人でも、成功することなんてできるんだな」
というのがよくわかりました。

自分に自信がなく、他人の顔色ばかり伺う僕が
どのようにして副業で月50万円稼ぐ道を歩んだのか
そんなことを下記の記事で紹介しています。

→副業で月50万円稼いだゆーいちのプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


>>下記画像をクリックして副業月収50万物語の続きを読む<<




>>漫画の続きが気になる方はこちらをクリック<<