会社をずる休みした時の罪悪感を充実感に変える3つの方法!

毎日会社に行っていると、

今日はどうしても休みたい!!

 

 

と感じる事はありますよね。

特に理由も無いのに会社を休むなんて・・・

 

とか思っていると、時間が過ぎてしまい、
結局『熱が・・・』とか『頭痛が・・・』
なんて理由で休んでしまう。

 

そんな事はありませんか?

僕もやっている時はあります。

 

 

でも、そんな時って
『あー自分はなんてダメなやつなんだ』
と罪悪感を感じたりもしますよね。

 

なので、今回はそんな罪悪感を充実感に変える

3つの方法について、お伝えします。

スポンサードリンク


 

罪悪感を消し休みを充実させる3つの方法

罪悪感を消しさるには、3つの方法があります。

それは

 
  • 思考を変える
  • 行動する
  • 翌日は頑張ろう
 

この3つです。
それぞれ解説しますので、見て行きましょう。

 

思考を変える

会社ズル休み罪悪感

ダルさ、ヤル気がでないというのは、
心の力が出ないということ。

体は問題なくても、心が疲れている

 

 

つまり、心の病気なのです。

 

 

病気というと、風邪を引いたり、熱が出たり、頭痛がしたりと
症状が体に現れてから使うのも、と思われがちですが、
そんな事はありません。

 

心が疲れているのも、立派な病気です!
※強気で言うことではありませんが(笑)

 

 

なので、そこは堂々と休めばいいんです。

 

どこが悪いかはわからないけど、体調が優れない・・・
なんて事はよくあること。

 

変に罪悪感を感じる必要はなく、
心の病気なのだから休むのは仕方ないのです。

 

行動する

掃除

ズル休みしたからといって、体調が悪くない限りは、
ダラダラしないようにしてください。

 

ダラダラしてい一日を過ごすと、

 

『あー今日はなんて無駄な一日なんだ・・・』

 

と余計に罪悪感を感じてしまいます。

 

 

僕も朝、寝坊し、そのまま

『風邪で休みますー』

 

なんて連絡したものの、一日中ダラダラしてしまい
結局『今日休まなければ良かった』と後悔する時があります。

 

 

そんな後悔をしないためにも、ズル休みしたからといって、
家でダラダラしないようにしてください。

 

 

では何をすればと言うと、
普段からやり残している事を、率先して行うといいです。

 

 

銀行に行ったり、市役所に行ったり、郵便を受け取ったり
普段あまり出来ないことを、するようにしてください。

 

 

人というのは、外にでて太陽の光を浴びるだけで、

気分が全然違います。

※雨の日の明るさでも十分です。

 

なので、外に出て用事を済ますこと。

もし、このような用事がなくとも、特に有効なのは

身の回りの整理整頓です。

 

 

部屋を掃除したり、整理整頓することで、
部屋がキレイになり、心もスッキリします。

 

その上、動いてキレイにしたことにより
罪悪感もより消え去ります。

 

普段やれないことを率先してやったり、

部屋の整理整頓などを行い、

休んで良かった!と思うような休みにしてください。

 

翌日は頑張ろう

翌日頑張る

会社をズル休みするということは、
その分仕事が進んでいない状態です。

 

もちろん、突発的な休みにより、
同僚に負担がかかったりもするでしょう。

 

なので、ズル休みが癖にならないためにも、

翌日は、頑張るようにしてください。

 

 

職場には、

『昨日は急に、すみませんでした』という気遣いと、

状況は変わっているのか?何かあったかなどの確認をすること。

 

とにかく、しっかりと仕事に取り組むとよいです。

 

 

もちろん、他の同僚がそういう場合になったとしても、
快く迎えてあげてください。

 

自分たちで仕事に取り組みやすい、
かつ休みを取りやすい環境を、作っていくことが大事です。

 

 

もちろん、ズル休みは、胸を張って行う行為ではありません。

 

でも、たまにはそういう休みがあっても、いいのでは無いでしょうか?

だって、人間ですもん。

 

スポンサードリンク

全てはあなたが決めること

さて、会社のズル休みについてお伝えしました。

 

ただ、ここで1つ知っておいて欲しいことは
あなたの全ての行動は、全てあなたが決めること
ということです。

 

休みたいと思って休むのも自分だし
そこで休まないと決断するのも自分です。

 

会社に勤めているのも、今の自分の選択の結果だし、
今の人生を歩んでいるのも、

全て自分の選択の結果がそうなのです。

 

 

もし、会社がつまらなかったり、働くのが大変であれば
自ら行動して、あなたの選択を変えなければいけません。

 

 

僕は、それがわかったからこそ、僕自身を変えるよう行動しました。

その結果がネットビジネスです。

 

 

会社をやめて、僕が選んだ最高の時間を過ごしたい。
会社より収入を得て、より充実感のある人生を送りたい。

お金が原因で、子供を不幸にしたくない。

 

そしてなにより、

人生に充実感を感じる人を増やしていきたい!

 

そう思ったからこそ、このブログを始めたのです。

 

あなたも、もし今の人生に満足できていない、
充実感を感じていないというならば、
ぜひとも、自分の行動、選択を変えてみてください。

 

 

僕自身、人生を充実させるためのメール講座をやっていますので、

興味があれば、ご登録ください。

※最下部に登録フォームがあります。

 

自分で行動しなければ、何も変わりませんから・・・

 

スポンサードリンク

まとめ

会社をズル休みしたときは、

思考を変え、行動し、翌日のガンバり
ここを意識すると、充実した休みになります。

 

休みと言っても、だらだら過ごし、何もしないと余計に疲れてしまい、
休んだのに疲れた・・・

というような事にもなりかねません。

 

 

ですから、休みだからと言って、ダラダラせず、

常にアクティブに動くようにしてくださいね。

 

もちろん、本当に疲れているのなら、
しっかりと休むことも大事です。

 

 

それを含めて、休んで良かったと思うような、
休みにしてくださいね。

 

最期まで読んでいただき、有難う御座いました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕は10年勤めた会社を退社しました。
副業で月50万円稼げたからです。

今でも毎月何十万円というお金がほぼ働かずとも入り続けています。

「おいおい、そんなのありえないでしょ。」

と思われるかもしれませんが、これは、嘘偽りのない事実です。

僕は生まれて33年間、自分に自信が持てず、
いつも人の顔色ばかり伺ってました。

自分には価値がない、自分は成功なんてできない。
そう思っていました。


でも、副業を始め、ビジネスをやるようになってからは、
お金は入るは、自信は出てくるは、会社は辞めれるはで
人生がガラッと変わりました。


結果、毎日家族と一緒に過ごせるので、
本当に幸せな日々を送っています。


こんな体験をして、

「どんな人でも、成功することなんてできるんだな」
というのがよくわかりました。

自分に自信がなく、他人の顔色ばかり伺う僕が
どのようにして副業で月50万円稼ぐ道を歩んだのか
そんなことを下記の記事で紹介しています。

→副業で月50万円稼いだゆーいちのプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


>>下記画像をクリックして副業月収50万物語の続きを読む<<




>>漫画の続きが気になる方はこちらをクリック<<

4 件のコメント

  • ありがとう。こころが楽になりました。片付けでもしよう。そして明日から切り替えて、頑張ろう。

    • よかったです。
      変に気を使わずに堂々と休んで下さい。
      そして、何かしてください。

      休んでよかったと言える休みに出来るよう、
      1分でも構わないので、普段できていないことをやってみてください。

  • はじめまして、今日朝どうしてもだるくて(病気ではありません)会社をずる休みしました。
    年に1~2度有給以外のずる休みをしたくなります。
    振り返ると繁忙期が終わった後だったり、問題があるときに休みたくなります。
    いい年をして・・・と、自分自身が情けなくなります。
    こちらの、ブログを拝見して、「たまにはいいか~」と、しかも、ずる休みしたときは必ずと言っていいほど、掃除や洗濯をしているので、心のごみを吐き出してるのかもしれません(^^;
    ホッとしました、自分だけじゃないんだと・・・ありがとうございました(^^)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。